勝田歴史的な勝利でライト級のトップに踊り出る修斗5/1後楽園大会
■団体:修斗
■日時:2001年5月1日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 当初出場が予定されていた植松は腸の病気(ウイルス性急性腸炎)で、バレットは契約上の事情(エンセン譲りか?)欠場。
井上正也 vs 辻 嘉一は辻の負傷欠場により中止。

 というわけで目玉カードが相次いで中止になり公式戦自体は3試合しかやらないという異常事態 プロレスなら暴動起きてもおかしくない状況の中での興行。

 当然入り口では、払い戻しも受付けている状況何人か並んでいた。しかし結局ふたを開けると8〜9割の入り
修斗のファンはおとなしい。主催者にとってはこんなにありがたい客はいないだろう。

第1試合 ウェルター級 5分2R
△村濱天晴(日本/WILD PHOENIX) vs トニコ・ジュニオール△(ブラジル/ワールド・ファイト・センター)
(2R 判定ドロー)

 芸人魂村浜は、弟の八面六臂の活躍に刺激を受け、やる気みなぎって登場
序盤に、奇声と共に橋本ばりの水面ゲリを敢行するも失敗し、ジュニオールにパンチの連打(アッパー)食らい
四つんばいで動けず。かなりのダメージあるも何とかテイクダウンを奪い体制を立て直す。
 しかしここで流血。ラウンド終了までインサイドからのパンチ状況で終了

 2R再び村浜テイクダウン、インサイドからパンチ連打。しかしそこからの別な展開に行くことができず
下からジュニオールも村浜へ仕掛けていくしかし無念の時間切れ 18-18 18-18 18-17ジュニオールの 
1-0でドロー


エキシビジョン 3分1R
 佐藤ルミナ(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY) vs 勝村周一郎 (日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)

 急遽やることになったといわれるこのカード、まさに木口道場ファミリーのファン感謝デイの雰囲気
フリータップルールのこのエキシビジョン 寝技は(一応)ガチンコ 打撃はご愛嬌とのこと
ルミナは久々のお披露目(コンバットには出ていたが)

アンクル、腕十字でルミナが二本奪取。終了後、8月26日大阪府立体育館での興行にてルミナの試合が
組まれることに・・・・・
ルミナ「(闘いたい相手は?)宇野クンにしか興味が無いんで……」
しかし宇野クンはルミナにまったく興味ないだろうなぁ・・・・・・


三島ド☆根性ノ助インタビュー(やっと花粉症から脱した模様)
「原チャリで自転車にオカマを掘っちゃいまして、慰謝料が大変なので試合で稼いで払いたい」
「大阪ではチャンピオンシップ(マッハに向けしゃべってた??五味との決定戦)を希望」と相変わらず芸人魂爆発のインタビュー

マッハも受けてもいいよ(いつでもどこでも誰とでも)という感じの相変わらずマヌケな(一部では好評な)
受け答え。


第2試合 柔術マッチ 3分エキシビジョン
 中井祐樹(日本/パレストラ東京) vs 中山巧 (日本/パレストラ東京)

 お詫びの第2弾今度は中井の登場。Helter-Skelter久々に聞きました。
 先日のコパパレストラに見に来ようとした女性客が、レッサーパンダの帽子をかぶった謎の男に馬乗りで刺された
痛ましい事件に対し、黙祷をささげた。

送り襟締めとアームロックで中井が二本奪取 中山はギをまったく使わないんだからかなうわけなし。
中井をオーバーさせるだけになってしまった感じ まあ黒帯なんだから当然なんだが・・・・


第3試合 引退記念エキシビションマッチ 3分1R
 大河内 衛(日本/GUTSMAN・修斗道場) vs 朝日 昇 (日本/PUREBRED大宮)

すっかりコンバットレスリングでの蝶ネクタイ姿が板についてきた大河内だが今日で最後なのでマジメに試合に
臨む。相手の朝日も、打撃こそ出さないものいい感じで攻め立てる。
 終了後セレモニー〜胴上げ〜テンカウントゴングで涙 いい指導者になって欲しい。本当にお疲れ様でした


第4試合 ライト級 5分3R
○戸井田カツヤ(日本/慧舟會)vs オズマール・ディアス・フェルナンデス×(シュート・ボクセ)

(1R0分37秒 腕ひしぎ逆十字)

 例により白衣で、表情一つ変えず入場の戸井田、今日はバレットとの大勝負期待してきたのに・・・・・
セコンド宇野の指示にも耳を貸さずテイクダウン〜ハーフガード〜パス〜キッチリと十字を決めて見込み一本
お見事!
相手は、グラウンドの技術追いつきませんでした。


セミファイナル 85.0kg契約 5分3R
△郷野聡寛(日本/TEAM GRABAKA) vs ムリーロ・ニンジャ△(ブラジル/シュート・ボクセ)
(3R 判定ドロー )

 セコンドには菊田らグラバカ勢。打撃の強いニンジャ 特にパンチのプレッシャーが強く郷野をてこずらせる
しかし途中から(寝技の切り替し)形勢逆転 寝技で上を取り、郷野が優勢に進めようとするも決定打には至ら
ずそれだけニンジャが上手かった。(判定1-0 29-29 29-29 30-29郷野)

 郷野それなりに満足した様子ではあった(やることはやった)という感じの印象だったが、先回修斗一本で飯
が食えるようになりたいといったのは、偽りだったのか??というようなアグレッシブさに欠けた展開。

 もう修斗には見切りつけたのかなぁという印象。新天地で飛躍を願いたいものだ。そして格闘技で飯を食うこ
とが勝利のみではないことを、少しは自覚してやってもらいたい。

 
メインイベント ライト級 5分3R
×アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ(ブラジル/ワールド・ファイト・センター)
vs
勝田哲夫○(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)
(3R 判定 )

 先輩である巽のマークを背にガウンで登場の勝田、CS放送のサムライの事前インタビューでは
今ひとつ気合が感じられなかったので心配をしていたが・・・・対するノゲイラはいつもの表情でいつもどおり入場。

(1R)
 ゴングと同時に、パンチを警戒し離れて恐る恐る間合いを詰める勝田。やはり朝日・巽・大石と切ってきた
ノゲイラの凄さにチョット押されているのか??
 しかしあえて危険なタックルに行く勝田そしてテイクダウン。得意のインサイドの状況に・・怖いのは
チョークのみ。上からパンチ打ち下ろす勝田セコンドからも威勢のいい掛け声が出る。いまのところはOK!
ノゲイラも脚をクロスガードのままチョークを出すチャンスをうかがい腕取り等でけん制する。

(2R)
 再びテイクダウンする勝田に、ついにギロチン炸裂!!しかし入りが浅い!!お客さんはもの凄く沸いたが
勝田半分余裕ではずした感じ(贔屓目に見てます)、お客さんは大熱狂!これで自信付いたと見え、インサイド
パンチをノゲイラに炸裂させる。
 こんなに強いのかと驚くノゲイラ陣営。ノゲイラも不安そうにどうしたらいいんだと言わんばかりに自軍
セコンドをちらりと見る場面も・・・これでますます勝田有利に・・・まさか勝っちゃうのか?

(3R)
 ポイントでも負けていることを理解しているノゲイラは、自分からタックルに来る。片足に組み付いたら離さずについにテイクダウン!!
 セコンドからはパスしろと指示が出る。そこでノゲイラ次の作戦に出る・・・
パスする間際に、勝田が返そうとして顔を上げたところをギロチン!! 凄い手ダァ〜〜〜〜〜〜

 完全にきまってる〜〜〜万事休すかと思われたが、奇跡と思えるような驚異的な粘りではずしてしまう勝田!!
驚きましたね、絶対ダメだと思ったけど・・・この展開は修斗の歴史に残るね。

 インサイドを取り返した、勝田は再び顔面にパンチを連打。ギロチンダメなのかと弱気になったノゲイラ
オープンガードに切り替えリバーサルする。 ピンチ勝田・・・・だがもう時間なし 

 観衆の声を背に受け大大勝田コールのまま終了のゴング!!!!!!!  やったぁ〜〜〜〜〜〜〜

歴史的大勝利! あのノゲイラを完封!!再三にわたるギロチンチョーク狙いを根性で凌ぎ、
実際危ないところも二度ほどあったがインサイドからのパンチ連打でノゲイラの戦意を喪失させる場面もあり
満点!!

年間最優秀試合どころか修斗の歴史に残るんではないかというような、素晴らしい攻防でした。
チャンピオンシップ戦が組まれることは間違いないでしょう。

こうやって荒削りな勝田が、経験を積んでハートも強くなれば世界有数の選手になってもおかしくないだろう。
のぼせ上がらなければなんだが・・・・その辺は先輩たちがアドバイスして欲しい。

 ルミナや巽が頭では分かっている攻防(戦い方を)若い勝田が現実のものとしてしまったことに、修斗の歴史
の凄さと、選手のたゆまぬ努力研究の成果が垣間見られたような気がする。こういう選手がいるうちは修斗も
安泰だろう・・・がゆえに大事にしてやって欲しいのは私だけではあるまい・・・・・


 見事な試合でした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ