修斗観戦記
■団体:修斗
■日時:2001年3月2日
■会場:後楽園ホール
■書き手:澪淋
今年2回目の後楽園興行。集客力に欠けるカードだなと思いつつ会場入りするとかなり空席が目立つ。
ここ2・3年の後楽園興行の中では1番観客数が少ない。7割ぐらいの入り。

第一試合 65kg契約5分2R
○山本“KID”徳郁(PUREBRED大宮)VS ×塩沢正人(和術慧舟會)
  
女子レスリング山本美憂の弟徳郁が“KID"ミドルネームをひっさげデビュー!体つきをみると見事に逆三
角形していてる。

1R レスリングでは見事な実績を残している“KID"タックルでグランド勝負にいくと思ったのだが意外に
も打撃勝負にでる。何度か猪木・アリ状態になり1R終了。

2R 1Rと同じく“KID"はスタンド勝負。右ストレートで塩沢を倒すがダウン認められず。
そのまま猪木・アリになり膠着気味。
残り30秒で“KID"ノーガードで殴り合い。
終了後、観客大拍手。
打撃でポイントを取った“KID"が3−0で判定勝ち。

第2試合 70kg契約5分2R
△ 竹内幸司(STG横浜) VS △ 門脇英基(和術慧舟會)

2連勝中の門脇このまま勢いに乗るかと思われたこの試合。

1R 門脇、グランドに持ち込みたいが竹内それをさせまいと指し合いになり1R終了。

2R 門脇ようやくグランドにもちこむが竹内のガード固く決めきれず。
結局1−0でドロー。

第3試合 ミドル級5分3R
○ 中尾受太郎(STG大阪/7位) VS ×トーマス・デニー(アメリカ/チーム・ワイルドマン・バーリ・トゥード)
      3R3分39秒・TKO
昨年9月に加藤に敗れたデニー、そのときはヒョウ柄の頭をしてきたが今回はなし。

1R 受太郎、いきなり左ストレートでダウンを奪う。デニーカウント9で立ち上がるがダメージありあり。
受太郎、マウントを奪いコーナーに移動するが極めず1R終了。

2R 受太郎、上とるもなぜか極めるようすなし。

3R 2R同様上をとりコーナー際に移動しマウントパンチ連打でKO
余裕があるのならとっとと極めてほしいと思う。

第4試合 60kg契約5分3R
○ 大石真丈(Kzファクトリー/4位) VS × 大田吉信(四王塾/5位)
       2R2分48秒・チョークスリーパー
1月の大会で見事1本勝ちした大石、対するは横浜文体以来の出場となる大田。

1R 組み合いからグランドへ。大石、マウントを取り腕十字にいくが大田しのぎ1R終了。

2R 大石テイクダウン、大田1回返すが大石片足を取り続けまた上へ。
大石バックを取りスリーパーへ。大田しのごうとするがしのぎきれずタップ。
大石これで2連勝。フェザー上位陣とのからみが面白くなると思う。

ここで今年から制定された月間表彰に移る。
プロ部門のMVPとベストバウト賞になった郷野がリング上へ。
「授与したことより金一封がうれしいです。」と正直な一言。

第5試合 ウェルター級5分3R
○ ライアン・ボウ(アメリカ/無所属/8位) VS × 八隅孝平(パレストラTOKYO/9位)
昨年のアブタビコンバット日本予選では五味隆典からポイント勝利し組み技では定評のある八隅。
対するは後楽園3回連続出場のライアン。今回はラムちゃんの水着の色の頭で登場。

1R ライアン、グランドに引き込みたいが八隅引き込まれず。
ようやくグランドになりライアン下からアームバーをしかけるがここでゴング。

2R スタンドレスリングから八隅テイクダウン。ライアンガードポジションから返そうとするが逆にバック
を取られる。
スタンドに戻り猪木・アリからライアン側転パスガード。一瞬上四方をとるが八隅素早く察知し再びスタンドへ。

3R ライアン押し込んで打撃をはなつが押し込みすぎて八隅に上取られる。
ライアン、フロントチョークねらうが取れず、八隅もバックを取りスリーパーをねらうが取れずスタンドへ。
ライアン、アームロックを極めたまま投げそのまま腕十字、八隅それをはずしたところでゴング。
技術の攻防はまるでUWFの理想を見ているようだった。本日のベストバウト。
3−0でライアンの判定勝ち。

第6試合 セミファイナル ミドル級5分3R
× 加藤鉄史(PUREBRED大宮/1位) VS ○ アンデウソン・シウバ(ブラジル/シュート・ボクセ)
タイトルマッチでマッハに敗れはしたもののその後負けなしの加藤。この試合に勝ち更に上昇気流に乗りたい所だった
のだが・・・。

1R 171センチの加藤に対して180センチのシウバ、かなりリーチ差がある。
加藤、シウバの蹴りをつかみ上へ。シウバ長い手足を有効に使いガードポジションからパンチを放つ。
加藤、アームバーをしかけそこからマウントをとるがここで1R終了。

2R シウバ、加藤をコーナーに追い込みパンチ。加藤けっこういいやつを何発かもらいかなり体力を消耗する。
加藤、ようやくグランドにひきこむがここでゴング。

3R どうみてもスタミナ切れな加藤。テイクダウンとるもシウバのガード切り崩せず。逆にどうみても形だけ
の三角を極められつつここで終了。
結局0−3の判定でシウバの勝ち。加藤痛い負け。

第7試合 メインイベント 60.0kg契約5分3R
○ マモル(STG横浜/フェザー級王者) VS × ジルド・リマ(ブラジル/シュート・ボクセ)
      1R3分57秒・腕十字 
NK大会でフェザー級王者となったマモル。初の後楽園のメインイベントの重責をになえるか。

1R マモル、タックルしかけるがリマにフロントチョークを取られるがはずし再びスタンドへ。
またタックルにいくがまたもやフロントチョークをリマに取られるがはずし持ち上げテイクダウン。
そのまま横四方からニー・イン・ザ・ベーリングにいき、腕十字!
お見事!このまま突っ走っていってもらいたい。

観客が少なかったが試合自体はかなり面白かった。
これからもどんどん面白い試合をしていって欲しい。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ