等身大の高い山 5/27 PRIDE14 横浜アリーナ大会観戦記
■団体:PRIDE14
■日時:2001年5月27日
■会場:横浜アリーナ
■書き手:愚傾(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 今回はいきなり総括から。

 回を重ねる毎にエンタテイナメント性が高まってきたPRIDEだけど、それはもう臨界点に達したと言えるんじゃないかと思う。観客の興奮度、期待度、演出その他もろもろ、すべての部分で「大衆」というものの心を掴んでいた。

 ハッキリ言って、この「興行熱」の前には、いまの日本のプロレス団体はお話にならない。唯一、ZERO-ONEだけが対抗できる組織だとは思うけど、演出面その他の部分ではまだまだ大人と子供くらいの差がある。それだけ、PRIDEのエンタテイナメントとしての純度は高い。

 が、しかし。
 盛り上がる周囲とは裏腹に、どうもイマイチ盛り上がれない自分、選手が入ってくるだけでワーッ!となる風景の中で、一人だけ心がサーッと冷めていく自分がいる。

 何故、周囲と同じように盛り上がれないのか。
 何故、一緒になって騒ぐこともできず、自分だけ取り残されたような感覚に陥っているのか。

 まったくわからない。

 手前は別に「大衆に迎合した姿」が嫌いなわけでもなんでもない。飲み会とかでも誰かから話し掛けられるのを待って一人ポツンと日本酒をチビチビやるようなタイプというわけでもない。合コン大好きだし。あんま関係無いけど。

 自分の知ってる「プロレス/格闘技興行」の範疇を越えていたからだろうか? でもなぁ、これが例えばモーニング娘。のコンサートとかだったら、手前は間違いなく周囲の迷惑も顧みずに歌い踊り狂ってしまうわけで(しつこいようだが、娘。のコンサートはプロレス興行である)。いったい、どういうことなのか?

 興行の間、ずーっとこんなことを考えていた。

 というわけで、かかる疑問に明確な答えがでないまま観戦していた今回のPRIDE。さっそく試合のほうを振り返ってみたい。
 先に言っておくが、上に述べたように、手前は釈然としないモンモンも状態で観戦していたため、全体を通していささか「ぼやき」が多くなると思われるが、あらかじめ了承のほどを。

▼オープニングセレモニー

 リングを覆っていたシートがはずれると、そこには超巨大な風船があった。前回、手前がこの会場に足を運んだときにもステージ中央に風船が配置され、その中には矢口真里を筆頭としたミニモニの面々が潜んでいたのだが、今回、風船に映し出されたのはブラザー・トムによく似た風貌の怪しいオヤジ。加護亜衣や辻希美と比べると、というか比べることじたいが間違ってるほど愛くるしさのカケラも無いこのオヤジ、何やら日本語で喋り出す。が、何を言ったのかは覚えてない。当たり前だ。誰が好き好んでこんな胡散臭いオヤジの言うことに耳を傾けるものか。

 と、思っていたら、手前の後ろに座っていた兄ちゃんは、目の前の光景に興奮しきり。
「スゲー! スゲー! どうなってんだよコレ? 風船が喋ってんよー!」
 風船が喋るわけないだろう、あれは事前に撮った映像を映写機で風船に投影してるんだよ、そんなこともわからない貴兄はひょっとしてパーか? というようなことをよっぽど言ってやろうかと思ったが、周りを見てみると、この兄ちゃんだけじゃなく会場全体がオヤジの一言一句に随喜してるようなので、どうやらパーなのは兄ちゃんではなく手前のほうだったようだと考え直し、喉まででかかった言葉を飲み込んだ。

 そうこうするうちに、リング上に一人の男性が上がり、なんだか奇声を発しながら手に持った太鼓を叩きまくる。

♪イヨォォォッ!(カンカンカン)

♪イヨォォォォォォッ!(カンカンカッカン)

♪イヨォォォォォォォォォォッ!(カンカンカンカッカッカカンカンカーン!)

 何やら凄いことになっていた。
 もしこれがリングの上じゃなくて、例えば明かりの少ない路地裏や女子大の寮の付近であれば間違いなく110番通報の一つもするところだが、やはりここは魔物の潜むリングの上。何があっても不自然じゃないということなのか、場内の反応はおおむね良好なものだった。個人的には、格闘技とは何の関係も無いこの演出は不自然極まりないのだが。例えばここでグレート・カブキが登場する、ということであれば、少なくとも、このちょっとアレな太鼓男が醸し出す不自然さは解消されるはずである。まぁこの場にグレート・カブキが登場することのほうがよっぽど不自然なのかもしれないが。

 太鼓男の退場後、選手入場式。
 テーマ曲に乗って、一人一人が花道に整列する。直後の第一試合に出場する二人と、メインに出場する高山は選手コールだけで姿を見せず。まぁ、当然か。オイシイ場面は後にとっておかないと。

▼第1試合
×ジョイユ・デ・オリベイラ(1R7分17秒 腕ひしぎ逆十字)ニーノ・“エルビス”・シェンブリ○
(ブラジル/アカデミア・ブドーカン)            (ブラジル/グレイシー・バッハ)

 敬愛するエルビス・プレスリーを彷彿とさせる、白の上下にヒラヒラ袖のスーツを着て登場のニーノ。対するオリベイラは「火の用心ルック」で登場。

 エルビスと笹川会長の代理戦争ともいうべきこの対決は、積極果敢にテイクダウンを狙い、しつこく関節技を狙うニーノが腕ひしぎで一本勝ち。

 それにしても、噂には聞いていたがニーノのとにかく「一本」を狙う積極性と極めの強さは凄まじいものがある。「顔が悪い・テーマ曲が悪い・それでいて無闇に強い」という、手前に言わせれば厄介なことこの上ない選手でしかないホドリゴ・ノゲイラを、リングスファンが支持する理由がようやくわかった。
 あとオリベイラなんだけど、自身の事故を逆手に取ったキャラ作りは非常に好感が持てるんだけど、どうせならテーマ曲ももう少し詰めてみたらどうか。例えばScooterの「FIRE」(高木三四郎と同じ曲)とか。どうせやるなら、そこまでやって欲しい。

 ちなみに、手前はこのニーノの快勝を見て「明日の東スポの見出しは『やっぱりエルビスは生きていた!』で決まりだな」と半ば確信していたのだが、その読みはもろくも外れてしまったようだ。

▼第2試合
○松井大二郎(3R 判定 3−0)ペレ×
(日本/高田道場)       (ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)

 およそ一年ぶりにその姿を見ることになるペレ。前回はシウバの契約の問題のために急遽決まった参戦だったにも関わらず、見事なボクセタイ・ムーブで掣圏道の……なんつったっけ? メジドフ・アブドゥルナシルか。(参考資料:メモ8さんの観戦記) とにかく、そのメジドフナントカを撃破したペレだが、今回はその持ち味を松井に封殺された感じか。

 で、その松井なんだけど、タックルを切られて「四点立ち」になったとき、打撃を食わないようにすぐに仰向けになるなど、「桜庭vsシウバ」の反省が高田道場で生かされていたらしく、終始安定感のある闘いぶり。3−0という判定も妥当なところだろう。

 しかし、途中で出した二発のドロップキックが手前は気に入らない。確かにシュートの試合でプロレス技を出すというリスクに挑む姿勢はいいが、この日の松井のそれには「出しゃぁ盛り上がるだろう」という打算が見えた。
 もし、松井がそのように思ってドロップキックを繰り出したのであれば、それは「プロレスラーという立場」に甘えてしまったことに他ならない。
 技というのは出せばいいというものではない。いくらNHBとはいえ、TPOを考えずに出した技など「プロレス技」とは認めない。このNHBにおけるTPOというやつが、桜庭には、ある。しかし、この日の松井にはそれがあったとは思えない。そこに二人の差がある。だいたい、一試合に同じ技を二回使うなというのは基本中の基本。 NOAHに行った佐野(元)課長はそのあたりを教えていなかったのか?

 それはともかく、この階級では強豪中の強豪であるペレを破った快挙は素直に称えなければ。

 試合後、マイクを掴んだ松井。
「次の大会で闘いたい相手! 桜庭さん、もう少し休んでてください! シウバ! シウバ!! オレとやろう!」
 この台詞で、ようやく手前は松井に軍配を上げることができた。
 おめでとう、松井。

▼第3試合
×ガイ・メッツアー(2R0分21秒 TKO)チャック・リデル○
(アメリカ/ライオンズ・デン)      (アメリカ/チーム・パニッシュメント)

 それにしても、リデルとはまたシブイとこつくなぁDSEは。「PRIDEは焼畑農業だ」とか色々言われてはいるんだけれども、こういう「日本では無名だけどバカっ強い」選手もちゃんと連れてきたりもしてる。UFC-J亡き今(だよね?)、パニッシュメントから先陣を切って乗り込んできたリデルの快勝によってティト・オーティツも参戦しやすくなったのでは?

 メッツァーは見るたびによくなってる。一瞬、KOP時代を彷彿とさせる「コーナー押し付け相撲合戦」になりかけたが、中心となったのは打撃勝負。リデルがそういう展開に持ち込んだのか、それともメッツァーが選んだ展開なのかはわからないが、どっちにせよ緊張感のある好勝負だった。

▼第4試合
○ゲーリー・グッドリッジ(1R2分39秒 タップ)ヴァレンタイン・オーフレイム×
(トリニダード・トバゴ)            (オランダ/ゴールデン・グローリー)

 大父のセコンドにはコールマン、ランデルマンのほかに何故かトム・エリクソンが。ていうか、これってハンマーハウスとrAwの融合? そりゃぁ負けるわけにはいかんわなぁ、大父も。言っちゃ悪いけど対戦相手よりもセコンドのほうがよっぽど怖そうなんだもん。

▼第5試合(四点立ちの相手への後頭部打撃禁止ルール)
×ヒース・ヒーリング(3R 判定 3−0)ビクト−・ベウフォート○
(アメリカ)               (ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

 ヒーリングはメッチャ強い。
 なんせADCC無差別級三位のビクトー相手にテイクダウンを取られても下から簡単にひっくり返したりするんだから強い。

 が、ビクトーにだって意地がある。なんせビクトーというくらいだからな。ビクトーだからなんだと言われたら返答に困るが。
 2Rに粘り強いタックルでテイクダウンを奪いかけ、慌てたヒーリングにロープを掴ませて減点させたり、3Rめにも踏ん張って上のポジションをキープしてた。

 けど、判定は体重差と減点を考慮しても「ドロー」がいいとこじゃないかぁ?

 買収されたか審判員? 西よ、小林よ、三宅よ! しかし、前二者はともかく、少なくとも三宅はお金にはまったく困ってないはずなので、その線は薄いか。

 ところで、ヒーリングについて。
 誰も言っていないと思うので、この場を借りて提案するが、なるべく早いうちにドリー・ファンクJrに師事したほうがいい。というか、手前がDSEの人間だったら絶対に森下社長にそう提言する。せっかくのテキサス出身なんだから、猪木・アリ状態でスピニング・トー・ホールドを出すふりをすれば客は絶対大喜びするし、ヒーリング自身のキャラも立つ。いいことづくめだと思うんだが。

▼休憩

 十五分のトイレタイム。ご丁寧にも「17:45より再開いたします」というアナウンスが入る。なんだか「20:50に試合が終わる金八ワールドプロレスリング」みたいだな。と、イヤミの一つも言ってやろうかと思ったが、誰に言えばいいのかわからないので黙ってトイレに行く。

▼休憩明け

 オープニングセレモニーが始まる前同様、リングの四方が巨大な布に取り囲まれていた。
 ははーん、てことはアレだな、こん中に誰か入ってるんだな? でもそれは猪木じゃぁないはずだ。そうじゃないとPRIDEで一番盛り上がる「猪木の入場」を割愛してしまうことになるからな。まして思慮の浅い観客は「あの中に猪木が入ってるのかなー?」などと程度の低い予想をするだろうから、DSEだってその裏をかくくらいのことはするだろう。
 ということは、あの中に入っているのは意外な人物。それも皆が皆「そうくるかー?」と思うえあろう人物に違いない。というわけで、手前の予想はプリンセス・テンコー、対抗に馬場元子社長、ということだったんだが、結局出てきたのは桜庭和志。ちょっと手前の予想は奇をてらいすぎたようだ。

桜庭「元気ですよぉぉっー! 元気になったので練習を再開しました!」

 続いて、「炎のファイター」が流れ、猪木プロデューサーが入場。場内大熱狂。やはり、この人が出てくる瞬間が一番盛り上がるようだ。

猪木「元気ですかー! 元気があれば何でも出来る! 元気があれば明日がみえる! 元気があれば高いPRIDEの切符も買える! 今日はどうもアリガトー!」

 その後、いつものように「ダー」でシメ

 長くなるので詳しく書くのはまた別の機会に譲るが、この日、手前の中で「猪木」という存在に一つの区切りがついた。

 猪木信者の人に問いたい。いまの猪木を、貴兄は本当に受け入れてるんですか?

▼第6試合
×小路晃(3R3分18秒 レフェリーストップ)ダン・ヘンダーソン○
(日本)                  (アメリカ/チーム・クエスト)

 小路の入場のとき、場内は大声援に包まれる。何故だ? まさか、今のPRIDEは小路ですらここまで人気者にしてしまうほど勢いがあるということなのか?

 その小路、1Rにテイクダウンを奪って強引にパスしようとしたり、ハヤブサばりの「その場飛びムーンサルトプレス」を繰り出す素振りを見せたりるが、良かったのはそこまで。それ以降はヘンダーソンの上手さに完封される。

 まぁ、喧嘩別れしたばかりの西先生の目の前で凄い試合をやれって言われても、そりゃぁ厳しいもんがあるよな。

▼第7試合
○ヴァンダレイ・シウバ(1R0分30秒 レフェリーストップ)大山峻護×
(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)          (日本)

 大山はいい表情をしてた。もともとのマスクが、まず良い。入場してくるときの気合の入りようも良い。ゴング前にシウバを睨み付ける、その表情なんか言うこと無し。あれだけ怖い表情ができる人をガス屋の兄ちゃんにしとくのは確かに勿体無い。DSEはいい選手を見つけてきたと思う。秒殺されたけど。まぁ良かったんじゃないかな? 総合格闘技は勝つにしろ負けるにしろ、スッキリした決着のほうが見てる側も感情移入しやすいからね。

▼インターミッション

 ニュートン、コールマン、ランデルマンが登場。

コールマン「次回のPRIDEに参戦します 私こそがチャンピオンです 挑戦してくる選手を待ちます」

ランデルマン「世界で一番素晴らしい日本のファンの皆様の前で試合が出来ることを楽しみにしています 我々ハンマーハウスの実力をお見せしたいです」

ニュートン「コンバンワ ニホンノファンノミナサン ワタシヲ オウエンシテクレテ アリガト ミナサンノ オカゲデ UFCノ チャンピオンニナレマシタ コレカラモ ガンバリマスヨー マタ オウエンシテクダサイ シツレイシマース」

 特にたいした感想は無いが、なんとなく、この日に登場した外人選手の中では、この三人が一番六本木が似合いそうな気がした。というか、ランデルマンなんかあからさまに試合のことそっちのけで「マークが『トッテモハッピー!』と言ってたロポンギロポンギ……ウウ、早くイキタイネー」とか考えてたはず。実際、そういう顔をしてたように見えたし。いや、違ったら申し訳ないとしか言いようが無いんだけど。

▼セミファイナル
○イゴール・ボブチャンチン(1R1分52秒 チョークスリーパー)ギルバート・アイブル×
(ウクライナ)                        (オランダ)

 試合後、アイブルは「こんな馬鹿げた話があるかい?」と言っていたが、まったくもって同感。

 コンプリートファイター・ボブチャンチンの姿なんて誰も見たいとは思ってねぇです。

 手前の中でボブチャンチン株が急暴落した。

▼入場者数の発表

 メインが始まる前にアナウンサーが入場者数を発表。「15362人 超満員」とのこと。この時とかこの時ほどじゃないにしろ、超満員は本当。しかし、手前もプロレスファンだから水増しするのは別に構わないけど、下三桁はどうやって決めたのかという疑問は残る。もっとも答えを知ったところでどうなるものでもないとは思うが。

▼メインイベント
○藤田和之(2R2分18秒 肩固め〜レフェリーストップ)高山善廣×
(日本/猪木事務所)                 (日本)

 凄まじい試合だった。

 この試合には「つけられたキャッチコピー」の数がとにかく多い。
「怪獣対決」
「新日本プロレスvsプロレスリング・ノア」
「史上初、日本人プロレスラー同士によるシュートマッチ」
「”最後の猪木イズム継承者”と”馬場の最後のお気に入り”による代理戦争」・・・etc

 しかし、そうやって幾十にも張り巡らされた装飾品の中から出てきた二人は、あまりに素朴で、あまりに等身大だった。

 高山はいつもとは違うテーマ曲を使うことで「ノーフィアー」を背負わなかった。
 藤田は「格闘家として、プロレスラー・高山を潰す」と宣言することで、「幻想」ではなく「等身大」の場に降りてきた先輩プロレスラー、高山へのリスペクトを見せた。

 二人の姿は等身大のままだったが、放つ輝きはあまりに眩しかった。

 リングの上に立つ者が観客に見せなければならないもの、それは「生き様」だ。プロレスだろうが格闘技だろうが、それは変わらない。高山が試合前に口にした、そして小川直也が常々口にする「オレにとってはプロレスも格闘技も同じもの」という言葉は、そういう考えを現わしているのだろう。

 しかし、どんな名選手でも一つの試合で自分の「生き様」のすべてを見せられるわけがない。だから、限られた時間の中で見せることのできた「生き様の量」を競うのが、プロレスであり、格闘技だ。

 二人の試合は、まさしくそういう闘いだった。

 自分の打撃に真正面から立ち向かい、振り下ろす膝を頭部に食らっても心が折れない高山に、藤田は敬意を表して肩固めで「落としてあげた」。

 闘いが終わればノーサイド。
 生き様の量を競い合った二人は、お互いの「人生」に大量の汗で乾杯した。

 本来、最後にくるはずの総括を本稿の最初に持ってきたのは、この観戦記で伝えたかったのが「PRIDE14という興行」ではなく、「藤田vs高山という試合」だったからだ。この試合で、満腹の読後感を味わって欲しかったからなんだ。

 かくして、高山は「試合」に敗れた。見せつけた生き様の量は互角でも、シュートな実力では圧倒的な差があった。

 しかし、高山の闘いぶりは立派だった。NOAHファンとしても、恥ずかしくない。恥ずかしいはずがない。たまたまガチンコの力量で敗れただけだ。悔しくない。悔しいはずがない。だから、「シュートで完敗」という事実を受け入れよう。高山を応援した者の、NOAHファンの務めとして。

 そう思った瞬間、目の奥に大量の涙が溜まった。

 やっぱり、高山に勝って欲しかった。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ