興行のつなげ方。
■団体:闘龍門
■日時:2001年5月12日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

そういえば、ホールに昇ってくるエレベーターに松井大二郎がいたんですけど…。
誰も気付いてなかった(笑)闘龍門の客層は異質だからかな。
席に座ると測ったかのように…「GWD」が流れる。元々は神田のテーマ曲なんだけど、
これを聞くと「あぁ〜、M2Kだぁ〜」っていう感じがしちゃう。これって…罠にはまってるのかな。

「9番 望月成晃 この間のエル・ヌメロ・ウノで優勝しました。」と笑いを誘う。
週プロでの岡村社長批判に激怒した社長が出てきて「今ここでやったろうやないの!」
ここでもう一人クレームがある人がいる。と、サスケのテーマ曲がかかる。
サスケ登場か!?と思いきや出てきたのはテッド・タナベ。
何でも、モッチーがかってにやっていたM2Kの面々との英連邦ジュニアヘビーのタイトルマッチは認められず、
イギリスの方からクレームが来て、王座剥奪と…。どこかであったような…!?(笑)
その後…C-MAX、正規軍と入り乱れ、メインのタッグマッチが英連邦ジュニアヘビー級王座決定戦となる。
今宵は何だか短め…と思ったけど、けっこう長いぢゃん。短く感じるほど面白かったという事か。
にしても…SUWAのいないC-MAXって油揚げの入ってないきつねうどんみたい。
何だかいまいちのれない(笑)SUWAがいる事で、まだC−MAXはルードとして認められてるっていう部分があるんだと。
まぁ、MCと試合とではまた意味合いが違ってくるんだろうけど。

そういえば今日の当日券は完売。入ったら立ち見がわんさか。場内もわんさか。
いつも以上に満員御礼。これが平日と土日の差なのね…。



第1試合 SUWA&TARUvsSAITO&堀口元気

何だか…今日のSUWAはいつも以上に斬れてるな。(いっちゃってるという意味ではなくて。)
逆水平ひとつを取ってみても、一発一発がいつもと違う(感じがしただけ?それとも音響の効果?(笑))
相手がSAITOだからというのもあるかもしれない。SAITOのバンプは一級品。
だいたいどんな選手でも、SAITOと絡めばめちゃくちゃ強く見えてしまう。その職人芸を生かせてないんだよな。
それが校長に与えられたポジションだ。と言われてしまえばそれまでですけど。
SUWAはCIMAとの対立アングルの効果なのか、物凄い注目度。
ジョン・ウーにしても、トップロープに立ったSAITOへのドロップキックにしてもきれてる。
いつも通りのムーブもあるけど、すべてがすべていつも通りってわけじゃないんですよね。
だから、見る人も飽きないんだろうし、素晴らしいって言うんでしょう。
最後は、ヨシタニックをかわしFFFを決めたSUWAのフォール勝ち。SUWA…めさ良い選手だわ。

○SUWA(10分32秒 体固め※FFF)×SAITO



第2試合 ストーカー市川vs X

イノキボンバイエが鳴り出す。
ストーカー白覆面で入場。アゴの部分にはつめものが…。迷レフェリーテッドとの掛け合い(笑)も一通り済ませX入場。
鳴り出したテーマは…!?カブキのテーマ。そういえば、この前試合に出てたな(笑)
水道橋だし、軽いバイト的なノリだったのかな。
あまり見せられる身体ではないのか、上に着ている胴衣は脱がず。
そして…ストーカーの世界にはあまり付き合わず。毒霧噴射で、悶絶させる(笑)ここでSTOP。
ホントにバイトだったようだ(笑)
試合後、TARUが入ってきてライバル宣言(?)名勝負の始まりであるTARUさんとの試合で原点回帰か?

○カブキ(4分11秒 レフェリーストップ※毒霧)×ストーカー



第3試合 ダークネス・ドラゴン&望月享vsドラゴン・キッド&新井健一郎

キッドvsクネスの因縁、新健とモチススのNWAウェルターの前哨戦。二つの因縁をタッグとして消化させる。
と言ってしまっては勿体無い程の好カード。特にモチススには大注目。ソレガシの一押し選手。
M2Kの名バイプレーヤー。ホントにバイって噂もあるけど…(笑)
クネス、モチススの連係が良過ぎて、キッド、新腱共にかすんで見えてしまう。
キッドもワンパターン化を危惧したのか、新腱に担がれてからのデジャヴュ。
最初に出したロザリオだけでも凄いのに…。しかしながら、単発なのて流れを途切れさせてしまう。
それをうまく繋げるクネス&モチスス。セルフサービスボム(仲間内でパワーボムを成立させてしまう)などで沸かす。
20分近くやってたのに10分ぐらいにしか感じさせないハイスパートな攻防。
キッドがモチススにウルトラ・ウラカンを決め、ワン・ツー・といった瞬間、絶妙なタイミングでクネスがキッドのマスクを剥がす。
それを返したモチススがキッドから3カウント。と思いきや、その前のマスクを引っぺがしたクネスの反則負け。
M2Kってもっと賛美されるべきだよなぁ(笑)M2Kがいなくなったら闘龍門は、リンピオしかいなくなっちゃうぞ。
ってな訳でM2K最高!!でも…あの恥ずかしいTシャツは買えません…ごめんなさい。

○キッド(19分09秒 反則勝ち※マスクを剥いだ為)×クネス



第4試合 ビッグ・フジvs斎藤了

もうちょっと引っ張るのかと思った(笑)展開が早いのが闘龍門の良いところか。
この試合にかける意気込みを、初っ端の三角飛びプランチャで示す斎藤。
フィッシャーマンや、サイクリングヤッホーでフジを追い詰めるも、まだ格の違いを感じさせられる。
フジのジャーマン、ノドワ、パワーボムを耐え一瞬の隙をついた変形スモールパッケージのような技メッセンジャーでピン。
見事、自転車を取り戻し、会場内爆発。

試合後のマイク、「ボクは最初は藤井さんの事が嫌いでした。けど、抗争をしていくうちに好きになってしまいましたぁ〜」
(かなり曖昧な記憶なのでだいたい)ということで、斎藤がタッグ結成を呼びかける。
まぁ…ありがちなパターンだけど、アクセントをちょっと加えただけでこんなにも違った印象を受けてしまうのね。
それいんしても、自転車に乗った斎藤の表情は何とも言えないほど良い表情してたなぁ…。

○斎藤(12分01秒 メッセンジャー)×フジ



第5試合 CIMA&マグナムTOKYOvs望月成晃&神田裕之

闘龍門のルード(ちょっと嘘)とリンピオが合体。とまぁ、どこぞのマンガに出てきそうな感じではあるが…。
この4人だと神田が1枚も2枚も落ちてしまう(存在感という意味で)
CIMA,マグナムの連係は良かったり、悪かったり。ダブルドロップキック、ダブルトペ。
パーフェクトドライバーとバイアグラドライバーの競演。としっかり見せるところは見せる。
しかし途中でCIMAがマグナムを見捨てローンバトルを強いられる。
神田の下克上エルボー(モッチーのカット付き(ベルトベルトがかかってるのでフォールは自分で取る。と))
モッチーのツイスターで、マグナムピン負け。
こうなると注目はCIMAとSUWAの関係。試合直後にSUWAが乱入しCIMAと小競り合い。
SUWAがCIMAにボディスラム。マグナムにはFFF。おぉ?M2K入りか?何て思ったソレガシはバカでした。
CIMAとがっちり握手と交わし元さやに。神戸ワールドのメインはCIMAvsSUWAだと思ってたのにな…(笑)
是により、神戸ワールドのメインはモッチーの英連邦タイトルマッチに決定。
次回、後楽園にてCIMAvsマグナムによる挑戦者決定戦。
王者モッチーは岡村社長との遺恨マッチ。社長、川崎オンリーはやめたんですね。
そういえば、モッチーまた白さに磨きがかかってたけど…日焼けやめたのかな?

○望成(13分33秒 体固め※ツイスター)×マグナム


闘龍門の初期黄金カードで次回も安泰だろうな…。
こうなってくるともっと楽しみなのは神戸ワールドが終わった後どういう展開になっていくのか。
T2Pはいつ日本上陸するのか?(大柳二等兵見たい…。)
見所は耐えない…。これからももっと楽しく面白い展開を期待してます。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ