6/15リングス横浜文体雑感〜美しさは滅びの姿(って散々言ったろゴルア)
■団体:リングス
■日時:2001年6月15日
■会場:横浜文化体育館
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 5分前に会場に到着すると、何と観客席、ガラガラ。アリーナもスタンドも5割の入り。15分押しても客増えず(最終的には7割弱か)。いやー、こりゃやっぱり潰れるな。

 例によってのカードの発表に続いて、全選手の入場。挨拶する前田CEOに対する声援は、いつもより一層暖かいものの、内容は無難。

 続いて、8/11有明で、スペシャルマッチ、ハンvs藤原の発表(うーむ、何だかな)。レフェリーは和田と平、ジャッジは、藤原と前田。

 格闘家がゾロゾロとリングスの崩壊を見に来ていた。元気とか村上とか。感動したのは、ミドルのキングオブパンクラシスト、マーコートが、TKのTシャツ来てウロウロしてたんだよな、さすがだあシアトルで3番目に有名な日本人、世界のTK、パンクラシストを配下に治めるとは! また一歩野望に近づいた(意味不明)。


<ヘビー級5分3R>
○ヴォルク・アターエフ(1R1分8秒、KO)メイナード・マルコム×
(リングス・ロシア)              (リングス・オーストラリア)

 マルコムはオーストラリアのナンバー2らしい。ヘイズマンの親父がセコンドに。シューズ着用。上半身パンパンのずんぐり型。一方、リンオタの希望、アターエフには、試合を控えたミーシャと、パコージンがセコンドに。ロシアらしいナチュラルな身体だが、坊ちゃん刈りで眉毛が繋がっている。凄いな。素足。

 イキナリ投げに行って失敗するアターエフ。しかし、一旦立つとシャープなパンチをポンポン。最後は左フック一発で(フグ戦のフィリョみたいなカギ突き風)、マルコム、前のめりにダウン。うわー、アターエフ、すげえな。しかし、これから上がるリングはあるのかな。

 客席ざわめくも、あまりに客が少な過ぎて、どうも盛り上らず。


<ミドル級5分3R>
○滑川康仁(2R22秒、ネックロック)矢野倍達×
(リングス・ジャパン)           (RJW/C)

 矢野のセコンド、RJ勢がわらわらと5人も。慧舟會の芹沢とか。一方の滑川には練習生2人とタイのキックの先生。寂しいなあ(泣)。

 いきなりの滑川の右フック入る。慌ててタックルに行く矢野。レスリングでは翻弄。バックに回ってチョーク狙いが、いいところまで行くが、これは滑川シノぐ。2R早々、左のミドルが近藤ヒベイロ戦のような当りでヒット、慌ててタックルに来た矢野をフロントチョーク(発表はネックロックだったが)に捕らえて、そのまま強引に絞り上げると、矢野たまらずタップ。

 いやー滑川、1R最初のパンチで骨折らしいが、それでこれを見せるとは、ホントに強くなってるな! 益々期待出来るが、これから上がるリングはあるのかな。

 客席ざわめくも、あまりに客が少な過ぎて、どうも盛り上らず。


<トーナメントルール、5分2R>

<ワールドタイトル決定トーナメントミドル級1回戦>
○クリストファー・ヘイズマン(1R1分56秒、ネックロック)アレシャンドリ・カカレコ×
(リングス・オーストラリア)                      (ファスVT)

 前田CEOが、アメリカやブラジルにどんなに浮気をしても、リングスオーストラリア(とちゃんと書いてある)Tシャツをキチンと着込んで、鉄の結束を見せるリングスオーストラリアのヘイズマン。ありがたやーありがたやー。

 下からのアームロック狙いなどを見せたカカレコだが、ティトが近藤に極めたようなカタチで、Fチョークのカタチから上になったヘイズマンが絞りあげて。

 ヘイズマンは、スンバラシク強くなってるな! しかしこれから上がるリングはあるのかな。

 客席ざわめくも、あまりに客が少な過ぎて、どうも盛り上らず。


 おや。もう休憩か。15分。有明のチケットを先行発売してたので、とびっきりの2万円の席を購入(いつものことだが)。この半券が切られることは、ホントにあるのかな。


<ワールドタイトル決定トーナメントヘビー級1回戦>
イリューヒン・ミーシャ(2R2分6秒、腕十字)ボリス・ジュリアスコフ
(リングス・ロシア)                (リングス・ブルガリア)

 ジュリアスコフは、結構最近のグレコの大会で、ヘンダーソンより上で入賞してるんだよねえ。相変らずOFG着用せず。

 お互いにグラウンド勝負でありながら、上になってもそこからキメがないジュリと、キメはあってもキレがないミーシャがやると、こうなるのかという、旧ルールの匂いが漂った一戦でした。


<ワールドタイトル決定トーナメントヘビー級1回戦>
×高阪剛(判定0−2)レナート・ババル○
               (ファスVT)

 TK、開始当初は、完全に打ち負けるも、徐々にダック&ウィーブからの右フックを当てて、互角近くに盛り返すが、狙いは、ビクトル投げからの引き込み。いやー次々に新しいこと見せるな、TKは。しかし、グラウンドではババル、まったく安全運転。上を取ると、とにかく、体勢を合わせず足の方に降りていく。判定発表した後、ババル自身が「おや、これで勝ちでいいのかい?」みたいな顔してたしな。

 TK、WOWOWでのインタビューで「常にスタイルを変えて行く必要がある」。ああん、これが聞けただけでヨシとするか。しかし、これから上がるリングあるのかな。UFC−Jかな。…潰れたって。


<ワールドタイトル決定トーナメントミドル級1回戦>
×金原弘光(2R53秒、膝十字)ヒカルド・アローナ○
(リングス・ジャパン)       (Bトップチーム)

 金原のセコンドには、タイ人、練習生2人に加えて、わけのわからん子供がついた。人がいないって寂しい。

 金原、1回スイープからの足狙いを見せた位しか、見せ場作れず。アローナ強すぎ。打ち合いを逃げないところも凄い。2R開始早々、グラウンドの攻防から、金原立ち上がり、ふっと息抜いた瞬間を狙った下から膝十字。いやー見事。


 試合自体は、相変わらず面白いんだがなー。後楽園ホールでまったく同じ内容をやったら、素晴らしい興行になったと思うのだが、何故だか観客が諦めてるんだよな。いかんぞ、そんなことじゃ。って、おれも諦めてるけど。興行は観客が作るものだとつくづく実感。

 KOK開始以来、最低の興行。破滅へのカウントダウン開始。

 それにしても、ババルとアローナ、これから上がるリングあるのかな。…あるな、この2人はいくらでも(寂しいオチ)。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ