3/2修斗後楽園大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2001年3月2日
■会場:後楽園ホール
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

最初は空席が目立ちまくって心配だったけど、開始時間には8〜9割の入り。
ちょっと寂しいなー。って思ったけど、マモルメインの平日ならこんなものかな?

では早速。

【第1試合】ライト級 5分2R
○山本"KID"徳郁(日本/PUREBRED大宮)64.6kg
判定 3-0
●塩澤正人(日本/和術慧舟會)64.9kg
※ 鈴木[メイン]20:18 横山[サブ]20:19 菅野[サブ]20:19

KIDは黒の大きめトランクス。相変わらず凄まじい上半身の筋肉。でも骨格は小さいかも。
お尻にKIDの文字。友人や知人が多数来ていたようで、声援が今大会で一番多かった。
レスリングをやっているのかちびっ子達も多数来場。
塩澤は黒いスパッツ。なかなかキレのある体。

1R 塩澤ローをたまに当てる。パンチも出す。KIDパンチ出す。二人とも動き堅いがKID特に堅い。
KID最初のタックルは塩澤落ち着いて切る。コーナーの差し合いからKIDテイクダウン。
塩澤下から激しく関節蹴り。KID後退。KIDインサイドに入りパンチ打とうとするも上手く打てない。
塩澤手を掴んでガード。下からもパンチ。練習してきたようで上手い。アリ・猪木状態になり上から
下からお互い蹴り合い。

2R KIDパンチ強烈にヒット!塩澤効いていないものの後ろに倒れる。またアリ・猪木状態。
塩澤すぐ立つ。左ストレートの打ち合いは相打ち。特に見せ場が無かったが、残り30秒で、KIDが凄い
形相で、気合いを入れながらパンチラッシュ!塩澤後退しながらもパンチを返す。少しKIDのパンチ入る。

2Rのパンチの攻勢が効いてKID判定勝ち。しかしその倒したパンチ以外有効打は無くなんとか判定勝ち
といった感じ。打撃も粗いしバランス悪いし、上になっても攻めあぐねるし、シューターとしてはまだまだ。
潜在能力は抜群なのでこれからか。というか僕が期待しすぎた(^-^;)。もっとパンチで吹っ飛ばして、
ガンガンテイクダウンしちゃうのかと思ってた。
塩澤選手さすが慧舟會、バランスがいい、GOODな選手だった。


【第2試合】70.0kg契約 5分3R
△竹内幸司(日本/シューティングジム横浜)69.3kg
ドロー 1-0
△門脇英基(日本/和術慧舟會)68.8kg
※ 鈴木[メイン]20:19 横山[サブ]19:19 菅野[サブ]19:19

非常に楽しみだった一戦。二人とも抜群の業師で好きな選手。しかも竹内選手はコンプリートファイティング
でまだアマだった門脇選手に腕十字を極められている。実はリベンジ戦。

1R 竹内早いロー。門脇いつも通り引き込み狙うも竹内凌いで寝技にいかせない。門脇両差しになるも
竹内差し替え。竹内組んだままヒザを門脇の顔面へ!上手い!何回も。門脇また引き込み狙いで倒れる。
竹内立って凌ぐ。門脇足絡めるも、竹内つき合わず背中見せて逃げる。門脇立って追う。すると竹内、
飛びヒザ!そしてロー。また竹内引き込み、足刈りで倒す!も竹内すぐ立つ。今度は門脇の右パンチ
当たる。竹内はバックハンドブローで返す。

2R 門脇飛びついて引き込み狙う。竹内はそのまま落として離れる。門脇ミドルを竹内取って倒して、
上からパンチ。門脇足刈りからそのままタックルしテイクダウン。そのままパス!さすが門脇!がすぐ
竹内ガードに戻す。アリ・猪木状態になる。門脇インサイドに入りパンチ落とす。今度は竹内が得意の
横浜ガードで翻弄。下から蹴り上げ。下がってきた頭に踵を落とす。

二人とも下が得意、業師のぶつかり合いという期待通りの最高におもしろい試合に。
あー見れて良かった。結果はドロー。個人的には2Rも竹内選手が余裕を持って戦っていたので、竹内選手
勝利かと思ったが、竹内選手はもったいない星を落としてしまった。もっと相手の穴である、打撃で
攻め込む時間が多ければ、もっと自分のペースで戦えたのに。
門脇選手はかなり苦しんだが、見せ場も作ったところはさすが。あのスタイルがどこまで通用するか
いろいろな対戦が見たい。


【第3試合】ミドル級 5分3R
○中尾受太郎(日本/シューティングジム大阪)75.6kg
TS 3R 3'09"
●トーマス・デニー(アメリカ/チーム・ワイルドマン・バーリ・トゥード)76.0kg
※ 喉絞め

受太郎金髪に。デニーはもちろん金髪。そして相変わらず全身入れ墨。趣味の悪いスパッツ(^-^;)。

1R デニーがローや細かいパンチを打ちながら回る。受太郎はじっと動かず。いきなり受太郎左ストレート
一発!デニー吹っ飛ぶ!が特に効いてはいないようで立つ。受太郎左フック連打でデニー横向く。
受太郎いなしてそのままマウント!しかーし、一気に攻めずにそのままコーナーへ。アームロックは狙うが
特にパンチ打たず。そのままゴング。終了間際も攻めないのはなぜ(^-^;)?

2R パンチ打ち合い。受太郎テイクダウン、ハーフへ。またもコーナーへ詰める。デニーが立とうと
したところマウント!デニー手を掴んで殴らせない。で、ゴング。

3R デニータックルも受太郎切ってバック狙う。デニーハーフに。アリ・猪木状態から受太郎パス!
パンチ打って、腕と上体固め、回ったりする。そしてマウント!コーナー際一気にパンチ連打!
ストップかかってもおかしくないほど。受太郎が喉輪の様に首を絞めたらしく、デニーがタップ?
デニーは抗議していたけど、それ以前に殴られまくってたから・・・。

それにしても受太郎の戦い方はどうだろう。まあ簡単に言うと安全策なんだろうけど、3Rまで行く必要が
あったの??スタミナそんな自信ないの?1R終盤で決めて欲しかったし、出来たと思う。
以前後楽園メインを張った選手、ミレティッチを締め落とした選手にしては寂しいんじゃない?
デニーはいい人なんだけど、クラスAでの試合はもういいかな。


【第4試合】60.0kg契約 5分3R
○大石真丈(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)59.5kg
S 2R 2'48"
●太田吉信(日本/四王塾)59.8kg
※ スリーパー・ホールド

太田選手今回も長ラン着用。塩崎塾長も当然セコンドに。

1R 大石強引に組んでいく。太田は組まれながらもパンチやヒザを打ち込む。大石テイクダウン。
ハーフに。足を抜こうとしながらアームロック狙い。一回足抜くもまたハーフ。
大石がパス際、太田は鉄砲気味に相手を押し上げ立とうとするも、また捕まり自らガードに。腕をかんぬき、
足をあげていく。大石は足をコントロールし、ハーフ。マウントと同時に腕十字!
太田上体起こして凌ぐ。クラッチ切れずゴング。

2R 大石タックル。太田はアームロック狙うも大石は持ち上げてテイクダウン。太田スイープ!
大石タックル、太田はがぶりからパンチ。結局大石テイクダウン。太田ギロチン狙うもハーフで決まらず。
大石マウントからバック!スリーパー狙い。太田凌ぐも3度目のトライで極まる。太田しばらく立てず。

大石またも完勝!強い。寝技では図抜けている。ライト級で揉まれてきた実力をまざまざと見せ付けている。
うーん、もう頂点が見えてきたか。


【第5試合】70.0kg契約 5分3R
○ライアン・ボウ(アメリカ/無所属)69.3kg
判定 3-0
●八隅孝平(日本/パレストラTOKYO)70.0kg
※ 鈴木[メイン]30:29 横山[サブ]30:28 菅野[サブ]30:27

ライアン金と黒のマダラヘアー。ヤスミンは三味線で入場。

1R キック打ち合い。ボウ、ヒザ狙うもヤスミン警戒して当てさせない。コーナーで差しあい。
ボウのヒザでローブロー。ブレイクになりヤスミン休む。ボウ両足タックルで倒す!ヤスミンさすが
粘って立ち上がる。二人でヒザ打ち合い。今度はヤスミン、テイクダウン。ボウは早速アームロック狙う。
ドントムーブとなり、ボウがアームロックを決めかけ、ヤスミンが足を抜いて逃げかけたとこでゴング。

2R ヤスミン足を掛けテイクダウン。ボウはガード。ヤスミン、アミールを狙うも読まれる。ボウは
得意のアームロック。ヤスミン、パスを狙い、ボウが逃げたところをバックを取る!が、すぐボウは反転し
インサイドに。ヤスミン立つも、またテイクダウンされる。ボウ、ハーフになるがまたガードに。
ヤスミン、下から細かいパンチ。ボウは離れて側転パスガード!ヤスミンは亀になって立つ。

3R ボウ、ハイを打つ。ヤスミン、テイクダウン。ヤスミン、パス狙い、バック狙う。ボウは立ち、
ヤスミン飛び乗るも、落とされる。ボウがぶるも、ヤスミン立つ。ボウ外掛けでテイクダウン。
ヤスミンタックルで倒すもボウ、勢いで反転。そのまま腕十字に!ヤスミンクラッチして凌いでゴング。

非常に動きのあるいい試合。お互い打撃で攻め込み、テイクダウン、ポジションを奪い合う試合だったが、
仕掛けが多かったため、関節を取りかけた機会が多かったボウの判定勝ち。

またまた評価を上げたボウ。打撃も寝技も持ち味があり、弱み、追い込まれた場面がほとんどない。
最近は怖いものなしの状態か。次回はどのランカーと戦うのか楽しみ。
最近の勢いなら一気にタイトル戦線までいきかねない。

とうとう初黒星のヤスミン。持ち味も出したが、打撃でイニシアチブがとれず、テイクダウンしても、
抑え切れなかった。


【第6試合】ミドル級 5分3R
●加藤鉄史(日本/PUREBRED大宮)75.8kg
判定 0-3
○アンデウソン・シウバ(ブラジル/シュート・ボクセ)74.9kg
※ 鈴木[メイン]28:29 横山[サブ]28:30 菅野[サブ]27:29

シウバはモンコンつけて入場。かなーり高い身長。プロフィールの180cmは間違いで189cmという噂。

1R シウバは高い背を低ーくして、じっとカウンター狙い。鉄史は体を振りながらシウバの周りを回る。
鉄史の打撃は見切られる。シウバのプレッシャーがきつくて鉄史は入っていけない。
シウバは強烈な左ストレートを打ち込む!ますます入りにくい鉄史。シウバのミドルをとって鉄史
テイクダウン!ガードのシウバ下から長ーい手を伸ばして鉄史の頭を押さえ、もう片方でガンガン下から殴る!
鉄史、ハーフなるがシウバ下からアームロック。凌いだ鉄史が今度はアームロック!そしてマウント!
パンチ打つも、すぐハーフへ。

2R パンチ打ち合い。鉄史のタックルは頭を抑えられ入れない。シウバのジャブが当たりだす。
鉄史は頭を振るも、バシバシ当たる。顔が赤くはれ上がる。加藤果敢にタックルするも切られる。
終盤なんとかテイクダウンするも、すぐゴング。ますますスタミナ消耗したか。もうこの時点で
鉄史の勝ちが見えなくなってくる・・・。シウバの強いパンチがいつ当たるかって感じ・・・。

3R またまたシウバのパンチ当たる。シウバ左ハイも。差しあいになりシウバは長い手を股に回し、
テイクダウンも狙う。なんとか鉄史テイクダウン。スタミナが切れながらも必死でパスを狙うも、シウバは
三角に捕らえ、下からパンチを連打。

鉄史はもうフラフラ。自分で立っていられないほど。当然判定はシウバに。
ただのノッポの選手だと思っていたがさすがシュート・ボクセ!素晴らしい総合の選手だ。
あの鉄史をここまで翻弄したのだから、相当の実力だ。なんといっても規格外の体。誰がテイクダウンして
極められるのか。マッハですら心配だ。とにかくまた見たい。
鉄史完敗はショックだ。自分でもゴン格で負けたら終わりだって言ってたのに。


【第7試合】60.0kg契約 5分3R
○マモル(日本/シューティングジム横浜)59.5kg
S 1R 3'57"
●ジルド・リマ(ブラジル/シュート・ボクセ)59.9kg
※ 腕ひしぎ十字固め

マモル、金髪でサイドを刈り込んでいる。うーんあんまりおしゃれじゃないような・・・(^-^;)。
ガウンもどぎついし・・・。個人的には前のボンバヘッドの方が好き。
リマは白人。またもモンコンをつけて入場。マモルと同じぐらいの身長だが、かなりガッチリした体。

いきなりマモルタックル!速い!リマ、スタンドのままギロチンに捉える。がぶって離れる。
またもマモルタックル。しつこくテイクダウン狙うもリマ粘ってなかなか倒れない。しかし倒し、
ハーフに。リマは強烈なギロチン!マモル、パスするも起きられる。またタックルも起きられる。
リマは非常にパワーを感じ、このまま行くとマモルのスタミナが心配になる。今度はマモル、足を掛け
テイクダウン。ハーフからパス!今度はじっくり抑え、脇を差して反対に回り一気に高速腕十字!
リマタップ!
うーんリマが本当に強そうだったからヒヤヒヤしたが、見事一本で素晴らしい勝利!
その素晴らしいメインの締め方に思わずスタンディングオベーション。

マモルは本当にフェザーの救世主だ。このままどんどん迫ってくる国内、国外の敵と素晴らしい戦いを
見せてほしい。
リマもさすがシュート・ボクセ。いい選手だった。マモルじゃなかったら誰が勝てるかと思うほど。

地味ながらも退屈しないいい興行だった。さあ、そろそろ下北ラッシュの時期だ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ