6月8日(金)日本武道館
■団体:全日本
■日時:2001年6月8日
■会場:日本武道館
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

マンネリ、マンネリと言われていたNOAH勢離脱前の武道館大会よりも、
はるかに新鮮で豪華と言えるカードを並べているのに、何故か客入りは芳しくない全日本。
これは例えば巨人の松井が近鉄あたりに移籍しても結局近鉄の観客動員力には
大した変化が現れないであろう事と同じようなものだろうか?
今回のメインは都合5度目となる天龍対武藤。初対決はムタでの対戦(WAR大阪大会)で、
天龍は「武藤」との対決では初めてのホームでの対戦となる。
その舞台設定は当時では考えられなかった全日本での三冠戦となった。巡り合わせとは不思議なものだ。
このカードの魅力か当日券売り場で入場前に売れ行きをチェックすると、
5千円以上の席は完売。まさか上の空席が目立つと格好がつかないから・・・
という元子さんの判断じゃないだろうな、と思ったが流石にそんなワケないのであった。

<第一試合>
渕正信/平井伸和 対 キム・ドク/愚乱・浪花

三沢たちが離脱してもうかなり経過しているはずだが、相変わらず新人がデビューする気配がなく、
平均年齢が40才近い選手たちの試合が第一試合に組まれているのが、現在の全日本という団体を象徴している
と思う。
この2組で共通点を探そうとしたが・・・青鬼、白鬼の鬼対決と言ったトコロかな?かなり苦しいが。
試合はもう少しジックリと行くかと思ったが、特にコレと言った見せ場もなくバックドロップ3連発で渕の勝利。
浪花は世界ジュニア戦線には入れないって事なのだろうか?


<第二試合>
藤原喜明/相島勇人 対 新崎人生/ジャイアント・キマラ

藤原も気がつけば50過ぎで率直に言えば「辞め時」を逃した印象だ。
藤原と人生は一時期は夢の対決という気運もあったが、今では何の感慨もなく簡単にマッチメークされて
しまっている。藤原も人生も立場的に割りと簡単にマッチメークされてしまうため、今は特にコレという相手
が残っていないというのが現状だろう。
やはりと言うか会場から特に藤原と人生の絡みへの期待感は感じられなかったが、それでも2人とも役者ぶりを
発揮してくれた。
藤原は動けないキマラをそれなりに動かし、相島との拝み渡りをカットしようとする藤原への手刀→でも打った
人生の方が痛い、というのがコテコテながら最高のスポットを作り出したていった。
もっとも試合の方は唐突にキマラの相島へのボディプレスで決着。
藤原はレフェリーの保永と握手を交わすと早々にリングから立ち去って行った。


<第三試合>
荒谷信孝/奥村茂雄 対 マイク・バートン/ジョージ・ハインズ

会場人気の高いハインズだがルックスがイマイチのせいか、どうもチャンスに恵まれない。またマスクマン
に戻るのもどうかとは思うが、それにしても勿体無い。
それはバートンも同じ事で、こっちはルックスもいいけど、せっかくレッスルマニアで大舞台を用意して
もらっての醜態ではアメリカではしばらくお呼びではないんだろうな。
不当に低い扱いにもメゲずにいつも通りのハイインパクトな技で会場を沸かし、フィニッシュはダイアモンド
カッター、左のボディーブローと繋いでラストライドで荒谷からピン。
この2人は人材の無駄遣いも甚だしいよね。


<第四試合>
アブドーラ・ザ・ブッチャー 対 サブゥー

ブッチャーとシークの抗争を記憶している人がどれくらいこの会場にいるのだろうか?軽く20年以上前
の話だから新旧出戻り対決くらいの認識なのかな?
試合は当たり前だが動けないブッチャーを一生懸命サブゥーが取り繕うように攻め込むという展開。5寸釘
攻撃やターザン後藤式テーブル攻撃など、試合を組み立てるのにサブゥーも必死だ。
フィニッシュはコーナーにもたれるブッチャーに椅子を踏み台に使っての通称エアー・サブゥーを地獄突きで
迎撃され、すかさずエルボードロップでピン。
それにしてもフォーク攻撃を受けるのと机への自殺ダイブ、やらなくちゃいけなければどっちにする?


<第五試合>
スティーブ・ウイリアムス/マイク・ロトンド 対 小島聡/ヒロ斉藤

前回の武道館で一番記憶に残ったのは実はテンコジの巧さだった。
マニアの間では堕落した新日本の象徴的存在のように語られているが、実際に会場に来てみれば会場を
心地好くコントロールする2人が見られるだろう。今回はハインズがロトンドに、天山がヒロにそれぞれ
メンバーチェンジしての対戦となった。
前回の面白さから期待は大きかったが、どうもウィリアムスを上手く転がす事ができず、最後はショボい
バックドロップでウィリアムスがヒロから勝利。
試合後ウィリアムスがコーナーからTOPサインを出していたが、ロトンド「ベルトだろ、ベルト」という
感じで注意していたのが笑えた。

<第六試合:新・アジアタッグ王者決定戦>
垣原賢人/長井満也 対 永田裕志/真壁伸也

「プロレス界のバブル」というと人それぞれ思い出す事は多々あると思うが、自分が思い出すのは現在再評価
の波の激しいUインターだ。
今では考えられないが武道館をなんと「田村対垣原」で埋めてしまったのだから恐れ入る。希望的観測を含めても
今この2人が後楽園でやったところで、超満員になるとは思わないし、当時の2人は「今NOAHで言ったら
丸藤と杉浦のランク」としてもホメ過ぎのような気がする。
それにしてももし6日のタイトルマッチで永田が勝っていたらIWGP王者がアジアタッグに挑戦という珍事
だっただけにヒジョーに残念だ。
試合は中途半端なU系ムーブを交えながらも、それなりにタッグチームらしい連携を垣原組が見せ、最後は
スワンダイブ・ニーで長井が真壁から勝利。
垣原はWAR6メン以来、長井は初載冠で長井の喜びようは大変なものであった。それにしても何故真壁は
これだけ連続してタイトルに挑戦し続けているのだろう?


<第七試合>
川田利明 対 天山広吉

1・4ドームの好試合の評価を受けての再試合・・・では決してないと思われるこの試合。6日の小島敗北
を受けてどう展開するのかに注目・・・と言いたいところだが、生憎PPV観戦もしておらず東京スポーツ
でも小さい扱いのため良くわからないというのが現状だ。
試合は最初から観衆から「シューシュー」と声がかかっていたが、終盤の川田の猛攻をタフネスに受けまくった
辺りで辞めさせる事に成功した。
小島は青コーナーには付かなかったものの、試合後は肩を貸して一緒に退場し、結束の固さを見せた。
フィニッシュが同じハイキックだった事もあるが、この試合は先の川田対小島戦を見てから見たかった。


<セミファイナル:世界タッグ選手権試合>
太陽ケア/ジョニー・スミス 対 中西学/吉江豊

天山、小島をナマで見なければ新日本のトップチームである事を理解できない事と、ケア、スミスを全日本の
#1チームと認識できないのは果たして同じだろうか?
この試合で特筆すべきは中西のテンションの低さ。正直言えばこの位が中西は丁度いいという感じだが・・・。
さすがにこの中ではスミスは頭ひとつ小さい印象だが、なかなか頑張りを見せ唯一の勝ちパターンと言える
ハワイアン・スマッシャーで吉江から勝利。
このチームはとにかくもう少し多様な勝ちパターンを身につけて欲しい。


<メインイベント:三冠ヘビー級選手権試合>
天龍源一郎 対 武藤敬司

違う団体のトップ同士のシングルは大抵初対決のインパクトを上回る事なくどんどん萎んでいくものだが、
ことこの2人の対決に関してはあてはまらない。
武藤は初対決となるムタでの試合では机上ムーンサルト、G−1での再戦ではトップロープから場外(!)への
ダイアモンド・カッター、そして記憶に新しい大阪府立でのIWGP戦ではエプロンからこれまた場外への
ドラゴン・スクリューと天龍以外には躊躇するであろう技の数々を披露してくれた。
一方の天龍(これは実は武藤も同じなのだが)も本来ワザの豊富さで見せるタイプではないが、こと武藤戦に
限っては隠し技や意外なハヤリ技で楽しませてくれる。
3試合目となる福岡でのIWGP戦ではスパイダー・ジャーマンに雪崩式フランケン、4試合目となる大阪でも
ノーザンライト・ボムで勝利し、以後、対健介のみでなく天龍の新たなるキメ技として認知されるきっかけとも
なった。
まぁ、フミ・サイトー(カラオケの十八番は「マイ・シャローナ」)風に言えば「プロレス頭の比べ合い」と
言ったところかも知れないが、プライドの高い者同士がその意地をいい方向に昇華させてくれたという希有な
例だと思う。
今回は机上ムーンサルト以外の上記のワザ全て出る2人の試合の集大成のようであった。勿論今回も天龍は
この日だけのワザとしてヒザへの低空ドロップキックと久々のトペを用意していた。
この日は総じて短めの試合が多かったが、この試合は20分を越える長丁場となったが、全くダレる事なく
2人のワークレイトの高さを改めて実証する事となった。
フィニッシュは天龍の雪崩式フランケンをクリアした後、シャイニング・ウィザード2連発から6万人以上の
会場限定のはずのムーンサルトで武藤の勝利。
天龍への武藤なりのリスペクトの顕れというのは決して言い過ぎではないと思う。
新日本の選手が三冠に初挑戦するという記念すべき試合は、その肩書にふさわしい最高の試合で幕を閉じた。
特にマイク等でのパフォーマンスを繰り広げる事なく、解説席の馳を呼び込み人生、ケアを含めてのBATT勢
での勝ち名乗りで厳かに退場して行った。

3人目のIWGP、三冠保持経験者となった武藤。いずれは返さなくてはいけないのだろうが、それまで武藤
なりの三冠戦を見せて欲しいと思う。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ