大日本プロレス大阪鶴見緑地花博公園大会
■団体:大日本
■日時:2001年4月1日
■会場:大阪鶴見緑地花博公園
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚

陽射しが暖かくなってきたので行って来ました。
あら、結構並んでる(今まで見た中では一番多いのではないか)。
実は大日本の屋外大会って結構、客層が広い。
年寄りから子供まで非常に幅広い。
恒例の焼そばとフランクフルトの売店にはミスターヒトが。
陽射しはあったかいけど風は冷たいなあ。
順調に30分遅れで開始。

第1試合REXジャパン提供試合20分1本勝負
武藤隆成、石倉正徳 vs ミラクルジミー吹田、塩田英樹
各選手、オープンフィンガーグローブ(OFG)にレガース着用。
武藤はキックのトランクス、吹田はサンボジャケット着用。
吹田はデビルマンのブリスターをお客さんに(太っ腹やなあ)。
外で行われているカラオケ大会の音の響くマターリとした空気の中、目まぐるしいグランドの攻防、”ニセ長井”武藤の蹴撃、吹田の反則攻撃(帯攻撃、急所攻撃、椅子まで持ち出す)が繰り広げられる。
最後は吹田の急所攻撃にもめげず武藤のスリーパーが吹田をしとめる(17'22")。
塩田のやられっぷりが良かったかな。

第2試合20分1本勝負
マルセラ vs 仲村由佳
開始が大分遅れる。
どうもマルセラのシューズのヒモが紛失した様。
出てきてもなんか間に合わせという感じ。
場外戦で盛り上げようとするも最後まで噛み合わず、仲村がラマヒストラルに来るところを丸め込んでマルセラの勝ち(7'05")。

第3試合BJW vs REXジャパン異種格闘技戦3分5R
伊東竜二 vs 篠原恭司(龍生塾)
二人ともレガースにOFG、ルールはREXジャパンルール。
試合前REXジャパン勢が2連勝したら後楽園で試合を組む様、塩田がアピール。
篠原が打撃で押す展開。
伊東もかかと落しでダウンを奪ったり、ロープに振ってのドロップキックをくり出し見せ場を作るも最後は腕十字にギブ(2R1'43")。
あ、大日本もパンクラスに続きラウンドガールを導入しました。

第4試合BJW vs REXジャパン異種格闘技戦3分5R
松崎駿馬 vs 井上勝正(龍生塾)
井上はボクシンググローブ、松崎は素手にレガースなしのレスラーの正装で登場。
1Rは井上のパンチに苦しむも、2R、場外戦に持ち込むと松崎のペース、ブレーンバスターで投げると鉄柱に叩き付ける。
井上、抗議するもこの試合はREXジャパンルール、場外戦については明記されていない。
そして3R、松崎はバックドロップでダウンを奪うともう1発狙う。
井上も腕を取られながらもパンチで抵抗するが強烈な角度で投げられレフェリーストップ(0'47")。
納得行かないセコンド陣が乱闘を仕掛け、大日本勢と衝突。
この中では関本の強さを感じた。
松崎はまた大阪に来た時やろうとマイク、しかし次の大阪は8月と言うのを思い出したか東京に来てもいいよとのこと。
松崎は相手の良さを引き出しつつ、プロレスラーの強さを見せてくれました。
これが本当のプロレスラーってもんです。
えーと、シュート判定!(藁

休憩後、小鹿社長登場。
山川を横浜の病院に転院させたいとのこと。

第5試合45分1本勝負
ワイフビーター、マッドマン・ポンド vs 『神風』、湯浅和也
何となく噛み合わない感じで始まったが、ポンドがSTOP看板を持ち出すと試合も動き出す。
有刺鉄線も持ち出され、最後はワイフビーターのネックハンギングボムが湯浅に決まる(10'43")。
『神風』は今日はあんまり良くなかったな。

ちょっと影が長くなってきたので日なたを求めて移動。

第6試合45分1本勝負
ザンディグ、葛西純 vs シャドウWX、ジ・ウインガー
場外戦ではザンディグがWXを離れたところにあるトラックの荷台に放り込む。
しかしWXもリングに戻るところで逆襲。
その時リング上で何が起っていたかは場外戦を追い掛けて行ってたので分かりません。
最後はザンディグがウインガーにスパイラルボムを決めた(13'32")。
その直後ワイフビーターとポンドが乱入。
ザンディグと葛西に看板攻撃からのスパイラルボムを喰らわして、いたぶっているところをWXがファイヤー!
ザンディグらはWXに握手を求められるも拒否。
WXがマイクしているのをよそに「CZW!ジャッパ〜ン!」。
WXが何言ってたかは聞いてませんでした。

第7試合BJW認定タッグ選手権試合60分1本勝負
MEN'Sテイオー、関本大介 vs 大黒坊弁慶、アブドーラ小林
王者組は関本が捕まり苦戦の展開。
弁慶のでかさにもかなり手こずる。
ファイト一発(エルボーからラリアートのコンビ)を小林に決めるも弁慶がカット。
そこで弁慶にWファイト一発(WエルボーからWラリアート)を決めると返す刀で小林にも決め王座防衛(18'18")。
最後はクリーンに握手。

山川への募金を募集していたが人の流れに流されて出来ませんでした。

面子的に苦しいのか今回は少し低調な興行になった気がします。
でも松崎は良かったですね。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ