ルールに守られていた桜庭 亀殺法の終焉 身を持ってグレーシーの護身の素晴らしさを示す!P-13観戦記
■団体:PRIDE13
■日時:2001年3月25日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

第1試合 ○ビクトー・ベウフォート(1R1分49秒チョーク)ボビー・ソースワース
        181cm91kg           183cm91.3kg

 ハーフグレーシーに習ってるらしいボビー。1R差し合いからテイクダウンしたビトー インサイドからパンチからパスし、横四方経由鮮やかなチョークで一本 柔術の基本だ(笑)


第2試合 ○ガイ・メッツアー (1R2分25秒KO)イーゲン・井上
     183/95.5         175/92.5

 膠着大王の素晴らしい称号をもらったガイ。対する、エンセン亡き後の兄 ”正二”井上の代理戦争
 1R さし合い互角 打撃で勝るガイがヒザから 右ストレート一発でおしまい 大和魂ハワイの海に眠る

 試合後 ガイが引退したはずのエンセンに挑戦宣言! 何とエンセン拒否! プロレスっぽくていいぞ!
でも戻ってくる気あるな・・・・ PRIDEが猪木化してきた予感が・・・・


第3試合 ○ヒース・ヒーリング (1R22秒)ソボレフ・デニス
     183/96.1            185/108.3

 体重差(14KG)があるため大変そうだなと思ったが・・・・
 いきなりテイクダウンからすかさずサイドに回ったヒース V1アーム極め秒殺 すげぇ〜〜〜
 これから 台風の目になりそうだ

第4試合 ヘンゾ・グレイシー (1R1分40秒)ダン・ヘンダーソン ○
      178/78.3          180/88.3

 注目の一戦。グレーシーの強さが客観的に測ることのできる試合だったが・・・・・
タックルヘンゾがぶるヘンダーソンがぶりからグラウンド左右フック一閃KOヘンゾ動けず失神目が飛んでます
 お見事ダン ヘンゾの実力露呈してしまいました。これで完全にグレーシー神話終焉です。

(休憩)
 明けで猪木登場。「元気ですかぁ〜〜〜!!元気があれば何でも出来る 今宵はバカヤロウのプライドと大バカ者の人生のホームレス猪木が手を組んでこのつまらない世の中を変えていこうじゃないか。」(大歓声)

 「先日新日本に行ってまいりました。埃をかぶった棺の中で声がするので開けるとそろそろオレの出番だという・・・・(大歓声)二つのベルトが叫んでいました。

 今日はIWGPの初代のベルト。 私がアントニノ・・といって噛む(めちゃくちゃ受ける)アントニオ猪木だった頃のベルト、そしてもう一つは異種格闘技戦の頃のベルトを(WWF)持ってまいりました。ふるさとを後にして旅に出ました。そして故郷を見たら故郷が小さくなってしまった。そんな思いにふけっている・・・・藤田ぁ〜〜〜〜!!!」

 と言って藤田登場!! 後ろからカシンベルト持ってくる・・・

 「橋本ぉ〜〜〜〜〜!!」 橋本まで登場

 藤田にベルトを渡す。「4/9にIWGPに挑戦する藤田にこの本物のベルトを持って、旅をしてきてもらいたいです。」と贈呈しながら・・・・・ビンタ一発!! 会場大受け  「そしてもう一本はコールマンとゴエスの勝者にしてもらいます。」

 そして最後の締め おなじみ 1・2・3ダァ〜〜〜 で会場めちゃくちゃ暖まりました。


第5試合 ○マーク ・コールマン (1R1分19秒失神によるレフェリーストップ)アラン・ゴエス
     185 101.2                         183 97

 大父がコールマンセコンドに。

何と飛び蹴り見せるゴエス その後カポエイラ風の回しげりまで披露 なんだかおかしいぞゴエス
 ゴエスタックルに来るもがぶってTDはコールマン 上からボディーを殴る!凄い威力力なく崩れるゴエス
 がぶりから膝蹴り4発でぐったりなおも一発!!慌てて島田止める。    ガチです(笑)

 猪木からグレーテスト18のベルトもらうコールマン


第6試合 ○佐竹雅昭(3R判定2−1)安田忠夫
     185 98.5     193 130

 本日最大の注目の試合。安田がどこまで出来るのか? いや・・・やる気なのか? 最大の興味
もう安田は入場から大爆笑!! セコンドは藤田・橋本・Bジョンストンがつく
 しかし体重差があるなぁ 橋本が檄を飛ばす!!すげぇ〜〜〜〜光景だ

 1R:大爆笑のこの対決(笑) 安田組み付くそして 密着怒涛のがぶり寄り!!!! いやぁ凄い!!
 館内爆笑 さば折りで倒す感じか?
 佐竹イエローカードロープつかみにでる しかしさすが体重差の賜物 押し込んで膝ケリ連発安田 
 逆に金的攻撃で安田にも・・・・イエロー 

   何しろ興奮と爆笑が同時に沸き起こる なんともいえない状況ダァ!! どすこい殺法炸裂!!!!
何で私はこんなに興奮しているんだろう? 安田の気迫が私にも完全に乗り移った感じだ・・・(+爆笑)

 何しろ電車道一本で 打撃受けたって下がらない安田!! かっこいいぃ〜〜〜〜〜〜(笑)

 コーナー際で倒そうとする安田 ロープ背にして耐える佐竹 凄まじい光景ダァ!
安田の予想をはるかに越えた、頑張りにお客は何を勘違いしたか ブーイングを出す 何考えてるんだ!!

   佐竹何も出来ないだけじゃないか! コーナーに必死にすがって耐えてるだけじゃないか!!分からんのか!
安田よ!こんなにスタミナ使って大ジョブなのか?? と思っていたら終了!!   最高の試合だ!!!!

 2R:館内大爆笑 またもやぶちかましからコーナーに押さえ込む安田!!
ブレイク後又も組み付く安田 ブレイク後も組み付く安田・・・・ギャンブルせず(笑)すげぇ〜〜

 気持ちは相撲になってるな(笑)何と佐竹のパンチを顔で受ける!!平気だ凄い!! 安田!安田!安田!
安田の最高の試合ダァ〜〜〜〜安田大健闘!! そして大爆笑!!
大爆笑素晴らしい!!  安田いいぞ!!最高だ!  休まず頑張る安田  終了間際テイクダウンまで取る!

3R:最高だ安田!! しびれるぜぇ〜〜(笑)  なんだか涙と笑いが交互に出てくるよぉ〜〜〜
 自らの能力120%出してるぞ!! 

 リングの4角に押し付け、お客さん全部が見られる見事なプロレスラー魂!  涙&笑でたゾ!
 すげえぜ安田!! ラスト1分 安田がパンチ!! 最後までぶちかまし!!見事! よく持った!!
  ・・・・そして2−1で見事な勝利! かった〜〜〜〜勝っちまった!! こんな気持ちになったのは
アレクが勝ったとき以来だ!  泣いてるぞ安田!!              

 間違いなくベストバウトです!  来てよかった。


 何故か猪木登場 石沢リングに・・・石沢「リベンジさせてください」そしてハイアン入場
 ハイアン「試合組んでくれ」猪木「・・・・ということでリベンジマッチが決まったようです」大爆笑

 もうむちゃくちゃな〜〜〜〜 これぞ猪木アングル炸裂!! プロレス分かってる奴にしか理解できないだろうなぁ〜〜〜〜〜この展開・・・


第7試合 イゴール・ボブチャンチン(3R判定3−0)トレイ・テリグマン ○
     176 108.5                188 101
 試合前の花束はティトが ティトはUFC新オーナーの自家用機で来たらしい。

 1R:ボブ パンチ相変わらず強力!! 金的キックが入ってボブイエロー出される。
 終盤なんとテリグマンがパンチからテイクダウン!! 主導権握る よく研究している ボクシング技術凄い。
互角に打ち合う両者 完全に意外な展開になった・・・・

 2R:同じように上を取った テリグマン 優勢に進める インサイドからパンチのみ
  無理しない

 3R 後の無いボブかなりあせって パンチで挑むもタックルからテイクダウンされる 
何とハーフガードにまでされる!! ピンチ!ボブ。
 テリグマン凄い 頭脳的戦略だ! 

 大番狂わせの完全な判定勝利!  ボブはコンディションミスじゃないか?


第8試合メイン 桜庭和志(1R分38秒膝連発でレフェリーストップ)ヴァンダレイ・シウバ○
       180 85.5                   182 93.5

明星食品プレゼンスの試合  入場者は2万600人満員御礼との発表ほぼ間違いないでしょう

 シウバはコンディションよさそうな感じ 気合はいりまくり
対する 桜庭何と病院コントの格好で入場 個人的には爆笑 豊永もちろんサクベルト持ってる(笑)

 当然シウバは打ち合いを望み 桜庭はそれを交わすかと思いきや なな何と打ち合いに応じる!
しかし首相撲からがぶられ 得意のヒザ攻撃を何発も受ける!! 今までのルールとはここからが違う
桜庭は今までなら 両手をついていれば打撃が来なかったので、安心していられたが今回からは大違い

 亀になったら負ける!本場のブラジルVTルールに近づいたこのルールでは 亀は命取り!!
必死に足めがけタックルに行くも けられすぎ意識徐々に遠のく・・・ レフェリーストップ!!

大番狂わせ!! がぶりから  戦慄の膝爆弾連打で桜庭 亀になりすぎレフェリー止める

桜庭効いてないとアピール 「負けちゃいました」とアピールに皆笑う・・・・・

 総括すると 最高の興行だったと思う。
 K-1と内容的にも遜色ない内容になったと思う。トップ選手が負け リベンジに繋がる興行の形態が完成した。 関節技が影をひそめ、掣圏道のやってることは間違いではないことが、改めて証明された形になった。(笑)

 あとは猪木をちりばめ お客の心をどうやってつかむかだ・・・ もう一息です。森下さん

 小川出せば問題はすべて解決しますよ。

 多少あったブーイングなんか最高の賞賛と思って気にする必要なし。 膠着のなくなったこの恐怖のVTルールを支持します。危険だの何だのいう輩は見る必要なし安全なスポーツだけ見てなさい。
 ガードポジションの重要さを桜庭は理解したろうか・・・・ VTで亀はダメなのは証明された。

 KOや一本勝ちが多数出て、一見の客にも十分アピールできるまでにプライドは成長した。
もうマニアは深入りしなくてもいいだろう(笑)  それと何しろ安田は凄かった。 感動と(笑)を同時に運んでくれた人は初めてだった。

 客は何を求めているんだろう・・・・あとは当たることのない大ぶりのパンチとキックを見せなくては満足しないのだろうか・・・・・




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ