破壊王最高!と素直に。
■団体:ZERO-ONE「真撃」
■日時:2001年6月14日
■会場:大阪城ホール
■書き手:ささきぃ (ex:「気分次第で責めないで」

なんにも期待されてない状況で、
何を見ていいのかわからないままで、
すべてを見たかった。

単純にZERO-ONEは前回、前々回と皆勤賞なので、
行きたかった。

小川が藤原組長に一瞬でもビビるのか、見たかった。

あまりにも前評判が盛り上がっていないので、
実像を全身で確かめてみたかった。

私に「やめとけば?」と言うかのように、雨が降っていた。
紙人形じゃねぇんだ!行ってやる!

あっさり新幹線のチケット購入。帰りのハイウェイバスのチケットも購入。
ちょっと「誰か止めてくれないかな」と思う。

大阪も雨が降っていた。
6000円の席と10000円の席とどちらにしようか迷っていたら、
ダフ屋に声をかけられる。
「10000円の席、8000円でいいよ」
あっさり落ちる。どうもすみません。

会場内、PPVの映像が流れていた。
名古屋の友達と会う。大谷ファンで、大谷が見たくて来たという。
こんなカードじゃ盛り上がらない、という声ばかり聞いていたから、
こういう人に会うと単純にホッとして、嬉しい。
私の着ていた村上Tシャツを見せたら怒られた。

19:00。暗くなる。
これまでの物語映像。橋本がアメリカに視察に行ったというドキュメンタリー風に。
何故かバラエティーの香りがするのは気のせいか。
星川とともにジムに視察、そこで行われている生ぬるいプロレスに怒り
「日本人だぞオラー」「こいつを倒してみろ!」と橋本がアピール。
会場からブーイングとファックユーの声。
USAコールの中、星川、チャレンジャーに勝利しても攻撃の手をゆるめない。
そこへ怒りをもって上がってきた元グリーンベレー!
橋本との対決が決定!ドラマチック!!
「オレが本物の神風を吹かせてやる」

映像終了、いきなり入場ゲートから花火が上がってビビる。
そして、ゲートのトビラをぶち破って橋本真也登場!!
アレか!「破壊なくして、創造なし」そのものか!
ヒネれよ!!

PRIDEチックな選手コール。「ハシモトォー、シンンャヤァァー!!」
明らかにPRIDEより巻き具合が足りない。(知らない人には説明しづらい)
選手、ずらりと花道に整列。
花道に貼られたテープ通りの等間隔。

破壊王の挨拶。
「破壊なくして、創造なし」

しびれるぜ!破壊王!!


第1試合 星川尚浩(ZERO-ONE) VS リー・ヤングガン(米・ハプキドー)

星川には特に思い入れがない。しかし相手のリー・ヤングガン、道着で入場。
「ハプキドー」の使い手とのこと。
無知で申し訳ないが知らなかった。テコンドーと合気道の両方の要素を併せ持つものらしい。

試合中盤、本気になったのか、リーが道着の上、帯を脱ぎ捨てる。
しかし明らかに通常あるべき位置よりズボンが下の位置にある。
目の錯覚か知らないが、ズボンの上に白いラインが見える。
「それは、どうだろう」
頭に「半ケツ?」という文字が浮かぶ。
「明日、金ちゃん勝ってくれるかなぁ」
ふと金原のことを思い出す。

リーのKO勝ち。強いね、ハプキドー。
ファンサービスも良い感じ。


第2試合 佐藤耕平(ZERO-ONE) VS グレッグ・ベイレス(米・柔術)

サトウコウヘイ??
あー!昔紙プロで読んだぞ!
村上のところに居たヤツだ!
修斗のチャンプになって全日本に入りたいって言っていたヤツだ!!
小川が「村上のとこに、デカくていいのがいるんだよ」って言ってたヤツだ!!
ナイス私の記憶力!!

はて。なぜ彼はゼロワンに居るのだろう?

グレッグが試合途中、道着上を脱ぐ。
今度は大丈夫だった。安心。
佐藤耕平、デカかったけど「いい」かどうかはわかりませんでした。
レフェリーストップ。


第3試合 シュートボクシング提供 前田辰也 VS カジャスク・ジャンボシム

SBのルールが分からない。
そして正直に言えばさほど興味もなかった。

面白い試合だなぁとは思ったけど、それ以上の感想が持てなかった。
ちょっとだけわかった。
投げ技とかがOKでポイントが入るんですね?


第4試合  石川雄規・臼田勝美(バトラーツ) VS ケイジ・サコタ・サモア・ジョー(米・UPW)

「俺達の邪魔をするヤツはぶっつぶすだけだ」「余計なコメントはいらない」
試合前映像の石川社長にちょっとドキドキする。
「やっぱり好き」
外に出てきて勝つバトを見たいぞ。たとえ今1対3で闘うとかバカなこと言ってても!ても!
しかし相手がデカイ。やたらデカイ。
こりゃまずいな。
レフェリーは野口レフェリー(バトラーツ)だった。
厳密に言えばこういうとき違うレフェリー使うべきなんだろうな。いいけど。
つーかそれ言い出したらそもそも、これただのバトラーツの試合じゃん。
オープンフィンガーグローブつけてるだけじゃん。

社長のアクションのでかさと「ちょっと、相手普段のよりデカイんだからさ!」
と言いたくなるような受けは変わらない。
関節技が入ると嬉しい。
臼田の打撃も良し。無理かな、勝てないかな、勝ってくれ!!
途中、相手方がとまどいつつカットに入る。
「えっ、カットありなの!?」
会場もバト勢(レフェリー含む)も驚く。

その後、野口レフェリーのとまどいを全面に押し出した素晴らしいリアクション。
光りまくり。面白すぎ。
臼田を助けに入ろうとする石川社長を何とか押しとどめようとする。
「あっち見て見ろ!」とばかりに指さされ、振り向く。
そこにはなんと悪役2人(違うか)ジョーとサコタが
2人がかりで臼田を痛めつけている!
「あ!こっちが!?」
全身を使った驚きぶり!いいぞ野口!
またそれをカメラが上手い具合にとらえている!
面白いぞ!ああこういうの、こういうの昔テレビで見たぞ!!

だがしかし、2人がかりで攻めるのが公認(じゃないけど)されると
身体の小さいほうは無理だよな。
臼田が捕まってふらふらになってしまい、キャメルクラッチ。
ダメージ心配。不満げな石川社長。まぁ、そりゃそうだ。
この不満のアピールも大変アメリカナイズ。絵に描いたような外人的リアクション。
あぁ、勝って欲しかった。


第5試合 アレクサンダー大塚(バトラーツ)・高岩竜一(ZERO-ONE) VS
        イゴール・メインダート(ロシア・カマクラジム)・ジェラルド・ゴルドー(オランダ・カマクラジム)

ゴルドー怖えぇ。
高岩がTシャツをひらひらさせる。リング外に放る。
ゴルドーそれを拾って「はい」とばかりに高岩に渡す。
「イイヒトだな」と思うべきところだがそんな動作さえもなんか怖い。
やっぱりちっちゃいなぁ日本人って。
・・・つーか無理だろ!勝てるわけないだろ!!

ゴルドーが出てくるたびにぞわわっっと会場が沸く。
キックとかがいちいち衝撃度デカイ。バットかなんかで殴られてる人を見るような気持ち。
メインダートもデカイし重いし。
だが!高岩がデスバレー(というんですか?あの技)を決めた!
会場が大いに沸く!!
おそらくそんな技をあまりくらったことのないゴルドー様、大いにお怒りになる。
ケリを2発ほど叩き込み、グローブを外してパンチの連打。レフェリーストップ。
オープンフィンガーグローブって何?

休憩。パンフ買う。


第6試合 謙吾(パンクラス) VS ジェイソン・ドレクセル(米・LAボクシングジム)

パンクラスに興味がない。さらに言えば特に今後も持ちたくもない。
なので早く終わっていただけるとありがたいなぁとは思っていた。
その通りになった。
ドレクセルの目尻が切れてしまい、レフェリーストップ。
ノーコンテスト。
あまりにもこちらの願望通りになってしまったので怖かった。


第7試合 大谷晋二郎(ZERO-ONE) VS 村上一成(UFO)

村上登場だ!よぅし!
村上あるところ必ず居るのぼり軍団。エライと思う。
大谷も気合いバッチリ。
試合開始と同時にびゅんびゅん打ち合う。大谷のリベンジ魂のほうが上か?
大谷が村上を場外へ落とす。村上のキレ顔。
この睨み合いが好き。やっぱ村上は顔がいいなぁ〜!!
でも全体的に大谷のほうが気合い勝ちしてるカンジがするよ!!
大谷が村上を投げる!もう一回!ダメだって村上投げちゃ!スタミナないんだから!
村上が弱ってる!うわぁヤバイと思ったら村上がこっそりグローブをはずした!
ニヤリと笑う村上の顔が画面に映る!
グローブを大谷の顔に投げつけたぁ!
バカ息子がノーグローブで大谷の顔を殴る殴る殴る!
レフェリーストップ!大谷がぐったりしている!
えっ、どっちが勝ちなの?

グローブを外した反則で村上の負けらしいですよ。
そうなんですか。そうですか。大谷がマイクを握る。
「村上ぃ!オレがZERO-ONEだ!!」
ここまで堂々とボケられるとどうツッコむべきか。
スポーツ新聞上村上のコメント「オレの熱を素手で感じて欲しかった」
そのままかよ!


第8試合 小川直也(UFO) VS 藤原嘉明(藤原組)

入場する小川はあの顔。いいね!
組長、セコンドには石川社長とかが居る?よく見えないけど。
いるとしたらいいなぁ、そういうの。今はバトラーツでもこういうときにはセコンドに。
つーか小川の相手は常にセコンド30人くらい居て欲しいな。
おいおいそれってどこまで呼ぶんだよ・・・っておい組長!早いっすよ!ゴング前!さすが元祖!
あー負かしてくれたら面白すぎるけどせめて小川をビビらせてくれぇ!

組長が小川の足を取った!ぎりっとしまる!やるじゃん組長!
画面に小川の顔が映る。
「おぉ〜!痛がってるよ小川が!!」
ロ、ロープに行こうとじりじり動いてるよ、小川が!
この光景と痛がる小川の顔だけでごはん3杯は食えるよ!!
ロープとった!エスケープ!
効いてるよ!足引きずってるよ小川が!
もしかしていけるかも?
組み合うと必ず関節をとりに行く組長!
己の信じた技のある人ってなんて強いのだ!ああまた小川がロープに!
PRIDEだったら勝ってたかもしれない!

と、はかない夢をみた。組長、スタミナがおなくなりに。
「小川、手加減してやれよ!」
容赦ないヤジ。小川のSTO!もう一丁!
うわーん。ふらふらしているよー。組長ー。でもまだお立ち上がりになる組長!
またSTO!また立ち上がる!またSTO!・・・・・・
数えてなかったけど新聞によると5度のSTO。
元藤原組レフェリー島田ユージがストップ!
セコンド陣駆け寄って組長を支える!
か、かっこええ・・・。

ちょっとジーン。
小川がまだ自分の足を気にしている。
組長の「ぴかぴか光るもの」は小川に傷をつけられたのかな。
「小川、試練の10番勝負」(ストーカー市川?)が出来ればいいのに。
見たいの私一人か?そうか。

小川がマイクを取る。
「みなさん平日にこんなに来て下さってありがとうございました」
なぁ。ホントだよ。イイ奴なんだけどなぁ。小川。(すでにかなり小川が好きになっている様子)
小川が組長に礼をした。
小川がもしこういう「藤原組」のようなものに所属していたとしたらどんなだっただろう?

と、おセンチな気持ちになっていたらば!
素人と思わせるような大男が乱入!
黒地に青の文字の入ったTシャツは、あーそれは私も持っているぞ!
山本憲尚だ!!
小川をいきなり殴った!!
小川が倒れる!!会場のお客さんの反応はかなりフクザツ!!
わ、私は山本は大好きだった(過去形かよ)が何かそれどうよ!?
「おわあー、もうおわひかよー」
言葉を正確に文字に起こすため努力してみた。伏し目がちでイメージして欲しい。
「ねもとはねてひえー、おわあー」
朴訥な青年の自己紹介のような乱入者、走り去る!
小川、復活。再びマイクを取る。
「どうもありがとうございました」あらら。

・・・ああ、思うところはいっぱいあるんだ、あるんだよ。
まぁ、良かったよ。よく来たよ!山本!
東スポ&ナイガイ1面おめでとう!インタビューもおめでとう!
なかなか立派なヒールだよ!んでも、ダメだ!ごめん!
私、高校時代演劇部なんだよ!
高校出たあとも友達と劇団作って芝居やってたよ!
アレを無条件で受け入れて喜ぶことは私にはできないよ!!
「お腹から声だしてー」とか「下見ないでお客さんに顔みせて」とか言ってたんだよ私!
正直言って第一印象は「・・・安生?」だったよ!
胸元のTシャツの「武人」の文字が光ってたよ!
メッチャクチャ複雑な気持ちになったよ!!
それ、ヒクソンが自分をサムライって言うのと同じじゃねぇのか!?

ふう。
最近は本音も言いづらくてね。


第9試合 橋本真也(ZERO-ONE) VS トム・ハワード(米・UPW)

試合前映像。今日だけで2,3回目か。いつ見てもステキだからイヤになる。
しかしなんか相手が相手なのに洒落にならないケンカの売り方だな。
なんたってグリーンベレーだからドキドキするよ。
どこで一番最初にグリーンベレーっていう言葉を聞いただろう。

そう言えば今日は日本人また負けっぱなしだな。
橋本頼むぜ!
コールされて破壊王リングイン!

ハワード、動きがすっごく良い。破壊王の攻撃をかわすかわす。
キックとかがいちいちゲームみたいにキレイ。
そのうち手から火とか出てくるんじゃないかと期待。

でも破壊王思っていたよりもずっと(失礼だっつーの)攻撃方法が
すごく多いのだな。いろんな攻め方をするのだ。
あっ、ハワードをつかまえた!
とらえられたハワード、もんのすごい早さでほふく前進してロープへ!
会場もどよめく!
どうやら本当にグリーンベレーのようだ。前歴はダテじゃないな。
ハワードの美しく効果的な攻撃と破壊王の袈裟切りチョップが!
なんてゼイタクな!おもしろいぞ!!

あっ、ヤバい。おいおいやっぱりグリーンベレー強いよ。がんばれ破壊王!
ダウンしちゃたよ!大丈夫かおい!頼む勝ってくれ橋本!
あーっ!きいちゃってるよ!
アメリカまでケンカ売りに行って負けちゃまずいだろ!!
ハワードがキレイに(技がキレイなんですよ)飛ぶ!キック!
橋本がしゃがむ!
その上を飛び越えてハワードが場外へ!おいおいマジかよ!
ダメージがデカイぞ。橋本が足をとった。ぎりっと極まる。
グリーンベレーがタップ!試合終了!!

「・・・グリーンベレーもタップするのか・・・」

2人の握手。よかったよかった。
プロレスラーはグリーンベレーより強いんだね!!
うわぁ〜何か感動したよ!破壊王最高だよ!!

何だよもう席を立つひとが。見ていけよ破壊王のいいところを。
破壊王マイクを持つ。
「これからも、真撃は手作りでやっていきます!!」
いや、私的には手作りでも何でもいいんだけど・・・まあいっか!うん!手作り手作り!
「どうですかぁ〜、かいちょぉお〜!」
会長!?
山口日昇!?
ちがう、アントニオ猪木だ!!
皆が一斉に花道を見る!
「会長は、飛行機が間に合いませんでしたぁあ!!」
ステキすぎる破壊王・・・。
「ど〜ですか、みなさ〜ん!」
うんいいよ!今の私は橋本のためなら何だってするよ!!

「1,2,3,ダァーーーーーーーーー!!」

「ありがとうございました!!」って、
私が言うよぉ、破壊王!!
あぁこんなに元気をもらったのは久しぶりだ。

つーか破壊王最高!!
面白すぎる!

山本の乱入?
破壊王に比べればぜんっぜんオマケだったよ!!
「次も行くからね、破壊王!」




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ