5.13Jd大阪NGKスタジオ大会
■団体:Jd’
■日時:2001年5月13日
■会場:大阪NGKスタジオ
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚
ガイア行った時に割引券もらったので行って来ました。
アストレス目当てっぽいお客さんが多いかな。

ファングは映画の撮影、薮下、SAYA、高橋洋子は負傷欠場。

開始前
山の手線選手権
西千明 vs ドレイク森松
森松は登場すると「気が変わったから辞退する、どうしてもやりたかったらトミー蘭とでもやれ」
トミーなんとか森松に挑戦させようとするが西、「トミー、逃げるのか」
と言う事で挑戦者はトミー蘭に変更。
レフェリーはおばっち。
チャンピオン権限で西は後攻選択。
1本目「車の名前」メルセデスベンツはベンツと同じだろうと言うアピールが有効とされトミーの勝ち。
2本目「頭に「と」のつく名前」西の勝ち。
3本目「全女55年組の名前」卑怯なテーマ選択によりトミーが王座を奪う(トミーはHHHに続き2本目のベルト)。
「返さないよ!」と大人気ないトミーに西が再戦を申し込むと山本がエプロンに上がり挑戦をアピール。
次の北沢大会(17日)で挑戦者決定戦が行われる事が決定。
西「誰の挑戦でも受ける!」
トミーは喜び過ぎて次の仕事をトチりかけました。

練習生2人(松尾と富松)によるスパーリング(3分間)
お互い背中合わせで座った状態からレスリングを競う。
終始、上を取っていた松尾が終了直前フォール(3カウント)を奪う。
こういうのが見せられると言うのはちゃんと練習してるからやね。

入場セレモニーで正規軍と卯木代表が挨拶。
で、帰る時に場内暗転、LIMP BISKITの"rollin"が鳴り響きスーパーテラーズ乱入。
照明がつくと阿部が卯木代表にバケツで水を!さらにスパゲッティの束ねたやつみたいなので殴打。

第1試合10分1本勝負
柏田千秋 vs 賀川照子
アストレス対決。
大形選手にありがちな受けのどんくささはあるが柏田のガタイは素晴らしい。
最後はお互いスタミナ切れの中、柏田の勝ち(ボディースラム、6'33'')。

第2試合10分1本勝負
大森彩乃 vs 西千明
時間切れ引き分け。
まあ急に決まったしお互い難しいでしょう。
スタミナでは西の勝ちだがお客さんは西の方がどんくさく見えたでしょうね。
初めて見たがアストレスってのは普通ならレスラーになろうとは思わないような人をレスラーにしてしまおうって企画なんかな?
ストーリーに絡める事が出来ないってのは興行全体を考えるときついかも。

第3試合15分1本勝負
武藤裕代 vs 山本千歳
山本、必死に食らいつくが武藤の大きさに全て返される。
最後は武藤のM(エム)ボム(一旦、右肩に担ぎ上げてからボムで落とす技)が決まる(6'06'')。
武藤の水平チョップの説得力が増しました(ドスンと音がする)。

第4試合15分1本勝負
ドレイク森松 vs おばっち飯塚
おばっちはビニールバットと手ぬぐいでドコイク飯塚に変身。
森松のお母さんが来ていると言う事で、いきなりストッキング攻撃をくり出す森松。
おばっちもいつもより長い目のロープ渡りでサービス。
ゴム紐を着けたタワシ攻撃などもくり出すが最後はおばっちドロップをパクられて終わり(12'54'')。

第5試合60分3本勝負
ザ・ブラディー、阿部幸江、KAZUKI vs 坂井澄江、乱丸、月丸
1本目
いきなりの場外戦は場外ダイブの誤爆を誘い正規軍が優勢に。
阿部を捕まえる展開が続くが阿部の簀の子、ブラディーのピンクのゲバ棒攻撃で坂井が流血、流れが変わる。
ブラディーの雪崩式ドラゴンSPで坂井から(10'08'')。
とオフィシャルに書いてあったが私にはブラディーEXの様に腕を持って後ろに投げたように見えました。
2本目
1本目はあまり出てなかったKAZUKIが今度は出ずっぱり。
坂井がグロッキー状態なのとセコンド陣の介入、月丸のマスクが剥がされかけるのもあってなかなか決められないが、最後は月丸が月夜スープレックス(変型のノーザンライトSPみたいなの)でKAZUKIから(9'32'')。
3本目
えーと、お互いのセコンド陣がごちゃごちゃやって乱戦気味の中、KAZUKIが月丸を雪崩式水車落しで沈め、2本先取でスーパーテラーズの勝利
(1'46'')。
終始、場外乱闘が行われていた訳ですがフィニッシュを見逃す事はなく、うまい事やってました。
ブラディーが武藤の首にかかった短か目のタオルが気に入ったのか、それを持って引きずり回してたのが印象に残りました。

試合後、ブラディーがタッグタイトル戦(27日ディファ)で忍者軍団のマスクを剥いでやるとアピールすると乱闘開始。
最近はこういう乱闘で終わるってのが流行ってるんかな。
乱丸のタイトル戦へ向けてのマイクでお終い。

今回の軍団再編は個人的にはいいと思います。
それぞれの個性がより出やすくなっている。
展開の早さに戸惑っている人もいるみたいですがしばらくはコレで落ち着くでしょう。
今回は乱戦気味だったのでレポートしきれないのですがお客さんも満足してるみたいでした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ