奇跡?の大金星に場内大興奮!5/1修斗後楽園ホール観戦記
■団体:修斗
■日時:2001年5月1日
■会場:後楽園ホール
■書き手:雅

豪華なカードにチケットが売れまくった今回だけど2試合がキャンセルに・・・
井上正也 vs 辻 嘉一の試合が無くなり、バレット、植松も欠場・・・
お互い相手のいなくなった戸井田、オズマールが対戦する事に。

しかし平日の夕方6時開始ってのは厳しい。横浜からだから仕事を5時速攻で何とか間に合う時間帯。
20分くらい押してくれたから余裕で間に合ったけど(笑)会場は満席と言ってもいい入りでした。ただ、立見席がいつもより寂しい感じ。
いつも通り全選手入場後、桜田会長からの挨拶とお詫び。結局公式戦は4試合だけだからね(^^;

第一試合 ウェルター級 5分2R
△村濱天晴(判定0-0 18-18.18-18.18-18)トニコ・ジュニオール

開始直後「キェー」叫びと水面蹴り?(席の場所が悪くてよく見えなかった)を狙うがジュニオールのパンチが思い切りヒットし四つん這いになり動きが鈍る。そこへ容赦ないパンチの連打を食らい何とか立ち上がるが首相撲から膝をぶち込まれダウン!
カウント9で何とか立ち上がるがフラついて今にも倒れそう・・・。村濱は何とかテイクダウンを奪うとインサイドから立ち上がりジャイスイを狙うも体の動きも鈍く、下からヘンゾキックを食らい失敗。残り少ない時間を上になり攻めるが序盤の攻撃で流血!
2R、すぐさまテイクダウンを奪うと上から殴りまくり。ジュニオールは下からの仕掛けが何も出来ないようで、ただただ殴られるばかり・・・。
1Rの後半と2Rの殴りまくりで何とかポイントを取り返しドローにまで持ち込んだ。最初からタックルで寝かしておけば後半グラウンドでもう少し冒険が出来たんだろうけど、開始早々に食らった攻撃が痛かった。

今回は芸人魂が大きく裏目に出てたな。クラスBの人気者で終わってしまう実力ではないと思うので、時には勝ちにこだわった手堅い戦い方でも俺はいいと思うんだけど・・・。

エキシビジョン3分1R
佐藤ルミナ vs 勝村周一郎

フリータップルールのエキシビジョンマッチだが寝技はガチンコとのアナウンス。
打撃は軽く触る程度だがグラウンドでは両者素早い攻防やセコンドの軽いボケで会場暖まる。
ま、ルミナじゃなかったらどーなの?と言われたら返す言葉はないんだが。

その後、マッハ、三島両選手がリングに上がり、近況報告とTシャツのプレゼント。
くじ引きは段取り悪く、ちゃんとやってくれよという感じ。
三島選手は原付で自転車にカマ掘って相手に怪我を負わせたとかでお金に困っているとか(笑)
8月に大阪で予定されている試合でタイトルマッチをやりたいとマイクでアピール。マッハはいつ誰とどこででも戦うと猪木的コメント。

第3試合 柔術マッチ 3分エキシビジョン
中井祐樹 vs 中山巧
送襟絞めと腕固めで2本取り、ポジション取りやスイープなどでポイントも取りまくり。
階級は違いますが実力の違いが帯の色を見ずとも一目瞭然。あまり柔術は詳しくないんだけど動きのある試合で楽しめた。

第3試合 引退記念エキシビションマッチ 3分1R
大河内 衛 vs 朝日 昇
勝敗無しのエキシビジョンの後は引退式。道場の仲間や練習を共にしてきた以前の仲間などがリングに集まり胴上げ。最後は大河内さん涙の10カウントゴング。お疲れ様でした。

10分(以上あったな多分)の休憩後に3月の月間MVPなどの発表。
月間MVPにマモル、月間ベストバウトにはライアンvs八隅。
リング上に上がったライアン。8月の大阪でルミナと戦いたいと坂本Pにお願い。

第4試合 ライト級 5分3R
○戸井田カツヤ(1R0:37 腕ひしぎ十字固め)オズマール・ディアス・フェルナンデス×
今回も白衣?で入場の戸井田選手。バレット戦を滅茶苦茶楽しみにしていただけに残念。
開始早々に組み付き、外掛けでテイクダウンしハーフで押さえ込む。そのまま簡単にパスしてサイド取ると腕十字で見込み一本!
オズマールはチョット不服そうな顔をしていたが完全に腕が伸びていたから仕方ないね。どんな選手かもう少し見てみたいなとは思ったけど。

打撃系の相手だけにどーなることかと心配だったが相手の得意分野に一切付き合わず開始からすぐに自分のフィールドに引きずり込み見事秒殺!次戦は流れたバレット戦を強く希望!

セミファイナル 85.0kg契約 5分3R
△郷野聡寛(判定1-0 29-29.29-29.30-29)ムリーロ・ニンジャ△
島袋も好きだが真鍋かをりが一番好きな郷野は島袋の曲で入場。
相手のニンジャはメッカVTで活躍しているシュートボクセの選手。こないだ桜庭選手をKOしたシウバと同門。

序盤にニンジャにマウント許すなど寝ても結構強いニンジャ。下になってもなかなか守りが堅く郷野攻めあぐねる。
後半に足を取りかける郷野だったが徐々に失速しお互い極めきれず試合終了。

ニンジャは打撃の圧力もなかなか強く、寝ても決定的なミスは犯さず上を取る場面も多く見られた。また見たい選手。
一方の郷野はかなり落ち込んだ様子でトボトボと引き上げていった・・・・大丈夫かな?

メインイベント ライト級 5分3R
●アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ(判定2-0 28-30.27-30.29-29)勝田哲夫○
1R、打撃の勢いでそのまま上を取る勝田。バレット戦同様にインサイドからパンチを打つ。セコンドから「アムロ、ギロチン気をつけろ!」の指示が飛びまくる。下からの攻めに注意しながら鋭いパンチをコツコツ。上になったままラウンド終了。
2R、遂に出た!ノゲイラのギロチンが勝田を捕らえる!結構がっちり入っているようでなかなか頭が抜けないが、なんとか脱出すると場内大歓声!勝ったような喜びよう(笑)で、インサイドから再びパンチの連打。ノゲイラはギロチンで結構消耗したらしく勝田の連打がバコバコ入る。
3R、再び出た!勝田をがぶった状態から変形のギロチンに捕らえる!これまたガッチリ入り勝田苦しそう。が、再び脱出し場内大歓声!勝ったような喜びよう(笑)そして再び上を取るとインサイドからパンチの連打。ガードのノゲイラは防戦一方。試合終了間際に上を取ったノゲイラだったが時既に遅し。試合終了のゴングと共に場内は大歓声に包まれた。

2度のピンチを何とか凌ぎ、試合を有利に進めた勝田の大金星!試合中勝田コールが起こるなど大いに盛り上がったメインイベントだった。見事なゲームプランで勝利した勝田だけども彼のスタイルが今後も支持されるかどうかは疑問。相手と状況によるんだよねこーいうスタイルって。王者のノゲイラだからってのも大きく影響しているよね。
まあ選手それぞれ色んなスタイルがあるから非難はしないけど俺はあんまし好きじゃないスタイル。そして同門の植松選手の立場は・・・。

公式戦が減った分、上位選手達の露出でなんとか埋め合わせたという感じ。俺的には十分楽しめたんだけども、始めてみる人や修斗にあんまし詳しくない人等にはチョットキツイんじゃないかなあと。
メインもハッピーエンドで終わったし満足して帰った観客の方が多かったとは思うんだけど、修斗の興行として考えると小さい「?」マークが付くかなと。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ