PRIDEの行方。
■団体:PRIDE14
■日時:2001年5月27日
■会場:横浜アリーナ
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

時間ギリギリに入場。入った時点ではまだ空席が目につく。PRIDE.7以来の横浜アリーナ。
PRIDEというと東京ドームか横浜アリーナ。という感じがするのはソレガシだけでしょうか…。
何だか…懐かしささえ感じてしまう。どう見てもその当時と客質が変わっている。
それだけ、PRIDEが世間に浸透したという事なんでしょうね。
そう思うと同時に…これを他の総合やプロレスに還元は出来ないものなのだろうか?とさえ思ってしまう。
資金力が違う。と言ってしまえばそれまでなんでしょうけど…(苦笑)



第1試合 ニーノ“エルビス”シェンブリvsジョイユ・デ・オリベイラ

ニーノ、エルビス・プレスリーさながらのカッコで入場(ヒラヒラがあればなお良し)。一方のオリベイラは半纏を着て火消し状態。
日本ではあまり名前の浸透してない両者だけに、キャラモノとして客を惹きつけようという魂胆か。
名前がなくても…それを補えるだけの技術は二人共持ってるのになぁ〜。
オリベイラの打撃に苦戦するニーノ。キックを練習したと言っても、付け焼刃だったのかな。一発もカット出来ず。
タックルを仕掛けても、間合いが遠過ぎるのか?オリベイラ、尽く潰す。
しかし、ニーノがやっとこさでテイクダウンを奪うと、そこからもうニーノのエルビスな世界(意味不明)
見事なパスガードを見せる。も、一度はオリベイラに逃げられてしまうものの2度目はきっちり逆十字葬。
守りの固いオリベイラから1本を取るとは…。素晴らし過ぎるなニーノ。でも、まだまだ打撃対策が必要かも。
80`未満の選手はUFCとの交流には必要不可欠という事なのかな。
まぁ、何にしてもこの階級は良い選手がいっぱいいるので、もっともっと色んな絡みが見たいな。

○ニーノ(1R 7分17秒 腕ひしぎ逆十字固め)×オリベイラ



第2試合 松井大二郎vsペレ

松井のセコンドには桜庭。桜庭が出てきただけで凄い盛り上がりよう…気持ち悪い…(笑)
ペレには、コルデイロ、フジマールカイチョ(確か…^^;)
松井の異常な人気にちょっとビックリ。バトでは全然人気ないのにな…。
ちょっと毛色が変わるだけでこうなるのかな…それとも桜庭と同じ高田道場所属だから…かな(笑)
ファーストコンタクトでペレが飛びヒザ。しかし、不発。しかし、その後のペレのヒザで松井倒れる。
倒れたところですかさずバックに回りスリーパー狙い。これは逃れられるも次は腕ひしぎに移行。
ペレって関節うまかったっけ??と思っていたら…。見事にバスターで叩きつけられる。
そして、美濃輪のパクリ技暗黒釣り鐘砕き(グリフォンさん命名)。その後、ドロップキック(計3回)も。
途中、ペレがバックを取った時、背中へのエルボーで試合が一時中断。
脊髄への攻撃だったようだが…フツーに背中にエルボーを落としたように見えたのはソレガシだけかな?
ペレもそんなつもりだったから、凄い不服そうにしてたんじゃないのかな?
2,3Rは、松井が鉄壁にディフェンスを織り交ぜ、ちょこちょこと攻める展開。
1Rでの、ペレのイエローが響き松井判定勝ち。この試合はあまり多くを語りたくないので後半部分はちょいと割愛(爆)
ペレの敗北にショック。でも、今後の課題が色々と見えたからよし。かな?
松井はシウバ戦をアピール。まぁ、言う権利は大有りですからね。次回実現かな?

○松井(3R終了判定 3−0)×ペレ



第3試合 ガイ・メッツァーvsチャック・リデル

リデルUFCのテーマをアレンジした曲で入場。カッコいいなこのテーマ(笑)セコンドにはジョン・ルイス他。
ティトは今回はナシか…。チーム・パニッシュメントで、ローバーとかも一緒に来て欲しかったな。
一方のメッツァーの入場曲も良いな…(爆)セコンドには、ケンシャム(その揉み上げどうにかなんないのか?)と、
番狂わせしたのに、あまり話題に上らないテリグマン。
1R、両者のレベルの高い打撃の応酬。まぁ、この二人が闘ったら、スタンドが多くなるだろうな。とは予想していたが。
リデルもうまいし、メッツァーもうまい。リデルの方がややパンチが重いかな。
メッツァーのパンチとハイキックのコンビネーションに翻弄させるリデル。
このままじゃダメだと思ったのか、ラッシュを仕掛けるとメッツァーのフックを食らいよろめく。
ダウンを取られてもおかしくなかったが、何とか誤魔化す。リデルはパンチ効いていたみたいで動きに精彩を欠く。
2Rになると、リデルは復活。パンチ3連発。一呼吸置いてからの2連発が見事メッツァーのアゴにHIT。
メッツァーの身体が力なく崩れ落ちる…失神K・O負け。リデル強い。(地味だけど)
スタンド打撃がうまくて…タックルでもなかなか倒れない。
佐山の言う総合の打撃時代を象徴するような選手なのかもしれない。
メッツァーは前のようにノーギャンブルに戻れば…星を落とす事はなくなると思うけど…。
客受け第1のDSEは、それをしたら呼んでくれなくなりそうだな…。

○リデル(2R 0分21秒 K・O)×メッツァー



第4試合 ヴァレンタイン・オーフレイムvsゲーリー・グッドリッジ

オーフレイムのセコンドにはゴールデン・グローリー勢(名前ど忘れしたので…^^;)
グッドリッジには、コールマン、ランデルマン、エリクソンとアメリカレスリング勢の豪華な面々。
スタンドの展開から一転して、オーフレイムタックル…しかしG・Gにヒザを合わせられる(効いてないと思うけど)
下になった、オーフレイムはアームバー。G・Gの腕力が強いのとハーフガードだったせいもあり、
関節に固執する足が疎かになったオーフレイムのサイドに回り逃れる。
サイドを取った瞬間、オーフレイムの頭部にヒザを乱発。こ、怖いよ…と言わんばかりのオーフレイムの高速タップ。
G・Gは、コールマンらと喜びを分かち合う。全員の喜び方がド迫力過ぎてこっちの方が怖かった…。
オーフレイム電撃移籍を勝利で飾れず。しかも、タップ早過ぎ…。何だかなぁ〜。
せっかく、一部上場(オーフレイムの思考として)したんだから、もちょっとそういう意識を見せて欲しかったな。

○グッドリッジ(1R 2分39秒 タップアウト)×オーフレイム



第5試合 ビクトー・ベウフォートvsヒース・ヒーリング

「体重差10キロ以上の試合に関しては、4点ポイント状態において頭部・顔面への膝蹴りおよび蹴りによる
攻撃の有無を、体重の軽いほうの選手が選択することができることとする」
試合の2日前にこういうルールの決まる団体がどこにある?
こういうのが出来たというのは知ってはいたけど…。ついでに、ビクトーはこれを選択したって聞いてたんだけど(笑)
実際のところは、4点でのヒザはナシ。以前のPRIDEと同じルールで行われた。
体格で有利なヒーリングがビクトーを抑え付ける。が、ビクトーはナイススイープでひっくり返し上に。
しかし、ビクトーの技術を覆うだけの体格差がヒーリングにはある。スイープされても、力で返す。
ゴロゴロとした面白いグラウンドの攻防に酔いしれる。
ヒーリングはビクトーからあっさりとパスガード…。この辺が潜在能力の高さなのかな。凄過ぎるよ。
2R,ビクトーがテイクダウンを奪うも、すぐに立たれてしまう。しつこくタックルにいくと、ヒーリングはロープを掴んで対応。
すぐにイエローが出される。が、このイエローが勝敗の明暗を分けてしまう。
両者共に、良い動きは見せるものの極めきれず、判定へ。イエローと体重差を考慮し、勝者ビクトー。
まぁ、ドローでも良いような試合内容だったけど…。
判定に体重差が考慮されるのなら、こんなカードは組むな!それを帳消しにする為の、4点選択形式じゃないのか?
ビクトー勝利というのは、嬉しかったけど…素直には喜べなかったかなぁ〜。正直。
それにしても、DSEのアバウトさが目立つ。

○ビクトー(3R終了判定 3−0)×ヒーリング


休憩後。PRIDEのリングを覆っていた垂れ幕が落ちると、そこには桜庭和志。
「元気ですよぉぉ。」と、猪木をぱくるマイクアピール。それにしてもこの人気は異常だよな…。
続いて猪木が登場。本家本元の「元気ですかぁぁ?」そして、みんなでダァー。
この一体感は何なんでしょ?(笑)ソレガシ、ダァーは頑なに拒否。
いやぁ〜、アントニオ猪木って…苦手なんです。


第6試合 小路晃vsダン・ヘンダーソン

ヘンダーソンのセコンドにはクートゥアー。体調は良さげ。
小路は村上を引き連れる形で入場。しかし、身体はゆるゆる。練習出来てないのかな。
ゴング開始直後、小路のパンチがHITし、ヘンダーソンスリップ気味に倒れる。
すると、インサイドガードからタコ殴りにいく小路。しかし、殴り倒せず。
スクートポジションになると、小路は蹴りを出す。そして、その場飛びムーンサルトでフェイント。
ブレイクがかりスタンドに戻ると、ヘンダーソン得意のボクシングテクで小路を圧倒。
小路の大振りパンチに対して小さくするどく的確なパンチが小路の顔面を捕える。
段々と顔の腫れていく小路。隙をつき組み付いてテイクダウンするも休むので精一杯。
2R、練習がきちんと出来てないせいもあるのか、もうイッパイイッパイの感じ。
スタンド、グラウンド共にヘンダーソンが圧倒するも極め手に欠け3Rへ。
ローとパンチとヒザのコンビネーションで小路ダウン。ヘンダーソン勝利をアピールするも認められず。
こうなりゃ、もう徹底的に潰すしかないと思ったヘンダーソン、グラウンドでのヒザをバシバシ決めていく。
何発か入ったところで、レフェリーがストップ。ヘンダーソン、完勝。小路何も出来ずに完敗。
これが現実。強豪のヘンダーソンにあのしまりのない身体では勝てるとは到底思えない。
今、小路が公園で練習しなきゃならないぐらい苦しい状況なのはわかるけど…。
きちんと体調整えて出直して下さい。

○ヘンダーソン(3R 3分18秒 レフェリーストップ)×小路



第7試合 大山峻護vsヴァンダレイ・シウバ

物凄い大山人気。期待の新星にそれだけ注目してるという事でしょうか。セコンドには、前田憲作、須藤元気他大勢。
それに遜色のないぐらいシウバも人気が出た。世間的に桜庭を秒殺したというのは、認めざるを得ない。
と言ったところなんでしょうか。セコンドにはペレ、コルデイロ他のシュートボクセ勢。
ゴング前にガン飛ばしあいに応戦する大山。こういう心構えはカッコいいな(笑)
一昔前の相撲ではシキリでの睨み合いが取り組みを盛り上げるある種の方法だった。
これが規制され相撲の面白みに欠けるようになったのは事実だと思う。
それぐらい睨み合いというのは、見てる者を興奮させる効果がある。
さぁ〜ゴング。というワクワクドキドキという高揚感は、格闘技でしか味わえない…かな。
大山バックキックでシウバを牽制。これが火種となり、打撃せんへ。
大山のパンチがシウバに当たると、シウバはぐらつき誤魔化し胴タックルへ。
しかし、すぐに態勢を立て直したシウバはパンチとヒザのラッシュ。
大山が後ろを向き間を取ろうとしたところで、レフェリーが割って入りゴング。
中途半端な結末に、皆怒り浸透。KOTCでいくらケガをしてるとはいえ…これでは消化不良。
早過ぎるレフェリーストップに、DSEはシウバをプロテクトしたのか?という疑問さえ生じてしまう。
もうちょっとだけ、見たかった。まぁ…これが残酷な観客のある種の欲なのかもしれない。
大山の次に期待したい。一度、流れたボーランダー戦を…。

○シウバ(1R 0分30秒 レフェリーストップ)×大山


コールマン、ランデルマン、ニュートンの挨拶。
ハンマーハウスの二人は次回PRIDEへの参戦報告。
ニュートンは日本語でUFCウェルター級王者になった事を報告。
ホントに凄い選手ばっかりだな。これを生かしきれていないという問題はあるけど。
それと選手の実績やら功績っていうのをいまいち伝えきれてない感じがするんですよね。
これが1番難しい事なのかもしれないけど…良いカードを取り揃えてるわけだから…。
すべてに見所を作るぐらいの努力はして欲しいかな?と。いや…努力はしてるんでしょうけど。


第8試合 ギルバート・アイブルvsイゴール・ボブチャンチン

スタンドでの撃ち合い必至!って事で、ここの位置で組まれたんでしょうけど…。
というよりも、DSEはボブにかなり力を入れてるのかな?新しいYシャツ出来てたし、クッキーまで作ってたし…(笑)
予想は全く裏腹な展開。
アイブルの飛びヒザをキャッチしたボブはテイクダウン。パンチを織り交ぜながら、パス⇒マウント。
アイブルがマウントを返そうとするがボブの乗り方がうまいのか形がほとんど崩れない。
パンチを嫌がり後ろ向きになるアイブル。バックを取ったボブ…見事なバックマウントを形成。
そこから、チョークスリーパーで1本。ソレガシの記憶の中では、アイブル初タップ。
アイブルのグラウンドに全く進歩が見られなかったのは残念。VTでの底が見えてしまった感は否めない。
やっぱり、アイブルはKOKルールでこそ光る選手なんだな。
しかし、ボブチャンチンもパンチを前面に出さないと魅力が激減しちゃうなぁ…。

○ボブチャンチン(1R 1分52秒 裸絞め)×アイブル


第9試合 藤田和之vs高山善廣

PRIDEの選手紹介Vでも、高山のインディアンアングルが採用される(爆)
安生が言った事が、こんなにまで信憑性を持たせるとは…。
高山、ノー・フィアーのテーマでは入場せず。しかし、ちゃんとタイツにはノー・フィアーと…。
セコンドには金原と宮戸。PRIDEは形を変えたUインターという感じが昔からある。私的にはそう感じてしまう。
まぁ、宮戸ほど頭の斬れる名参謀は抱えてはいないだろうけど。
藤田のセコンドには、ジョンストン、謙吾、高橋義生。藤田の現在が見て取れるようなセコンド陣。
タックルにいく藤田。それを斬ってヒザをいれたい高山。ゴツゴツとした殴り合いが続く。
高山の首相撲からのヒザ、それを掻い潜りながら出す藤田のアッパー。
決して美しいとは言えない攻防だが、両者の武骨さがにじみ出ていて、美しくさえ見える時がある。
4点でのヒザや仰向けに寝かせた状態での非情なヒザ攻撃で高山を攻めたてる藤田。
最後は肩固め。レフェリーが高山の腕を持ち、上げて力が入ってないのを確認するとレフェリーストップ。
プロレス的な確認法だな…(爆)
高山は、最悪の状態ながらよく頑張ったと思う。今度、出る時は…外国人選手との対戦を…。

○藤田(2R 2分18秒 レフェリーストップ)×高山

なかなか内容の充実した今回のPRIDE。ある程度、安定した感はある。
UFCとの提携も順調に始まったようだ。ルール改正に対する選手側の対策も練られてきているようだ。
そうすると今後望まれてくるのは、リングスのバトジェネのような大会。
こういう大会を開き、未知の強豪を発掘してくれば文句は言われないだろう。
引き抜き云々という事さえなければ、リングス、パンクラスとの交流も実現するかもしれない。
まだまだ、発展するだろうこの団体はやはり…目障りになってくるのだろうか…。
何にしてもPRIDE一人勝ちの状況だけにはなってほしくはない。
格闘技界全体の底上げをする為の役割を担って欲しいものである。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ