2.24 RINGS
■団体:RINGS
■日時:2001年2月24日
■会場:両国国技館
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

リンオタとこれからも、ああだこうだ言うのなら、KOKファイナルくらいは見ないと仕方ないだろう。ということで行く気になったのだが、というのはウソでまあ本当はこのカードなら行かないという感じ。

3時開始とチケットには書いてあったが、隣の人が言うにはWOWOWの放送が3時半だから、たぶん3時半ですよだって。そして本当に放送きっちりに始まりやんの。まあ、いいけどさ。この時点では8割の入りで最終的には9割入り10.260人超満員ということだ。まあ、年に一度だからね。
ちなみにこの日はリンさんと観戦。2階の一番安い席なのだが、リンさんはよりによって凄い見易い席を取ってくれた。しかも純米酒、おつまみ持参で。この純米酒のうまいこと。最終的に3〜4合は飲んだな。ゴチです。

まず、選手入場。GAEAの入場式とかワクワクするけど、ごつい奴等が芸もなしに何人も来られてもね。まあ、酒が進むね。だけど、ライティングは昨年の武道館よりもしょぼくなったね。金が無いのか質素を心懸けたのか分からないが。ただ音響はかなりいい。2階席でもベースが腹にずしりと来る。

1.金原弘光 延長3分24秒 KO デイヴ・メネー

いくらポジショニングが上手いからとと言われても、マウントを取ってコツコツパンチを入れてポイントを稼ぐ奴に私がチャンピオンと言われてもね。だけど、見た目は強そうだ。いれずみなんかも入っていたりして。
ちまたでは強いと言われているスナフキン・金原。しかし、あの風貌と入場の格好悪さから私にはそうには思えないのだが。今日も入場でなんか笑わせてくれる。あのおかしさは仕込みでは出せない独特の味。まあ、私が過去見たレスラーの中で一番入場が格好悪いけど、逆にそれが印象に残ってしまうからプロとして正解か。

第一試合から昨年のファイナルで見せられたコツコツした退屈な試合なんだろうなと思いきや意外にアグレシッブ。これなら、退屈しない。試合はというと、私は東の2階スタンドから双眼鏡で見ていたのだが、途中から西リングサイド3列目に、試合前に30分以上一緒にいた”王妃800”を発見し、そのしぐさを見ているのが可笑しかった。手の動きがとってもセクシー。まあ、人はいつどこで見られているか分からないということだな。

まあ、そんなことはどうでもいいが、予想通りグランドに入って上からコツコツしてくるメネーに金原も下から決めに行く。ただ両者決定力不足で試合終了。これから延長に入るのだが、もうこの時点で両者ヘトヘトだからどっちが勝っても次はないなという感じ。延長はスタンドの殴り合いからメネーが片膝をついただけで、KO負け。試合が終わってもメネーはまだピンピンしているけど、これがKOKルールと言われたらそれまでだ。まあ、メネーが後まで残るとうざいからこれでいいか。

2.アントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ 判 定 3−0 ヴォルク・ハン

ハンの入場でリンオタ大騒ぎ。まあ、リングスの功労者だし今や英雄だから仕方ないか。一方のノゲイラは人を食ったようなポップな曲で入場。試合はノゲイラが膝に入って来る超低空のタックルからグランドの展開、ハンは簡単に極めさせないとするが、常に上にいてノゲイラ優位なのはいがめない。だけど、なんか、この二人のグランドは随所にセオリー抜きの攻防が見れて結構楽しかった。

例えば、ノゲイラはマウントを取っていながら足を極めに行くトリッキーな動き。KOKルールだからそれが出来るのだろうが、これは斬新だ。しかも、その後の膝十字は完全に決まったと思ったが、ハンはギブしない。ここで最後の試合の意地を感じさせる。しかしこの万華鏡のようなグランド抗争は凄いの一言。こんなのこの二人だけでしか見れないだろう。

判定でノゲイラの勝ちだが、判定の試合でも見所満載だったし、ハンは有終の美を飾ったと思ったのではないか。リングスの主役、新旧交代という感じの試合だったが、ノゲイラもプライドに行ったら前田は暴れるだろうな。

なんか、ここまで思ったよりもいい感じ。

3.ランディー・クートゥアー 判 定 3−0 高阪剛

エンセンとの柔術マッチで秒殺され日本での評判は低いが、UFCのファイトを見る限りとんでもなく強いクートゥアー。まあ、少し年だけど。あと、グランドでの顔面パンチを入れないというルールがどう響くか。戦前の私の予想では、この二人の勝者とノゲイラが決勝に当たるのではないかと思っていたのだが。高阪としてはグランドに勝機を見つけるところだろう。なんか秘策もあるらしいけど。

しかし試合はスタンディングではクートゥアー得意の首相撲気味の体勢からの下からのジャブを思い切り受ける。グランドでも高阪は下からの逆転を狙うが、クートゥアー優位の状況は崩せない。

高阪は額を切り再三ドクターのチェックを受けるが、試合は再開する。だけど、見ててもういいんじゃないのという感じ。高阪が結局は無策だったのか、クートゥアーがその上を行っていたのか分からないが、あまりに相手のペース通り。まあ、後半はクートゥアーを消耗させただけのような感じで、高阪の頑張りは認めるけど、引くところは引け。その美学が分からないと。

4. ヴァレンタイン・オーフレイム 腕ひしぎ逆十字固め 1R45秒 山本憲尚

ヤマヨシからヤマモトノリだって。名前を変えてもあかんものは、あかんだろう。まあ、ヤマヨシではヘタレがイメージになっちゃったからかな?だけど、何でお前がここにいるのかという疑問。

だけど、その疑問は45秒で分かった。面白すぎヤマモトノリ。あのやられっぷりは、なかなか出来無いだろう。
覆面被って全日本に上がれば、今の3倍は稼げるのではないか。

5.アリスター・オーフレイム 1R1分6秒 裸絞め ウラジミール・チャントゥーリア

オーフレイム弟はトーナメントでは負けたけど、まだ20歳弱なんだ。精悍でいい感じ。対するチャントゥーリアは、知らない、未知の強豪。しかし、オーフレイム弟のシェイプアップされた体に対し、チャントゥーリアのおなかは面白いほど、プルン、プルン、プルン。前田のスカウト能力を私は評価しているのだが、いくらなんでもジムに通っている普通のおじさんを読んだらいけないだろう。まあ、面白かったからいいか。こういうのをカード自体ワークだということだな。

6.アントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ 2R27秒 裸絞め 金原弘光

金原は前の試合で肋骨を折ったんだね。それで1Rやったのは凄い。
ただ、2Rでいつものノゲイラを見せてもらいました。まあ、この時点で3合な飲んでいるから、細かいことは分からないや。だけどKOKのブランド・イコール・ノゲイラの秒殺という感じになったね。金の取れるファイター・ノゲイラ。

7.ヴァレンタイン・オーフレイム 1R56秒 ネックロック ランディー・クートゥアー

よれよれのクートゥアー。よれた所にネックを取られておしまい。
だけど、高阪とフルラウンドやらされたのと、ヤマモトノリを45秒で終わらされたのでは、ハンディあり過ぎだね。まあ、年だから仕方ない。
UFC王者にリングスが勝ったと、リンオタは喜ぶかもしれないけど、それは少し違うな。まあ、高阪とオーフレイムの二元攻撃だと言われれば仕方ないが。

8. 柳澤龍志 判 定 2−1 坂田亘

トーナメント外の特別試合。
柳澤はこの間、魔裟斗の所でも試合をしていたし、いろいろな所に出て来るな。体重はあるし期待できるけど。
試合は、最初シャモのケンカみたいで面白かったけど、だんだん飽きて来る。明らかに二人とも決定不足。

2R。まだやるの?どうでもいいや。こいつらプロとして何を見せたいのか良く分からない。試合後、坂田がなんかマイクアピールしていたけど、誰も聞いていない。そりゃそうだろう。ブーイングを食らってお帰り。

今度来る時は二人ともなんか芸を身につけてね。

9. レナート・ババル 判定 2−0 田村潔司

ババルはオーフレイム、田村はノゲイラはだから二人とも決勝に行った選手に負けたのだ。この試合が準決勝と言ってもおかしくない不運な二人。豪華なアンダーカードである。

15キロ差があれば、ババル圧倒的有利だと思いきや、田村善戦。だけど、それが面白くない。試合展開なんて覚えてないが、ただダラダラやっているだけ。オーフレイム弟は頑張ったけど他のアンダーカードはなんでここまでヤル気が無いか。トーナメントの試合とテンションの差が有りすぎる。この2試合で会場のテンションは下がりまくる。とっとと終わらせろ!

10.アントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ 1R1分20秒肩固め ヴァレンタイン・オーフレイム

ありゃりゃりゃ。あれは永島千佳世とかカルロス天野が出す腹固めに似ていると思いきや入っている位置が違う。肩固めなのね。
前の2試合で冷えた会場を暖める間もなく終わってしまった。

それにしてもノゲイラお見事。この寝技のバリエーションは凄いとか言い様がないし、まだ引き出しがありそうだ。私は基本的のトーナメントはあまり好きでは無いのだが、トーナメントを盛り上げるの最適な選手だな。何が出てくるかわからない。

前田はノゲイラがプライドに持っていかれないように、他の選手より破格のファイトマネーを払うべきだな。彼が今のリングスの主役だ。持っていかれて、また泣き言を言うなら自分が悪いとしか言い様がない。


まあ、どうせつまらないだろうと思いながら、リンさんの持って来てくれた純米酒を飲みながらの観戦だが、結構面白かった。これなら次も行っていいかなという気がするが、普段はセミ、セミ前のような試合なら勘弁だね。

あと、機会が無く書けなかったのだが、ノゲイラの優勝で一言。前田は人間性がどうのこうのと言われるが、素晴らしい選手を持ってくる能力は凄いね。前田ではなければ、ババルやノゲイラなんて見れないでしょう。

それに比べてマッコリー兄弟とか、とかげのBBジョーンズ、UFOベイダー、嘆かわしいな。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ