6・10闘龍門後楽園大会
■団体:闘龍門
■日時:2001年6月10日
■会場:後楽園ホール
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

メジャーとインディーの違いは開始時間を守れるかどうか・・・とよく言われるが
闘龍門は割りと時間通りに始まる事で有名だ。先日の全日本武道館大会はまだ6時半
になったばかりでまだまだ入場中の列がひっきりなしだというのに試合が始まり
慌ててしまったが、大会場に限っては時間通りに始まるのも善し悪しだな、
と思ったものだ。

今回は開始時間が12:00である事をチケットを持たないまま出先で知り、
狂ったようにバイクを飛ばしてギリギリで後楽園まで辿り着いたので
ちょっと書いてみました。

チケットボックスで確認すると立ち見以外は完売。相変わらずの大人気ぶり。
客層は少し年齢層が高めで男女比率は7:3から8:2で、いつもより女の子
が少なめかな?闘龍門は子供にも受け入れられる要素の多い希有な団体なので、
取り込む努力をして欲しいな。
入場するとまずSAITOがチラシを配っていた。人手が足りないのはわかるけど、
メインを張る事のある選手のやる事ではないし、特にSAITOのような
一般人よりも小さい選手はあまり出てこない方がいいような気もするな。


<前説>

CIMAとはやりたがらないマグナムと岡村社長とやりたくない望月とマグナム
と戦ってタイトル挑戦にこぎつけたいCIMAのやりとりがメインだが結局持って行く
のは斎藤了。今回も全身でフジと組める事の喜びを表現していた。
その後CIMAとフジだけ残りスカパーでの7・1神戸大会のPPV放送の告知。
メチャクチャベビーじゃねぇか!・・・って毎回書いてる気がするな。
神戸の隠しダマに期待してマス。


<第一試合:SUWA対堀口元気>

いつものように「サーフィンUSA」で入場する堀口に合わせてフジが乱入し、
今度はサーフボードを強奪。観客は堀口への同情はなく唯々爆笑のウズとなる。
続けて入場したSUWAはゴングも待たずに速攻。お互いに大きいバンプを披露
しつつ、最後はちょっと中途半端なジョン・ウーキックからのFFFで決着。
SUWAは堀口のレイを受け取った女の子のグループ相手にツバはかけるは
ジュラルミンケース風のカバンを取り上げて堀口をブン殴るはと何故だか妙に
絡み続けていた。この日はSUWA応援団がいなかったのが原因か?


<第二試合:ケンドー・カンジ?対グレート・留多>

カシンの曲でカシンマスクと肌色のシャツ?で入場の市川。川崎体育館以来(らしい)
グレート・ムタならぬ留多で登場のTARU。留多のフラッシング・エルボーや
一連のムーブのコピーはサスガだったが、市川の方も鮮やかな片足タックルや
ネックブリーカーなどこちらも上々。特に沸くことはなかったが、カシンストンピング
は特筆ものだ。試合は前回のカブキ戦同様毒霧によるTKOで留多の勝ち。
前回のレフェリーはテッドだったが、市川のやる事をいちいち説明していたのが
鼻に付いた。今回はタマキンがレフェリーでそれがなく(最初から必要ないのだ)
時間もほどほどで面白かった。ケンドー・カンジの再登場に期待したい。

<第三試合:岡村隆志対望月成晃>

岡村社長は空手衣で南側からの入場。曲は勿論「デビルマン」。対する望月は
武輝の金文字が背中にあるちょっと懐かしい黒コスチュームでの入場。
しかしコールと共に脱ぎ捨て、それを拾おうとする社長へのカカト落としで試合開始。
序盤コーナーに詰めての重い正拳で社長が攻め込むも、一瞬のスキをついてM2K
が乱入し、3分足らずであっさり反則裁定。助っ人に来たアラケンがマイクで
「社長、大丈夫ですか!」と言ったのには会場から失笑がもれていた。
試合はそのまま6メンに移行するが、あまりのスムーズさに観客も突っ込むヒマ
がなかった感じだ。


<第四試合:新井健一郎、D・キッド、岡村隆志対望月成晃、亨、D・ドラゴン>

キッドの説明不可能な新ワザとアラケンの新スポット(ボディーへのキックには
ヘバるが頭へのキックでは元気倍増)に会場は沸くが、岡本社長が最初の1分以降
全く動けなくなる。十分休んだところでY字バランス式インディアン・デスロック
(これはもうネイティヴ・アメリカン〜と表記しなくてはいけないのか?)を出した
ところで完全にガス欠状態に。フィニッシュ前回の流れからキッドへのマスク剥ぎ
がポイントとなる。モチススによりマスクが取られそうになったキッドをかばう
アラケンをクネスが突き飛ばし、今回はなんとアラケンが剥がしてしまう。
慌ててモチススに投げ渡しレフェリーに相手側の反則としてアピールすると
これが認められ、反則によるM2Kの負けとなる。裁定への不満から暴れるM2K
から助けるためドラゴンキッドのマスクを被った選手が登場。
モッチー「誰だ、ありゃ?」
モチスス「リッキー・マルヴィンですよ」
モッチー「リッキー・フジ?」
モチスス「リッキー・マルヴィンですよ!」
モッチー「力皇?」
マルヴィンはキッドとのタッグで神戸から闘龍門の一員として出場する見込みだ。


<第五試合:斎藤了、フジ(自転車兄弟)対神田、チョコフレーク・ケイイチ>

心底嬉しそうに自転車で入場する了と早速ボード片手に入場するフジ。
「藤井さん、コレ堀口さんのじゃないんですか?」と了が問い詰めるも、
フジにあっさりダマされにこやかに握手し、自転車とボードでポージング。
途中場外での自転車攻撃は拒絶するも、仲間割れに見せかけての連携や
(Wのサイクリング・ヤッホー含む)フジの決めポーズの競演で楽しませてくれる。
最後はフジのチョークスラムとスクラップバスターを合わせたようなワザで決着。
試合後2人で手を取り合うものの、昨夏のSUWA対キッド同様フジが了を攻撃。
会場は馴れたもんで「あぁ、やっぱりね」という感じであった。
その後堀口が登場し、フジよりも近いところにいるのに「ボードを返せ」と
マイクアピール。これにはさすがに観客も突っ込まざるを得なかった。
堀口「もう夏も近いというのに・・・これからオレにどうやって波に乗れって
   言うんだ!」
フジ「お前そんなに返して欲しいのか?」
堀口「当たり前だろう!」
フジ「じゃあ返してやるよ」(あっさり返却)
堀口「え!・・・お前オレと抗争するんじゃないのか?」
フジ「オレはなぁ、お前のようなショッパイ奴と抗争なんかしているヒマは
   ないんだよ!」
堀口「・・・」
了 「藤井さん!堀口さんと抗争してあげて下さい!」
堀口「了・・・いくらなんでも後輩のお前にそんな事言われる筋合いは
   無いんだよ!最近お前調子に乗り過ぎなんだよ!!」
オロオロする了を尻目にフジはリングを降り、3WAY戦を示唆するようなマイク。
自転車兄弟はもう少し見続けたいチームだっただけにちょっと残念な結末だった。


<メインイベント:CIMA対マグナムTOKYO>

この試合はマグナムが対戦をゴネるという専門誌でこっそり扱われたサイドストーリー
があったので、前説でもそれは使われていた。その際ウルティモ校長が観客に対し
「皆さんは今日何を見に来たんですか?」と問いかけたのだが、CIMA対マグナム
という声が思ったほどかからず困ってしまった様子だった。
ちなみに自分の予想は両者KOにより神戸でのタイトルマッチはマグナム、望月、
CIMAによる3WAYダンス。大ハズレですね。

さて試合について。この2人が対戦するだけあって当然かなりハイレベル
な攻防が展開されてはいたが、残念ながらあくまで後楽園スケールの試合
という感じであった。つい一昨日武道館で武藤対天龍を見ていたというのも
多少の影響はあったのかも知れないが、観客の反応を見る限りではそう間違い
でもなさそうだ。ちょっと期待過剰だったかな。
試合はCIMAがドライバー系のワザからこの日2度目となるマッド・スプラッシュ
で勝利するも、観戦していた望月がCIMAを絶賛した後に、
「決定戦をやれとは言ったが勝った方とやるとは言ってない。必ず勝てるマグナム
とやる」と長与を指名した尾崎のような事を言い出す。
これを受けてCIMAは「3本勝負として続きをしよう。2本負けてやる。」
と言ったがマグナムは無反応。
テーマ曲なしでウルティモ校長が出てきて、いつも通り30秒ほどで神戸での
マグナム対望月が決定。これにはさすがにファンもちょっと引いていた。
望月はマグナムが挑戦するための条件として、もし負けたらそれ以降入場時の
踊り禁止とM2K入りを提案するが、校長はM2K入りは構わないが踊りの禁止
はダメとビジネスライクな発言。
マグナムは全ての条件を飲むと言い切り結局神戸大会は「マグナムTOKYO28歳、
負けたら踊り禁止と即M2K入りスペシャル」に決定。
一度決定が下ると特にゴネる事なくサッサとCIMAは帰るし、闘龍門らしからぬ
ウェットなスキットが始まると望月も退場。
マグナムに「ウノ、ドス、・・・」をやらせるも観客はシラけているしで、
今回に関してはちょっと失敗じゃないだろうかと思う。

とにかく神戸大会シフトが敷かれているのはわかるが、余りあざといストーリー
展開は結局ファン離れを生み出すだけだと思う。
この日純粋にCIMAやマグナムを応援したファンは、意外な展開を喜ばず
裏切られたと思うのではないだろうか?ウラ読み好きのマニアの存在は無視しても
いいだけのクォリティーは間違いなくある。
ただこれからはオオバコでもやっていくとなるとそうもいかないんだよな・・・。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ