ZERO−ONE第2回興行
■団体:ZERO-ONE
■日時:2001年4月18日
■会場:日本武道館
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 三沢の参戦発表があって券売が段違いに伸びたらしい、たしかにダフ屋の方々も手持ちが無さそうだったが、開始時の館内やや空席も目立つ、週の真ん中水曜日だし、それでも最終的には95%は埋まって武道館満員。

 PPVがあるので7時ちょうどに始まる、前回の旗揚げ戦同様、それまで覆っていた「真世紀創造うんちゃら」と書かれたシートが除かれると下から「Fighting Athlete なんちゃら」と書かれたリングが顔を現す。
 これまた前回同様、『ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム』(橋本のテーマ『爆勝宣言』のイントロにくっ付いてる曲)の全曲をバックに英語でのカード紹介。
 前回はこのあと橋本の挨拶があったが、今回はなし、すぐに第1試合。

第1試合 ○高岩竜一(13分4秒ラリアットから)×丸藤正道 レフリー西永(NOAH)
 旗揚げ戦に引き続きゼロワンPPVのオ−プナーを務める丸藤、期待された役割は十分に果たしたように思う。試合の流れ、動き、切り返し合いが見事だったので細かく書いてみます。
 スタート、バックの取り合い、ブリッジ合戦、エルボーの打ち合いと意地の張り合いがしばし、その後動きが止まり腕の取り合いに展開が落ちつく、合間合間に入れる一発がさすがに高岩のほうが重く、やや押し気味と思われた。リープフロッグ捕まえてのパワースラムとか…
 ところが、パワーボムこらえてトップロープ越し場外へフランケン気味に投げ落としたところから丸藤全開に。ロープ最上段からの高い高いケブラーダ!リングに戻って飛距離長い長いミサイルキック。その2発目がたまたま(のように見えた)高岩の腕のあたりに命中したので、すかさず(たぶんアドリブで)腕ひしぎにいく。このへん丸藤のセンスの良さ(当たり前のことかもしれないが)を感じさせる。
 高岩も、何だか飛びかかられたところを受けとめてデスバレー、キックアウトされると餅つきにトライ、しかし2発目をピョンと跳んでの両膝蹴りで返される(三沢の弟子だ…)。丸藤はここでフロッグスプラッシュ、さらにコーナーから雪崩式フランケン狙うもスーパーパワーボムに切り返されてしまう。これは何とか跳ねのけトラースキックで反撃、不知火にいくも再再度抱えられてツームストンに落とされ、ラリアット、で高岩勝ち。

第2試合 ○星川尚浩(8分6秒裏十字固め)X X(=オリジナル・ザ・コブラ) レフリー島田(バトラーツ?)
 試合開始まで伏せられたXはコブラ。なぜ?橋本の昭和新日ノスタルジー?温情? テーマが鳴っても姿を現してもコールを受けてさえ場内まったく湧かず。ちょっとかわいそう。
 動くコブラを見るのはたぶん15年ぶりぐらい(動くジョージを見るのも10年ぶりぐらい)だったんですが、… フィニッシュ前のパワーボムの危なさは八木淳子級。持ち上げた勢いを持ちこたえられず背中越しに相手を落としてしまう。前のめりに落ちた星川、たぶんダメージが大きかったのだろう、最後もおそらく得意の流星ロックに入ろうとする途中の動きだったと思うんだが、飛んじゃったのかアワ食ったのか、中途半端な裏十字になっちゃいました。

第3試合 ○アレクサンダー大塚 (7分29秒アームロックからレフリーストップ)×杉浦貴 レフリー西永
 吊りパンをやめて黒タイツ、頭も剃り上げ、より怖くなって杉浦登場。
 アマレスの動きで終始相手をコントロール、自分の方を強く見せ続けた杉浦、皆さんおっしゃっている通り素晴らしい。
 素晴らしいのであるが、その素晴らしさは、第1試合の丸藤の素晴らしさと、質的に何ら変わらない素晴らしさであると思う。ルチャの動きがアマレスの動きに変わっただけで、動きに習熟しているから、美しく、素晴らしいのである。アマレスの“動き”のほうが“強さ”を示すものだからより素晴らしい、ということではない。プロレスの試合なのだから、例えそれがアマレスの動きであっても、ギミックのひとつ。強く「見える」というだけで、実際に強いかどうかは、実証されているわけではないから。(ま、ほんとに強いんでしょうけど)
 ちょっと極端、かつわかりにくいですが、個人的な意見でした。

第4試合 ○ショーン・マッコリー(4分50秒腕ひしぎ逆十字からレフリーストップ)×大谷晋二郎 レフリー島田
 プロレス?異種格闘技戦?総合?わからない。
 なぜ大谷が?本人がやりたがってるの?わからない。
 マッコーリー?仕事が少ないんで猪木が押し込んだのか?勝ってはしゃぎすぎじゃないのか?わからない。
 ワカラナイ、ワカラナイ… (by大木金太郎)(このフレーズ、よく使う友人からのパクリ)

 休憩。第1戦にも来ていたパンクラスの近藤、今回は謙吾とともにリング上から挨拶。この日は、言われるほどひどくはなかったと思いますよ。棒読みではあったがしっかりとしてました。
 謙吾、武道館、マイクといえば昨12月船木引退興行での「元気ですかーっ!?」タカハシさん同様、私もソレを期待していたのだが妙にテンション低し。しかしゼロワン次回6月大阪の格闘技興行に出場を直訴。?場内より「やめたほうがいいぞー」の声もとんだが…
 後日、正式に発表になったようです。謙吾の試合はパンクラスルールになりそうだとのこと。橋本の無邪気さ・天然ぶりが、ここまで2戦のプロレス興行同様、格闘技興行でも良いほうに転がればいいのですが。というか、良いほうに転ぶことを願います。
 その話とは別に、たしかに謙吾はプロレスの方にはるかに適性があるように思うのですが…

セミ 橋本真也、○安田忠夫(9分0秒右肩脱臼、レフリーストップ)×井上雅央、本田多聞 レフリー島田
 安田と多聞のからみから。安田のPRIDE戦術がいきなり。コーナーに押し込んで小刻みなパンチ、残像がまだ消えないでいる観客からどよめきが。しかし2度目の登場時には、突っ張り〜コーナースプラッシュ〜Wアームスープレックスの得意ムーブをきちんと決めました。
 私のこの試合最大の着目点はもちろん雅央、ふだん通り、派手にやられまくりセルしまくる、技を出し惜しみする雅央スタイルが今日も発揮されるか?でした。
 入場時からNOAHファンの大声援を受けた雅央、橋本とのからみ序盤でいきなり倒れ込み式ラリアット!さらにアルゼンチン!なぜか飛ばしまくる!めったにない大舞台武道館のセミ、大物相手の試合であることが雅央をそうさせたのか。しかしフィニッシュは彼には気の毒な結果に。
 唐突に終わった試合でしたが、PPVを見た友人によると、勝って引き上げる橋本、最高に嬉しそうな笑みを浮かべていたとか。

メイン ○三沢光晴、力皇猛(6分40秒バックドロップホールド)小川直也、×村上一成 レフリー西永
 とうとうやって来た三沢と小川の初遭遇。しかし我ながら意外だったのが、それほどには胸はときめかない(もちろん、ときめいてはいるのよ。あくまで“それほどには”)。やはり旗揚げ戦、乱闘でのエルボー、あの「起こり得ないことが起きてしまった」興奮に比べれば… リング上では小川がいつものようにガンつけ、受ける三沢まったく動じず、不機嫌なようなウザイと言いたげな表情をピクリとも動かさずに対峙する、というような場面が現出してはいるのだが、試合として組まれてしまえばそこはそれ。だが、試合の内容を保証する側の三沢の体調がやはり心配だ。大げさに言うとここ1年以上(昨2月、武道館での対秋山戦[=負け]以来)、三沢の“良い”試合は無いように思うし、愚傾くんの観戦記によれば15日有コロのGHC決勝は“良い”試合だったらしいのだが、そこでケガしちゃったみたいだしなあ…
 と思っているうちにゴング、NOAHは力皇が先発、小川当然不満げ、にらみ合っている間に村上が突撃してきて力皇にパンチラッシュ、いいの食らって力皇すこしクラッとくるが圧力で前に出る、自らの頬を指差し「殴ってこいよ」と挑発!そして三沢に交替、いさんで小川も出てくるが、またも三沢すかして引っ込む、出てきた力皇に小川STO、馬乗り、三沢カットに出てきてエルボー!ついに!正式な試合のなかでの初激突!
 エルボー食らったアゴをさすり妙に痛そうな小川、タックルに行くが三沢に切られる。個人的にはこの動きがいちばん印象に残った。しかし小川も強引な大腰、さらにマウントをとる。ここで力皇がカットに、小川の背後からもんのすごい頭からのブチかまし!おそらく小川マジで息が詰まっゃったんじゃないか、そのまま2人もつれて場外へ、力皇押さえこんで小川まったく動けず、その間にリング上いやがる村上に三沢がバックドロップ3連発、最後はホールドしてNOAH組の勝利。
 試合後、もう恒例といっていいかもしれない乱闘に、花道を全速力ではしり妙に嬉しそうな橋本が駆けつける。

 戦わないで幻想を高めてきた小川がこの日、場面によっては力皇よりも弱そうに「見えた」ことで、すこし溜飲の下がる思いもあったが、大将三沢とのからみが少なかったことで、やや消化不良なものが残ったのもまた事実。思えば三沢は、橋本とのタッグでのファーストコンタクトでも、パートナー小川良成を前面にたて、橋本の攻撃を受けきらせることで自らの優位を隠喩的にアピールしたのだった… 上手いというより、自らの“格”を大事にしているというべきか。
 力皇は文句なく良かった。
 村上のアレはそろそろ飽きた。アレしか出来なそうだが…。

 しょうじき、旗揚げ第1戦よりは、ドキドキ感、興奮度では落ちたかな。秋山もいないし。しかし興行全体として、十分面白く、満足できたのは間違いない。
 もうひとつ言えば、ゼロワンという団体?が今後どのように存続していくのか、まったくわからないなぁ、という気にもなった。NOAHとの関係から格闘技戦から、まったく毎回出たとこ勝負なんだろうなあ、と。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ