ヨーコ初めての観戦記投稿
■団体:リングス
■日時:2001年4月20日
■会場:代々木第2体育館
■書き手:港のヨーコ

 皆さんはじめまして。港のヨーコ です。
ちょっと前なら覚えてる人たくさんいる名前だと思います。
これからも投稿するのでよろしくね。

何だかんだいってリングス観戦です。
リングスの東京の試合は何だかんだいって
結構行ったなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1試合 ライト級戦/5分3ラウンド
△小谷直之(RODEO STYLE) vs 若林次郎△(SKアブソリュート)
(3R判定 1−0 ドロー)

今日は次郎君が見たかっの、だってあたしの峻護ちゃん(大山選手)と
大の仲良しって聞いていたからどんな人なのかしらって?
やっぱり、本命落とすにはその友達からっていうでしょ。
だから、今日は偵察に来たの、うふふ。
次郎君のトランクスは、紺のパンツに赤のサンボ胴着だったかしら?
(チビ黒じゃないわよ)

打撃はぜんぜんしないの。
峻護ちゃんに教えてもらったらどうかしら?
何度も片足タックルするんだけど、潰されちゃって上を取られるの。
スタンドでも相手の周りをくるくる遠巻きに廻って、再び片足タックル!

うーん。

青パンツの小谷にアンクル?足とられて苦しい、とそんな感じでした。
なんだか修斗みたい。
判定は、前田は次郎ちゃんに入れたけど、それはかなり贔屓。
でも許すわ、だって峻護ちゃんの親友に味方するんですもの。
あたしも次郎ちゃんに入れるわ。

次郎ちゃんは始めて試合見るわと思ったけど
調べたらコンテンダーズでてるじゃない?
すっかり忘れてたの、ごめんね。


第2試合 ミドル級戦/5分3ラウンド
○滑川康仁(リングス・ジャパン) vs 今村 洋×(和術慧舟會)
(1R1分48秒 アンクルホールド)

滑川も今村も黒パンね!
力、技術とも完全に滑川が上回ってる。これは力の差がありすぎ。
倒されてくるくるっと足つかまれてアンクル!
今村ぴくりとも動かず。

足やっちゃたんじゃないの?

左足のふくらはぎの辺をセコンドがさすってる。
じん帯イっちゃったのかしら?
そこまでやらなくても…

うーん。

そんでもって、あんなに両手を広げて
「俺ってグレートだぜ!」(完全無敵のロックンローラーではないわよ)ってな感じで
得意げにアピールしなくてもいいんじゃないの?
観客は興奮気味だったけど、あたしは髪の毛「金髪」も気に食わないわ。


第3試合 リングス・ワールド・ヘビー級初代王者決定トーナメント1回戦/5分2ラウンド
○エメリヤーエンコ・ヒョードル(リングス・ロシア) vsケリー・ショール×(アメリカ)
(1R1分47秒 下から十字)

始めに入場してきたショールはいかにもアメコミから抜け出てきたような
ガチガチ逆三角形体型!ワオっ!たくましいわ(パンツ濡れそうっ…)なんて思っていたら・・・
目が覚めるようなカエル色に蛍光オレンジの縁のパンツ!アー素敵!アタシどうしよう
しかも背中からちょっとアンダー下着がはみ出してるじゃない、うふふ、ちょっと興奮。(濡れX2)

ヒョードルは、オーソドックな黒パンツ。いかにもロシア人って感じ。
試合開始そうそうは、バチバチッと、打撃の応酬。
俄然盛り上がる。そう、これよ、コレなのよ。リングスで見たいのは、また興奮!
この激しいド付き合いなのよ。クリーンヒットはないけれど・・・・・・
打撃にしたって美しくはないわ、でも、この迫力がたまんないのよ(濡れx3)

バチバチッと打ち合って、ショールを倒して足をすぐさまとりに行くヒョードル。
アァーーン、103キロと129キロの肉体がグラウンドでせめぎあう。大興奮!(濡れx4)
ショールの足が極まると思った瞬間、無理やりパワーでヒョードルを回転させ、足を外す。
驚きの歓声とため息が会場を支配する。凄いわ・凄いわ・凄いわ!ガンガン来てェー!やっぱり男はパワーよ!

でもヒョードルはこんなんじゃ、諦めないわ。
今度は腕を取りに行って、今度こそがっちり腕をバッチリ伸ばして勝利!
やっとリングスらしくなってきたわ!


第4試合 リングス・ワールド・ミドル級初代王者決定トーナメント1回戦/5分2ラウンド
○ジェレミー・ホーン(リングス・USA) vs ユーリー・ベキシェフ×(リングス・ロシア)
(1R0分50秒 肩固め)

ベキシェフってどんな人だったかしら?もう憶えていないわ。
だって、どう考えてもホーンの楽勝ね!って思っちゃっていたから

どうも印象がないわ。ホーンは強いんだけど、どうも顔がかわいらしくって
なんだか、興奮しないのよね。タイプじゃないのかしら?
ベキシェフはいきなりバックスピンキックでホーンを牽制、でもね、
完全に実力差があるからホーンは落ち着いていたわ。
危なげなく、倒してそのままがっちり肩固め。

グラウンドでぴくりともしないからベキシェフ大丈夫かしら?って
心配したの。でも、肩固めってとにかく動けなくなるだけで
失神したりするわけじゃないから大丈夫なんですって!でもアタシ、ピクピクいって失神するのってダイスキ
ベキシェフがタップして、ホーンの圧勝でした。


セミファイナル リングス・ワールド・ヘビー級初代王者決定トーナメント1回戦/5分2ラウンド
×柳澤龍志(チーム・ドラゴン) vs ボビー・ホフマン○(ミレティッチMAC)
(2R 判定)

あたし、柳沢はパンクラス離脱後K−1地方大会以外は全部見てるわ!
あんなに背も高くって、体もたくましくって
(でもパンクラスのときに比べたらちょっとお腹のあたりがたっぷりしてきたわ)
大きくって顔も良いのに煮え切らないのがイライラするわ!アタシ煮えきらない男嫌いなのよね。
この頃の柳沢って目が眠たげよ!

今日は判定で勝つなんてことよりも、勝っても負けてもKOで決まって欲しいって
神様にお願いしたの。
何で柳沢をそんなに観戦しているのかって?

それは柳沢が「チームドラゴン」だからよ。

チームドラゴンは、前田憲作を始め、いい男がそろっているのが魅力的なの。
試合前に憲作がかいがいしく柳沢の前にしゃがんでリングで滑らないように、
柳沢の足の裏をタオルでふいているのを見てちょっと興奮してしまったわ。
ちょっと思い出しちゃったのよ・・・アレを

肝心の柳沢は、このごろ履いてる黒のボクシングパンツみたいなの、
コレしかないのかしら?黒の肌に黒パンツは映えないわよ。
たっぷりしているから、パンクラスだったら大阪大会の高瀬のように履き替えさせられるわね。

対戦相手のホフマンは…あら!忘れちゃったわ、きっと黒のVT風半パンツだったと思うけど・・・
試合は、お互い見合っちゃってリングの上をゆっくりと回転する二人。
きっと目で闘っているのね。アー素敵。

やっと柳沢がミドルキックを叩き込む。
で、もっともっと蹴りこめ!って思ったら何をするのかと思ったら
タックルに行く柳沢、あれれぇ?って思ってるとフロントチョーク気味に首を抱えられちゃって
苦しい柳沢。もう、バカねえって思っちゃう。

なんとかやり過ごしても、今度は二人が抱き合ってスタンドでのパワー比べになっちゃう。
これまたかんぬき状態膠着で苦しい柳沢。

ナンダかんだ(藤井隆じゃないわよ)で2Rまでいっちゃって判定で負けちゃうんだけど
あんなにグラウンドでホフマンにいい様にコントロールされたら
パンクラスのグラウンドテクニックがお粗末だってことになっちゃうじゃない?
もっとがんばんなきゃダメよ!
あんな試合ばっかり続けていちゃ、かつてお世話になったパンクラスも馬鹿にされちゃうわ。

あたしの峻護ちゃんもセコンドについていたって後で聞いたんだけど
わかんなかったわ、不覚!ショックだわ。
でも茶髪の峻護ちゃんは嫌い、似合っていないわ。
峻護ちゃんは清潔で誠実な感じが良いんだから憲作お兄様や柳沢の真似して
お肌を焼いて黒くなんかしたら、もう、嫌いになっちゃうからね!峻護ちゃん聞いてるの!


メインイベント リングス・ワールド・ミドル級初代王者決定トーナメント1回戦/5分2ラウンド
×田村潔司(リングス・ジャパン) vs グスタボ・シム○(ファス・バーリトゥドシステム)
(2R 判定 2−0)

あたし、今日は次郎ちゃんのほかには、田村を見に来たのよ。
だってリングスって言ったら、エースは田村じゃない?
この頃は、ちょっと負けが込んできてるけど、そろそろ強い田村が見てみたいなって思ったの。
田村は弱くなんかもないし、この頃はいじけてるって言われてるみたいだけど
そんなことないと思うわ。
やっぱりエースは田村よね。ゴリラみたいな高阪には抱かれたくないわ・・・壊れちゃいそうだモノ・・・

いつもの赤いパンツで入場する田村。でもね、何かが変だわ、おかしいわ。
違和感があるの。解ったわ!オープンフィンガーグローブしていないのよ。
しかも、左の中指と人差し指がテーピングでぐるぐる巻きなのよ。チョッとエッチね
指が折れてるからグローブが出来ないのね?きっと・・・・・
それから靴よ、靴。どうしていつもの赤じゃないの?
全身赤でコーディネートしてくる赤いパンツの頑固者なのに
靴が黒なのよ。どうしていつのも靴じゃないの?
アブダビに忘れてきちゃったのかしら?それとも王子様にあげちゃったのかしら?

田村は右手に携帯電話、左手にカラオケマイクの構えから
ミドルキックをぶち込んでいく。
ばちんといい音が響き渡る。やっぱり田村だわ、感激!と
思っていたらシムのやり返したミドルキックに腰砕けによろける田村。
一体どうしたの???
田村はミドルキックのみの打撃。指はかなり悪いのね。
タックルに行っても上は取れずにさりげなく自ら下に引き込んだようにする田村。
野次もかなり飛ぶ、でも田村の悪口はいけないわ。
だってパンチも出来ないし、2Rからは左足までびっこひいてるもの。
体がかなり悪いと思ったわ。
そんな状態でも、素晴らしいミドルキック、そして何よりも
必死でできる限りのことをしているんだから。チョット惚れたわ。

判定でシムが勝ったのは当然だけど、一度リングから降りた田村が
再びリングに上がったときは「ああっ!ついに今日がその日だったのネ…」(アノ日とは違うわよ)と
覚悟を決めたんだけど、田村は深々と頭を垂れただけで何も言わなかったわ。
逆に何もいわない田村が、心配ネ。

何も言わぬままリングを降りた田村は客が飛ばした野次に
「なに!」という形相で振り返って睨み付けたけど、そんなにピリピリしないでェ。
無表情にしてる振りしてるけど、あなたのその激情は痛いほどわかるわ。
でもネ、その内に秘める激情を客ではなく、試合でみせて欲しいわ。


田村にかつての山本戦で見せたクルクル廻りあって、関節を取り合ったり
それをロープエスケイプで間一髪で凌ぎあったりする攻防をまた見たいというのであれば
それは古き良き思い出への単なる回顧であって、ファンの我がままだと思うわ。
でも、その良き思い出が、会場へ足を向かわせるのも事実だから、
田村にも迷いがあるでしょうし、ファンであるあたしにも迷いがあるわ。

ちょっとおセンチな気持ちになったリングス観戦でした。

さー家に帰ったらパンツ取替えよっと

(おしまい)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ