「我々は歴史の証人になった!」
■団体:ZERO-ONE
■日時:2001年3月2日
■会場:両国国技館
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

確かこれは旧UWF旗揚げ時の週プロのキャッチコピーだと思うが、当時は団体の運営
にはTV局のバックアップがなければ考えられないとされていた時期であり、その大仰
なコピーも決して大げさなものでもなかった。
ところが今や最早何団体あるのか専門誌の記者ですら、恐らく把握していないであろう
状況であり自分も何団体の旗揚げに立ち会ったか記憶にないくらいだ。
特にヒドかったのは新生UWF分裂後に藤原組、リングス、Uインターと続いた時で、
「オレたち、歴史の証人になりまくりだな」と一緒に観戦していた友人に囁かれた時は
旗揚げの挨拶中にも関わらず爆笑してしまった。

そして今回も歴史の証人になりに行ったわけだが、この日は文句なく最高の夢のカード
が用意された旗揚げ戦と言えるだろう。ファイト紙によると今大会のPPV枠はあくま
で新日本のビジネスでのものらしく、それ故のテコ入れ策が永田投入だったらしい。
でもまぁそんな事は金を払って観戦する自分には全く関係ない。「行かなくては!」と
思わせてくれるカードを組み、「来てよかった、また行こう!」と得した気分で送り
出してくれれば結構だ。

開始30分前には当日券も完売と幸先のいいスタートとなりそうな予感。やはり観客が
多い興行だと見る側も気分が乗ってくるというものだ。当然入り口には数々の花が送ら
れていたが、プロレスラーからはライガー、高田、中西百重等。著名人はベイスターズ
の鈴木と三浦、globeのKEIKOが目立ったところだ。

7時2分過ぎに暗転し、「ツァラトゥストラはかく語りき」がかかり、続いて橋本の
入場曲の前フリ(福岡ドームのテーマと聞いた記憶が)の中、橋本が登場。
湿っぽくもないが強い決意が感じられる簡潔な挨拶で良かったと思う。


第1試合:◇星川尚浩(フリー)VS 丸藤正道(NOAH)

もうしばらくは大阪プロとの契約が残っていて身動きがとれないと思っていたので、
星川の突然の、しかも特に接点はないと思われる01(面倒なので残り全部コレで)
登場には驚かされた。舞台裏はともかく取りあえずは思いがけない好カードの実現を
喜びたい。それにしてもNOAHの丸藤、小林、杉浦は小粒とは言え、将来を約束
されたと言っていい逸材だ。他団体との交流で色々なタイプの選手とも戦える環境に
あるのも夢が膨らむ。
試合は丸藤の華のある動きの合間の星川のもっさりとした動きがイマイチ噛み合わない
前半を、丸藤が受けに徹する事により盛り返したという感じ。
とにかく丸藤の独創的かつ華麗な動きにはほとほと驚かされる。SUWAが得意とする
ロープ越しのエルボーや突進する相手をすかしてコーナーから逆転のスクール・ボーイ
も素晴らしいが、滞空時間の長いミサイル・キックは本当に一瞬時間が止まったかの
ようで、「目に焼き付く」という言葉を実感する思いだ。
所謂バトラーツ風のバチバチでしか攻めない星川の切り札「流星キック」(コーナ
ートップからの延髄斬り)をクリアした後はこれまた独創的な回転エビの後、不知火
(コーナーを利用してのリバースのスタナー?)でフィニッシュ。
01はいきなりNOAHから素晴らしいプレゼントを貰った格好だ。
それはともかく今後01は契約が宙ぶらりんの選手たちの中継点として、便利に使われ
ていくような気がする。まるで数年前のECWだ。こっちは今月でクローズらしいが。


第2試合:◇藤崎忠優 (夢ファク)VS 斎藤彰俊 (フリー)

「青柳館長が新日を離脱したのは彰俊よりギャラが安くなったから」と聞いた事が
ある。結局インディーで細々ながらプロレス活動を続けてきた館長よりも、唐突に復帰
した彰俊の方が必要とされているというのもまた皮肉な話だ。
試合の方は最初の2発のキックで、藤崎がまだ彰俊の相手をするレベルにはない事が
露呈された。とにかく体の厚みが違い過ぎる。
途中トレードマーク技らしい、ダウンした相手への「はいはい」で走り込んでの頭突き
を見せるもそれまで。
最後は延髄斬りでのフィニッシュとなったが、足の甲が後頭部に巻き付く当たり具合は
非常に説得力があった。
サスガに彰俊はW・ING同窓会には出ないだろうなぁ。館長は判らないけど。


第3試合:「SB提供試合」

見ないでコレ書いてました、スイマセン。でも一応ひとこと。
試合の盛り上がりも全く把握せずに書くのもどうかとは思うが、客層が違う中で試合を
するならば、それをチャンスと捉え観客動員に繋がるカードを提供するべきだと思う。
橋本と小川の初対決時も「初めて観戦に来る人も多いだろうから、もうちょっと考えた
カード組めばいいのに」と思ったものだ。


第4試合:◇谷津嘉章(SPWF) VS ゲーリー・スティール(NWA・UK)

グッドリッジと橋本の対戦を批判していた谷津が登場する事自体に驚かされたが、
ビデオですら最近の谷津のプロレスの試合を見るのは何年ぶりか・・・。
そう考えると「オリャ!」の掛け声が全くなく歓迎ムードで始まるのも頷けるという
ものか。とにかくグッドリッジ戦で見せた左手を前に出すポーズに歓声があがるところ
に客層の変化を感じた。自分からしてみると「なんだ、自分も利用してるじゃん!」
という感じだが。
まぁそもそも谷津の試合で記憶に残るものと言えば、先のグッドリッジ戦を除けば
ボロボロにされたデビュー戦と、長州と組んでの鶴龍とのタッグに高田との試合位か。

試合は意外とシェイプされた谷津に少し驚かされたが、内容はまぁこの日の興行よりは
UFOや猪木祭りの方がまだ違和感がないのでは?という感じ。もっとも猪木祭りに
出るにはスティールのネーム・ヴァリューにかなり問題があるが。
終盤谷津のキャプチュードにスクっと立ち上がり、続けざまのフロント2発も立ち上が
るもトドメのバックドロップ3連発に沈むスティール・・・と書けばそれらしいが、
その頃にはダルダルで早く終われという雰囲気が充満していた。
谷津もグッドリッジ相手に1回半分シュートみたいな試合したくらいで、免罪符を手に
入れたような気分でいるのもどうかと思うぞ。

ここで休憩。入場者数11000人の超満員札止めと発表されたが、先日のリングス
(こちらは10260人と発表)とは違いマス席に4人詰め込み、座席の赤い部分を探
す事のできない文句ナシの超満員だ。記憶する限りでは神取対北斗がこの入りに匹敵す
るぐらいか?
また猪木からのメッセージも流れる。どうも最近は「バカヤロー!」がお気に入りの
ようだが、今日はちょっと使い方に無理があったような・・・。


第5試合:◇大谷晋二郎(ZERO−ONE) VS 村上一成(UFO)

実はメインよりもこの試合の実現が観戦に踏み切らせた理由だったりする。大谷は桜庭
や垣原相手にその日一番と断言できる試合をしていたし、常々村上は新日Jrでこそ
その魅力を発揮できると考えていたからだが、残念ながら十数年前に使い古されたはず
の道場での襲撃アングルが尾を引き、期待通りの試合展開とはならなかった。
村上はスキンヘッドで小川の姿はセコンドになし。大谷はグローブを装着しての入場。
大谷はリングイン後すぐ村上を急襲するも、根本的にセオリーができておらず返り討ち
に遭う。途中村上の2発目の払い腰をジャーマンで返した部分くらいがプロレスらしい
展開で、あとは乱打戦となる。村上は全身で感情を表現したりとキャラクターもいいの
だが、もう少し違った引きだしさえあればかなりブレイクするのにちょっと勿体無い。
石川に負けた記憶も薄らいでいないため、当然大谷の勝利を予想していたのだがパンチ
連打によるレフェリーストップで場内は騒然となる。
しかし「水持ってこい!」と叫ぶ男が島田裕二だけに場内には失笑がもれていた。


第6試合:◇高岩竜一(01)・アレクサンダー大塚(バトラーツ) VS
       高山善広(フリー)・大森隆男(NOAH)

高山のプライド出陣宣言を「勘違い」と考えている人は多いと思う。自分もせっかくの
タレントを生かすマッチメークで使っていくべきと思うが、別に「勘違い」している
とは思わない。
ヤマケンのUFC-J初登場が決定した時も「道場生相手のスパーで自分の実力を過信してい
なければ・・・」と心配そうなコメントを出していた時はちょっと驚いたくらいだ。
その高山のフリー宣言後第一戦の相手にアレクがいるのは面白い偶然だ。
ノーフィアーは久しぶりだが、観客に認知されている事も手伝ってすでに「ヘタウマ
の面白さ」は逸脱している事を実感した。
体の大きさから来ると説得力のある動きと、ところどころで見せる「プロレス心」の
あるアクションは他の日本人チームではマネのしようがない。
また高山とアレクの間で、ソレっぽい攻防がなかったのを高山のアレクに対するリスペ
クトとするのは考え過ぎだろうか。それよりも印象的なのはアレクが高岩よりも更に
小さい事だった。フアスに勝ったという事実もそろそろ賞味期限切れだろう。プロレス
での地位の確立にまずは期待したい。
また個人的にはノー・フィアーは好きなチームなので、プライドでどんな結果が出よう
とできればこのまま継続していって欲しいと思う。


第7試合:◇永田裕志(新日本)・橋本真也(01) VS
       秋山 準・三沢光晴(NOAH)

いきなり「橋本がジョブするんだろ?」と長州にゴング誌上でブチ上げられていたが、
予想通りの橋本ジョブ。三沢への垂直落下DDTを秋山が張り手でカットした事に
キレた?橋本が背中を見せたスキに三沢の中途半端なジャーマンでピン。
ベイダー相手にキチンと決めている三沢からは考えられないところからも、今日は三沢
の不調具合が感じられた(ちなみに今日はまだ良い方という意見もある)。
新団体の旗揚げにエースが負けてビックリ!というのは闘魂伝承を打ち出す01なら
当たり前と言うべきか・・・。
まぁ冗談はコレくらいにして、とりあえずは多分2度とないであろうこの対戦を実現し
てくれた事に感謝したい。個人的に現時点で日本最高のレスラーは秋山という自分の
評価を確認したいという気持ちもあったが、正直に言って責任感の伴わない気楽さ
からか一番試合をエンジョイしていた永田に持っていかれたというのが率直な印象だ。
当初はXが永田である事に不満を言ってもいいのか、満足するべきなのかファンの側も
困っていた感じだったが、結局試合を盛り上げていたのがその永田だから面白い。
以前ドームでG・高野がセオリーもクソもないメチャクチャな試合で全日本の選手を
怒らせた事があったが、永田はさすがに新日っぽいセオリー崩しはスパイス程度に
押さえ、秋山は勿論三沢も翻弄するシーンを見せていた。

試合後には突然小川が登場し、負けた橋本を揶揄すると返す刀で三沢にもチョッカイ。
ここで三沢たちは付き合ってられないとばかりにリングから降りるかと思ったが、なん
と三沢自ら小川につっかかりリング上は大混乱に。
気がつくと藤田までリングに上がり、Tシャツを脱ぐ。書いているとキリがないので
大幅に割愛させていただくが、観客が総立ちになる中マイクを握った藤田が
「誰が一番強いか決めればいいんだ」とかつての前田の発言のコピー。
「そうか、今藤田があの時の前田のいた位置にいるんだな」と思った直後マイクを橋本
に渡された三沢が「絶対におまえ等の思い通りにはならない」と宣言。この発言を観客
が予想以上に支持していた事には驚かされたが、橋本が「思い通りにしてやる」との
マイクにも同じ程度の支持が。続いて解説席への武藤コールも起こったがこちらはノー
アクション。ここで蝶野がテーマ曲付きで登場したらスゴかったが、会場にいる限りは
来ているかも定かではなかった。
とにかく無責任なファンの「こうなればいいなぁ」という希望を充たして、新団体?0
1は無事??この日の興行を終了した。


 「総括」

「シュート・アングル」と言えば格好がいいが、この一連の騒動に関して真実は誰も
把握してないような気もする。特に橋本はアングルと現実の区別が全くつかないでいる
のでは?と思わせる言動も多い。
それでもそんなマニアの邪推、戯言を封印するだけの好カードさえ用意してくれれば
また会場に足を運びたいと思う。とにかく今日は満足だ。ただこれだけの事をしたから
にはどこかしらでホコロビがでてしまう事もあるだろう。
そう言った意味も含めて、やはり今日は「歴史の証人」になったと言える興行だと
思う。
また01はPPV放送前提の大会場限定で活動していくのだから、いっそ試合数を
少なくし、2時間くらいの興行を念頭においていくのがいいように思う。
史上初の「まずPPVありき」という団体のビジネス展開にも注目してみたい。


 <試合結果>

第一試合 真世紀天翔(30分1本勝負)
○丸藤正道 vs 星川尚浩×
(16分00秒 不知火〜エビ固め)

第二試合 バースプレイス・オブ・ストロングスタイル(30分1本勝負)
×藤崎忠優 vs 斎藤彰俊○
(4分16秒 延髄蹴り〜片エビ固め)

第三試合 スタンディング・ファイティングアスリート(SB提供試合)
○YU−IKEDA vs 東方 武×
(2R2分20秒 フロントチョーク〜TKO)

第四試合 レッスルマスター in 真世紀(30分1本勝負)
○谷津嘉章 vs ゲーリー・スティール×
(9分55秒 バックドロップ〜片エビ固め)

第五試合 (30分1本勝負)
×大谷晋二郎 vs 村上一成○
(7分11秒 チョークスリーパー〜レフェリーストップ)

セミファイナル エクスプロージョン・オブ・パワーマウンテン(30分1本勝負)
アレクサンダー大塚 ×高岩竜一 vs 大森隆男○ 高山善広
(7分33秒 アックスボンバー〜片エビ固め)

メインイベント 闘魂vs王道 決戦の時来たり。(30分1本勝負)
×橋本真也 永田裕志 vs 三沢光晴○ 秋山 準
(19分10秒 投げっぱなしジャーマン〜体固め)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ