4・26CLUB ATOM ReMixイベントSHINOKI祭
■団体:SHINOKI祭り
■日時:2001年4月26日
■会場:clubATOM
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2001.4.26club atom (東京渋谷のとあるラブホテル街の一角にあるイベント会場)

有料入場者は40名位か? いつものDDTレギュラーのお客もちらほら
関係者等入れ80〜90名に少し欠ける位か・・・・

 元JWP失速の原因の張本人ヤマモ山本さん司会によるトークショウ
高橋・薮下と篠さんによるインタビュー
 高橋はしゃべりがおもろないなぁ〜〜〜
 薮下シュートな発言連発「プロレス下手なんですよね。リミックスのほうがお金がいいし・・・・・」

 二人ともプロレスへのリスペクトが足りないんだよなぁ
 まあしっかりと 4/29後楽園Jd’5周年大会の宣伝はしっかりしていたけど・・・

第1試合
remix特別試合
タノムサク鳥羽vsランバーソムデートM16○
(終了5秒前のヤマモのアナウンスと同時にランバーKO勝ち)

ランバーのパンチの凄さ実感 蹴りその他素晴らしいスピードと威力がお客に伝わる感じ
今後も続けてもいいのではと思った。
タノムサクはランバーが受けを知らないため、一方的にやられ役。しかしそれがお客には
迫真のシュートマッチと映ったか?

 お客には非常に好評でしたね。

第2試合
○橋本 友彦vs大塚 裕一
(フロントチョーク)
この試合のほうがさらにリアルさを感じさせた。
DDTレギュラーメンバーだってこれだけ出来るんだよって言うのもはからずも証明
 フィニッシュは唐突なフロントチョークでタップ 

 こういう試合のヤオガチの見分け方は打撃です。顔面狙ってるかどうかで判断しましょう。


第3試合メイン
SUMACK GIRL特別試合
星野 育蒔vsナナチャンチン

メインを飾るのには大丈夫か?と思われた試合であったがところがどっこい 今後のSUMACK GIRLを暗示する素晴らしい結果となった。
 
 ナナチャンチンは素人がチョット練習しただけなんだがね・・・ まあかわいいから許そう。

 星野はケリのスピードがあるので、ナナチャンチンついていけず、ミドルをモロにわき腹に食ってもんどり
うってダウン。 もう涙があふれ出てきた・・・・すげぇ〜〜 これがSUMACK GIRLか?

 さらに無理して立ち上がったところにさらにキックの追い討ち。 レフェリーの木村浩一郎がストップしよう
とするも何故か続行・・・「泣くな!!」という野次まで出る始末・・・って私がしたんだが・・・

 根性で立ち上がるも(もちろん泣きながら)星野にとどめ刺される。 でもかわいかったなこういう娘が根性
だけで戦うのも面白いな・・・・ 毎週アトムで興行やるらしいし・・・・期待しましょう
すべての試合がシュートマッチとのことですし。

コボチノバ・タチアナとやるにはきついと思うけど星野には頑張って欲しいです。

 プロレス格闘技の新しいうねりに注目しましょう。

というわけで5・3ReMix本戦にも大期待しましょう。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ