アルシオン:3月20日後楽園ホール大会の試合模様
■団体:アルシオン
■日時:2001年3月20日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ALOHA♪HAWAII(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 行って参りましたアルシオン。今回は3年前の旗揚げ戦のメンバーの府川唯未の引退記念興行であります。彼女は昨夏の同じ場所で、頭を打ち救急車、急性硬膜下血腫とクモ膜下出血で即病院に入院。九死に一生を得て選手最後の日を迎えることとなりました。
 さて、後楽園に着いたのは午後4時半。この時点でEXシートとSシートは売れ切れでした。モスでお茶の後、5時半に再びホール前に着くとAシートも売れ切れ。ダフ屋も景気が良さそうでした(この時点ではまだ値引きの声) 最終的には指定席全部売り切れだそうです。さて、会場に入るとちょっと驚いたことが会った。女性がいるのである。前回のディファでも「女性が増えたな」と思ったのですが、今回はさらに増えた気がします。それでも1割ぐらいなんですが・・・・・。
 さて、今回の入場式も個人単位でスポーツウエア、VIPのみチャイナ服、府川は深紅。府川の挨拶「本日はたくさんのお客さん、アルシオンにお集まりいただきありがとうございます。今日で現役生活最後となります。悔いの残らないような1日にしたいと思います。応援宜しくお願いします」 ちなみに前回の後楽園でゴングをミスったサブのリングアナ氏は、頭を坊主にして復帰していました。


▽第1試合
○高瀬玲奈(三角締め7:20)×山縣優
 さて第1試合はフレッシュな新人の同期対決。デビューが1年近く早いレナコが先輩らしく受けて、優ちゃんが攻めると云う流れだったが、今回はぼぼ5分5分の立場で試合を進める。しかし、5分5分といえでも、やはりキャリアの違いか自力の差がでる。特にドロップキックはそれぞれ3連発を出すのであるが、同じドロップキックでも勢い高さ安定感はレナコの方が5割増しぐらいであった。
 それはグラウンドや投げでも同じで、常にレナコが主導権を握る。足をインディアンに固めてのフェイスロック、フロントチョークスリーパー、ヘッドシザース、フライングメイヤー、首投げと典型的なプロレス技が続く。その中で、胴体タックルから間髪入れずジャックナイフへの展開は、基本的プロレスの技を合理的繋げたなのに、彼女のセンスが光る素晴らしい流れだと思う。
 一方優ちゃんは、ボディーシザースには膝に肘を当てたり、時には切り返したり、時にはロープに逃げたりして、相手の技に対しての対処法はマスターして危ない所はなかった。そのうえ、胴締めスリーパー、逆エビ、そして逆さ押さえ込みやスクールボーイと隙あらばと狙っていく。
 試合は終盤、レナコが腕投げ→腕ひしぎ十字固めを逃すと、次は腕投げ→三角締めで優ちゃんからギブアップ。


▽第2試合
○玉田凛映(ミサイルキック→エビ固め6:26)×チャパリータASARI
 まず青コーナーから玉田、今回はニューコスチュームである。腰の辺りは赤の飾りであるが、胸元は白と黒の小粒のホルスタイン柄。なんかそのままであった。
 試合はASARIの入場でロープを潜ろうとした時に玉田が仕掛けて、そのまま場外でゴング。ASARIをイス席に投げ入れると、玉田はASARIの首を抱えてエプロンを使ってのスイングDDT。一方ASARIもやられてばかりではない。対角の青コーナー側に連れていき、玉田をイス席に投げ入れると、イスを玉田の頭に落とす。序盤の場外戦は互角であった。
 試合は中盤、玉田はドロップキックとミサイルキックで跳びまくる。一方吉田直伝の関節技も自分のモノにしたのか、膝十字、リバースインディアン、脇固めを出しても全く違和感はない。そのうえ、雪崩式フランケンシュタイナーを繰り出して、ASARI色も忘れない。
 最後は、ASARIは必殺技スカイツイスタープレスを繰り出すが、玉田はすんでのところで避けて、自爆。逆に玉田はASARIの頭頂部直撃の重量級ミサイルキックを放って、ASARIを轟沈。そう云えばこの試合、飛び技に両者スカす事が多かった。半分ぐらいスカしていたと思う。
 試合後、開始前に投げられなかった紙テープが大量に投げ入れられ、まるで赤(Re:DRΛG)への決別みたいな印象を受けた。玉田は握手を求め、ASARIそれに応じる


▽第3試合
○レディ&マリー&ファビー・アパッチェ(セントーン片エビ固め11:35)×PIKA&GAMI&PIKO
 レディ・アパッチェは背格好はマリー&ファビーと同じだが、髪の色は金髪で白い水着。結構美しい。
 試合はいつもの通りコミカル色の強い試合。この頃は大値もこのお遊びに巻き込まれ、双子の姉妹のロープ越しのチンロックで延々と捕まり、幻の3カウントを提供してしまた。途中玉田がGAMIに対して中途半端に介入し、試合に水を差す。やるんなら徹底的にやって欲しかった。ココの辺りちょっと残念。
 試合はレディーがPIKAを高速旋回式ハイジャックバックブリーカーで回した後に前に落とし、片エビ固めでピン。

 試合後、
玉田「GAMI! そこまでコミックやりたいか? 負けたらしょうがねぇだろう。あんたの考え方が変わらないんだったら、私はあんたと戦う。パートナー連れてきて試合する。その時負けたらコミック返上!」
GAMI「マイドー! またまたまたまた超過激発言の玉田さん(困った風情) 毎回言っているとおりに、このコミカルは私の地なんです。生まれついてのコミカルレスラー。ナチュラル・ボーン・コミカル! GAMI・PIKO、PIKA横文字ばっかり、こんな国際的なトリオは他にはおらへんで、やると言ったらメンバー連れてきたら、君らのチームとこのコミカルチームと対戦してあげるわ! そん時には君のセンスのない顔と心と太った体を直したるわ。今日はこの辺で、ホナサイナラ」


▽第4試合
○吉田万里子&AKINO(スリーパー→レフェリーストップ)×藤田愛&浜田文子
 レディゴンでAAAの時代と打たれた、その3人が登場である。入場時、なぜかAKINOが人気。女の子から黄色い声が飛ぶ。試合は序盤4者握手をするが、AKINOだけは手を出さず。
 試合は吉田vs愛ちゃんで始まる。吉田は両肘左膝を頑丈にテーピング、よほど具合が思わしくないのであろう。入場時花道で引きずっていた。序盤はグラウンドで始まる。吉田はケガのためか動きにスムースさがない。けれど、それでも愛ちゃんよりは上手い。倒しては上、跪いてはバックを常にキープ。愛ちゃんロープで句点を付けると、今度は逆襲。左膝へキックをいれて、倒すと今度は左膝の裏に再びキックを見舞う。そしてグラウンドでは関節技で膝を極め、立っては低空ドロップキックで膝を襲う。ただ、ココの辺りまではまだ大人しい吉田であったが、だんだん過激な吉田が現れる。今回の犠牲者は顔グロ愛ちゃん。
 まず、吉田は愛ちゃんにパンチを何度もぶち込む、それもちょん当てというより振り抜いたフックを。あまりのえげつないやり口にパートナーの文子が堪らず出てきて、髪の毛を掴んでのエキサイト。その後吉田は愛ちゃんを胴締めスリーパーでは離す気配なく、同じく執拗なクモ絡みは1分近くも掴んで離す気配もなく。エアレイドクラッシュは3連発、それも愛ちゃんが伸びて、レフェリーもカバーに行くように指示するが、吉田はそれを無視。髪を掴んで無理矢理愛ちゃんを起こして、抱えて頭から落とすと云う冷酷無慈悲な仕打ち。最後は再びスリーパーでとうとうレフェリーストップ。

試合後、
吉田「文子!(倒れた愛ちゃんを指さし)次はお前がこうだからな。覚悟しとけ!」
文子「おい! オマエの☆◎♪¶@§仝★!!!(声がでかくて聞き取れず。たぶん『お前のやり方はこうなのか!』)おい、今度はベルト掛けて今やってやる!」
再び、髪の毛の掴み合いでヒートアップ。
 この試合は良かったと思います。特に、吉田にいいようにいたぶられましたが、愛ちゃんの頑張りが大きかった。たぶん時間にして9割近く愛ちゃんが出ずっぱりだったと思いますが、最後のエアレイドクラッシュまで粘りに粘った頑張りで、「AAA」の中でで今まで一段低く見られガチだった愛ちゃんの評価も断然上がったと思います。


▽ツインスター・オブ・アルシオン・タイトルマッチ
○三田英津子&下田美馬(元祖デスバレー・ボム12:53)×バイオニック・J&大向美智子
 前回のディファで、VIP同士でVIPらしいタイトル戦をしようと云う美馬姐の提案で実現したカード。下田は黒のガウンに赤の木刀。ラスカチョは金と銀にトレードマークのイスで入場。府川は大向&B・J組のセコンドで白のチャイナドレスで登場。
 試合は序盤、美馬姐vs大向で開始、まだ手の内を探るような展開で、それぞれパートナーにタッチ。エッちゃんvsB・Jで互いに4つ手で組むところで、美馬姐再びリングイン、そのまま二人がかりで場外へ連れ出す。美馬姐は大向を連れ出して、アルシでは珍しい南定席通路での乱闘。三田は青コーナー付近でB・Jに対してイス攻撃、B・J額を割って早くも流血。最初は大したことないと思っていたのだが、見る見るうちに大量出血、ラスカチョ得意の場外戦で序盤の主導権を握る。
 ラスカチョは、出血のおびただしいB・Jに対して2人がかりで合体攻撃。時には三田のイス、時には美馬姐のミサイルキック。そしてと救出に向かおうとする大向にはタイミングの良い常会に叩き落とすエルボーと、コンビネーションの良さは抜群。大向組に付け入る隙を見せなかった。ジェシーは時折豪快なラリアットで反撃するが、単発の感は否めない。三田を相手にして倒しても、すぐ下田が横から踵落としと、攻撃がブツ切れ。とうとう、力つきて自陣の青コーナーに倒れ込むが、大向はリング下で戦闘不能。三田はそれでも容赦のないイス攻撃、あまりの酷さに見かねた府川が堪らずリングイン。大きなジェシーにかばうように身を挺して守る。当然府川の綺麗な真っ白なチャイナドレスは、ジェシーの真っ赤な鮮血で染まる。そして、その府川を守るように大向が身を覆う。そこへ三田が遠慮なくイスをぶつける。

 ラスカチョはその後もジェシーを捕まえ、合体してのエグいラフ攻撃が続く。ラスカチョのあまりの遠慮のなさに、大向とうとうキレて、真っ赤な木刀を持ってラスカチョに襲う(大向は初木刀かな?) たぶん大向はこれから真っ赤な木刀がトレードマークになるかも。武闘派ヒールになるかも知れない。ちゃまは背が高い分結構似合うが、木刀の扱いはまだ遠慮がち、一緒にキレたジェシーの方が木刀の扱いは上手かった。まぁ、たぶんそのうち馴れるかと思うけれど。
 試合は終盤までラスカチョペース。ジェシーは三田への、掟破りのデスバレーかと思いきや、デスバレーの様に三田を抱えて、そこからみちのくIIで落とすという新必殺技も、エッちゃんに返され万事休す。最後は三田のデスバレーから片エビ固めからピン。

試合後
下田「終わったな。コレがラスカチョのプロレスなんだよ。あんた良く知ってるよね。これからはVIPで今まで出さなかった、一つだけ出さなかった過激なプロレスを、それをこれからVIPでやっていこう。あんた流もある。私たち流もある。それぞれ。あんたそう云うの好きでしょ?」
大向「バカヤロォーーー!! おい! これからはこう云うのだぁーーーーー!!(コレも声が大きくて意味不明)」
三田「ちゃま、VIPの第一章は府川と共に今日で終わり。いいね。府川がVIPを代表して今日はこれでありがとう」
と、それで終わると思いきや、強烈な声が聞こえた
「ミチコー!(会場全員あたりを見回す)こっち!(本部席に茶色のシャツを着た女の子が) 久しぶり! アルシオンファンの皆様、白鳥です。初めまして。ちょっとだけ時間を下さい。デビューして10年経つけれども、美智子とはまだシングルマッチ一回もやったことなかったから、今の貫禄ある美智子を見て、闘いたいと思った。シングルマッチやってください」
大向「(困った風情で)今の、この試合が現在の大向美智子なんだけれど、この試合のレベルに、今の智香子が付いてこれるか、それがちょっと気になるんだけれど、でも、それでもやる気があるのなら、来て」
白鳥「最近、私ね、お笑いプロレスにはまっちゃっていて、こういうシビアなプロレスはご無沙汰なんで、そろそろ刺激が欲しいです。宜しくお願いします」


▽特別試合:府川唯未引退試合
○府川唯未(飛びつき腕ひしぎ十字固め5:28)×吉田万里子
 休憩の後、府川の引退のセレモニー。しかし今日は本当に良く入っている。普段のアルシの興行では北席を潰しているが、今日はそれも開けて、そのうえ掛け値なしの満員御礼である。引退の日に空席が目立つと選手が可哀想なので、やはりなんだか嬉しい。青コーナーの花道には府川に花を渡す為のファン50人が並んでいる。
 セレモニー開始と共に、府川は南席最後列の西寄り扉から、鮮やかな青の水着を纏って階段を下りる。そして中央の通路を東に向かい西からフロアに入り、さわやかな笑顔を振りまきながら場内を一周してリングに入る。
府川「セレモニーを始める前に、ひとつ、一つだけ心残りがあります。・・・・ 吉田さ〜ん、吉田選手・・・、最後に試合してくださいませんか?」
吉田出てきて、「社長やらせて下さい」
ロッシー「えー、最後の気持をしっかり受け止めます。その代わりファンの皆様に心配を掛けてもいけないから、スタンドプレイ一切無し。そう云う限定の試合で納得のいくモノをやって下さい。それから一つ・・・」(と云ってロッシー青コーナーの花道に消える。そして一人の小太りした男を引っ張ってくる、その男は元全女の大塚リングアナ、大塚リングアナのコールで両者紹介される。)

 試合はグラウンド技のみの試合。まず手4つから、府川が吉田を袈裟固め、離れて、吉田キーロック(?)、そのまま足を入れての変形裏アキレス、今度は府川が変形グランドコブラ(?)、吉田がロープに逃げても、府川先に立ち上がって、ストンピングをかますのはご愛敬。その後脇固めから流れて膝十字、そしてナガタロックIIと流れるような展開。最後は得意の飛び付き腕十字固めで、なんとか逃げようとする吉田を抑えて、伏せた状態でのギブアップ勝ち。府川は有終の美を飾りました。
感想:面白かったと思います。この後もこう云うグラウンド限定的な試合もたまに設けても良いんじゃないかと思います。


▽府川唯未引退セレモニー
 最初、お客さん50人の花束贈呈(ちなみにこのお客さん府川の引退試合はフロア待機で雛壇ではなかったので見にくそうでした) そして関係者、選手関係、田中稔@新日の花束贈呈での紹介アナウンスは「田中選手とはP☆MIX GPでチームで組み、そして初代王座を争いました」(それだけでした) 花束贈呈の後、すれ違がって下がるみのるタンを、府川は振り向いて目で追いかけるかな?と思って見ていましたが、それもなかった。
 その他、他団体ではNEOの田村様、椎名、タニー。JWPでは日向。全女では前川の代理としてただっち。最後は、ファンから贈呈として特別のチャンピオンベルト、会社からはコレも鮮やかな青のメモリアルガウン。そして大ラスはお母さんからの花束の贈呈。そう云えば小泉純一郎から祝電も紹介されていた。

場内暗転でピンスポットを浴びて、府川の引退の挨拶
「今日は、本当にありがとうございました。ただ今よりプロレスを引退することになりましたが、8年間の選手生活に悔いはありません。プロレスに出会えて、たくさんの仲間に出会えて、そしてファンの皆様に出会えて本当に幸せでした。私はプロレスラーになったことを将来誇りに思います。引退してもずっとアルシオンのメンバーです。そしてこれからもっともっと輝きます。8年間応援ありがとうございました。」
 そして、引退のテン・カウント。最後は青と白の紙テープと、小さな花びらで埋め尽くされたマットに大の字、そして黒のリングシューズをマットに残してリングを降りる。
 締めくくりはVIPのメンバー(大向、下田、三田)の騎馬で場内一周。


総括
終わった時間は11時近くと長かったけれど、まぁまぁ面白かったです。でもファン50人は多すぎたかも。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ