最高の場はリングスにあり。
■団体:RINGS
■日時:2001年2月24日
■会場:両国国技館
■書き手:ほいほい@爆発 (ex:爆発!場外乱闘王

降りしきる雨のぉ〜なかぁ〜傘ぁ〜もささずにぃ〜♪ってな歌があったな…(笑)
まぁ…そんな状況でも自転車にのって突っ走る。2時45分に到着。
国技館入りする車に水道橋博士が乗っていた…(笑)
3時試合開始のはずが…WOWOWの放送開始時間は3時半。
案の定…開始時刻が遅くなり…3時半になりやっとこさで全選手入場式。
この時点での客入りは…5割といった程度。最終的には9割以上うまっていたけど(笑)
リングスの開始時間はあてにならない。っていうのをみんな知ってたのかなぁ〜。



第1試合 金原弘光vsデイブ・メネー

WOWOWのお涙頂戴メネーの貧乏(失礼)アングルが功を奏したのか…案外メネーに声援が飛ぶ。
試合序盤から、両者揃って撃ち合い。金原有利!?と思いきや、メネーもなかなかのもの。
打撃では両者互角(に見えた(笑))グラウンドになっても、メネーがバックを取って殴る。
金原、亀の状態からほんとど何も出来ず。
2Rも同じ亀の状態が続くが…金原がテイクダウンを取り、サイドからアームロック狙い。
アームロックがダメと見るや否や逆十字狙いに変更。しかし、メネーもその動きにちゃんとついてくる。
1Rメネー、2R金原ってな感じで、延長戦に。
Rインターバル中のメネーがちょっとおかしい。心臓を指差しドクターを呼ぶ。
こ…これは…ケン・シャムロックばりに「my heart my heart」と叫んでいるのか!?と思ってるうちにインターバル終了。
ヨッコラッショ、ここで白旗揚げたら、家が買えん。と、苦しそうに立つメネー。
延長戦が始まっても、メネーの動きは精彩に欠ける。も徹底してノーギャンブルに走る。
そうだ!その意気だ!と思っているとブレイクが入り再びスタンド。
金原の良いパンチが物の見事に炸裂。メネーが、ガクッっとしたところで、レフェリーが止める。
誤魔化しタックル通用せず…(笑)メネー不満があるのか抗議し続けるも判定は覆らない(そりゃそうだ。)
メネーも強かった。でも金原も強かった。両者に拍手を送りたい。
私的には本日のベストバウト。

○金原(延長 3分24秒 K・O)×メネー



第2試合 ヴォルク・ハンvsアントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ

ノゲイラ陽気な曲で入場。この曲名知ってる方がいらしたら、メール下さい(笑)
ハン先生絶大な人気。そりゃ、そうだろうなあ…リングス創世記を支えてきたのは…前田とハンなんだから。
ズーエフ先生を従えて入場。
ハン、開始早々から一発KO狙いの大振りフック。も、ノゲイラのタックルで物の見事に空を切る。
グラウンドになったノゲイラには敵はナシか?と思わせるぐらい見事なム〜ブの連続。
が、ハンも極めさせはしない。
2Rも、全く同じ…ハンの大振りフック、またもやノゲイラにかわされる。
しかし、強引にハンが腕を取ろうとすると、場内大盛り上がり。
が、勿論ハンマジックは本当にマジックで…(意味不明)不発。
終始有利なポジションをキープしていたノゲイラが判定勝ち。
ここまで圧倒しちゃったら、意味不明な判定もないでしょう。ってな具合です。

○ノゲイラ(2R終了判定 3−0)×ハン



第3試合 高阪剛vsランディー・クートゥアー

クートゥアーのセコンドにはヘンダーソンが(笑)う〜ん、大丈夫なんでしょうか…。
前田が怒って殴りかかるんじゃないかな?と思って見てました(嘘)
序盤からレスラー特有…いや、rAwチーム特有の片手でクリンチしながらのパンチで、
試合を優位に進めるクートゥアー。高阪何も出来ず、クリンチを切るのだけで精一杯。
しかも、このクリンチが尋常じゃないほど離れない(笑)
差し合いになるも、やはりこれもクートゥアーに分がある。
が、半身になったところで、高阪払い腰一閃。1本!と言いたくなるような決まり具合。
しかし、これは柔道ではないんですねぃ…(笑)ハーフを取ってボディパンチの連続。
ここで、奇妙な現象に遭遇(笑)高阪のボディパンチの度に、「おぇ!おぇ!」と嗚咽感が…じゃなくて。
場内が叫び出す。ここは、キックの会場か?と錯覚してしまうような感じ(笑)
ラスト3秒のところでストップ。何だ何だ?と思っていたら、攻めていた高阪が出血。
ここでまた面白い場面に遭遇。高阪がドクターにチェックを受けている際、クートゥアーは、
ニュートラルコーナーで一休み。レフェリーがクートゥアーの汗を吹く為のタオルを探す。
それで、セコンドのヘンダーソンにタオルを借りようとするが、ヘンダーソンも手渡しすればいいものを…。
リング内に投げ入れるものだから、場内がタオル投入と勘違い(笑)
しかし、そのタオルはマットに落ちる前にレフェリー平がナイスキャッチ。
これ…マットに着いてたら……T・K・Oになっていたんだろうか?などとアホな事を考えてしまった(笑)
2Rもクートゥアーのクリンチパンチが冴え渡り…高阪は結局何も出来ず終い。
タックルは切られる…接近戦はダメ…離れてもローをちょこっと出すだけ…。
こういう展開にはなるんだろうなぁとは思っていたけど…。もっとガードからの攻めを見せて欲しかった。
TK次はアブダビで頑張って下さい!谷津との決勝戦見てみたいです(嘘)

○クートゥアー(2R終了判定 3−0)×高阪



第4試合 山本憲尚vsヴァレンタイン・オーフレイム

オーフレイム兄大人気。カッコイイ(笑)
山本もかなりの人気。テーマ曲も前のに戻して(大阪から)良い感じ。
ガウンを脱いだ山本…。凄い身体が絞れてる。92`だそうだ…。
しかもタイツは紫、オシリの部分にはBUZINという文字が…(笑)
紫のタイツを見ると、1回目の高田vsヒクソン戦を思い出してしまう…あれは無様だったよなぁ…。
体重の軽くなった速いヤマノリ(何か…山本山の海苔みたいだ…)に期待!と思ったが…。
開始早々から、打撃戦を展開する両者。上を取ったヤマノリだが…。
オーフレイムが逆十字狙い。外そうとするも、回っちゃダメな方向に回ってしまいガッチリ入ってしまう。
ヤマノリがダメだっていうよりも、オーフレイム兄が良過ぎたっていう感じ。
まだ手がキチンとくっついていないのに出場したヤマノリ。
そして、まだまだ腰に不安の残りまくる状況の中で復帰戦を決意した成瀬。
この根性は、本当に賞賛に値する。素晴らしい!けど、もうちょっと頑張ってねぃ。ヤマノリ選手。

○オーフレイム兄(1R 0分45秒 腕ひしぎ逆十字固め)×山本



第5試合 アリスター・オーフレイムvsウラジミール・チャントゥーリア

チャントゥーリア、ボクシングスタイルそのままで入場。
ボクサーシューズに、ボクサーパンツ。この姿を見てしまった時、「ダメだな…こりゃ。」と思ってしまった。
だってさ…KOKに対応しよう!KOKの闘い方をするぞ!っていうのが見えないですもん。
そりゃ…ボクシングをアイシテル様子はよぉ〜くわかるりますよ…。
でもねぃ…それだけで勝てるような甘い世界でないのは事実。
アリスターはそれがちゃんとわかっていたようで、打撃では攻めずにタックル。
一度、ブレイクが入るものの、次は逃さずきっちりとチョーク葬。
昔のリングスのオランダの選手ってこんなだったなぁ〜と懐かしい感慨にふけってしまう。
アリスター本戦に出して欲しかったなぁ〜。これからもっともっと伸びるよ!

○アリスター(1R 1分06秒 裸絞め)×チャントゥーリア



第6試合 金原弘光vsアントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ

金原お腹テーピンググルグル巻き。遠くから見てたので…お腹冷えちゃって腹巻取るの忘れちゃったのかな?
と思ってしまった…(大嘘)
どうやら、金原はアバラを折ってたみたい。やっぱり過酷なKOKルールでの連戦っていうのは、
厳しいものがあるんでしょうねぃ〜。
序盤からノゲイラが圧倒的にコントロール。アグレッシブすぎて、以前のノゲイラはどこへ?ってな感じ。
金原が上を取っても簡単にスイープされるし、極められるのだけはギリギリで防いでいる。
この両者が生み出した回転体(UWFだな…(笑))に、観客大喜び。
今日は、ノゲイラと金原の日だなって思った…全体を通してねぃ。
1R何とか凌ぎきった金原は凄く疲れた感じ。せっかくオシリ見えないようなタイツに変えたのに、
そのタイツでも得意のハンケツ攻撃を出してしまうぐらいめまぐるしい攻防があったのがわかるでしょう(笑)
2Rバックを取ったノゲイラが強引にスリーパー。
一度は失敗するも、今度は足をこじ入れきっちりとした形でのスリーパー。
これにはもう金原もタップするしかない。ノゲイラは本当に強い。
極めの強さはもう神懸り的。これには、もう拝んで…ノゲイラ選手に練習を見てもらうしかない(笑)
んでも、金原は今回自分の実力というものを世間にアピール出来たと思う。
もう、不遇の実力者、ボヤッキーなんて言わせない(笑)

○ノゲイラ(2R 0分27秒 裸絞め)×金原



第7試合 ランディー・クートゥアーvsヴァレンタイン・オーフレイム

クートゥアー今度は一転してタックル狙い。
打撃系にはタックルで、組み技系にはボクシング技術で。きっちりとした対策が練れている。
こうなってしまうと…つまらないと言われてしまうのかな?
戦略としては当たり前の戦略だとは思うんですけど…お客さんっていのは攻めぎあいを求めるんだろうなぁ…。
一度はタックルを取られたオーフレイム兄。強引にスタンドに戻す。
するとまたすかさずタックルを仕掛けられる…が、今度は首をキャッチしながらだった。
レスラーのぶっとい首にガッチリと入ってしまったネックロックは外せず。
現UFC王者まさかのタップアウト。KOKルールだからというのはない。
ブレイクもなかった…邪魔するものは何もなかった。
まぁ、しいて言えばオーフレイムの方が疲れてなかったというだけ(笑)
オーフレイム兄は、UFC王者と肩を並べるほどの実力を持っているということですな。
良い時と悪い時の差がありすぎるけどねぃ…(笑)
でも、今宵はオーフレイム万歳!

○オーフレイム兄(1R 0分55秒 フロントネックロック)×クートゥアー



第8試合 坂田亘vs柳澤龍志

威風堂々で相変わらず強き&偉そう(笑)な坂田。態度だけは王者の風格を持っている(爆)
んまぁ…しかしあれですねぃ…。これはリンパン戦争の図を生み出すために組まれたカードだと思ってるんですけど。
いまいちでしたねぃ。どうにもこうにも体格差がありすぎる。そして、試合の組み立て方が下手っぴぃ〜な柳澤。
噛み合うはずが………ないですね(苦笑)
試合は坂田がタックルを仕掛け潰されたところでガードに移行という展開が延々。
柳澤も攻めてに欠ける過ぎるぐらい欠けて、何も出来ず。一度は坂田がガードから逆十字を狙うも、
途中で諦めてしまう。田村vsアイブル戦では…あれだけ諦めちゃダメだ!って言ってたのにねぃ…(笑)
2Rも同じような展開が続き判定へ。1Rで坂田の金的蹴りによるイエローできっちり1ポイント差がついていた。
んがんが、誰か18−19坂田という判定をしていた。これぞ所謂リングスの不可解判定をいうやつ(笑)
はっきりいってドローで良いと思う。仕掛けてたのは坂田の方が多かったけど…。
まぁ…この間の畑山vsリック戦でも判定がおかしい。とかってあったじゃないですか?
あれだけ、きっちりしていると思われるボクシングの世界でもそういう事があるんですから、
リングスにあってもおかしくはないですな(笑)
あと一つ。敗者がマイクを持つのはダメ!何を言っても言い訳になっちゃうから。
腰がどれだけ痛かろうとどれだけ酷かろうと出た以上はそれが万全の状態なんだから。
それがプロなんだから。そういう事してると…自分に返ってくるんですよ…言い訳分のしっぺ返しが(笑)

○柳澤(2R終了判定 2−1)×坂田


第9試合 田村潔司vsレナート・ババル

田村人気もさることながら、ババル人気も凄いものがある。
これだけ、外国人が支持されるのは…K-1とリングスぐらいだろうなぁ(笑)
ババル102`。田村86`。これだけの体重差があるときついものがありますな。
もうこの試合はババルの横綱相撲。
スタンドでもグラウンドでも田村を圧倒。極めきれなかったけどねぃ(笑)
極めきれないのがわかってか、2Rはババルが上になってもすぐに立ちあがりスタンドを要求。
レスリングが出来てムエタイも出来る…そして関節、ポジション取りも1級品。
強いよホントに。ナイスガイだしさ(笑)
ここでも終始圧倒していたにも関わらず、誰かがドロー判定をいれる。
そういえば、前回オーフレイム兄に足首を極められた経験をいかしたのか、今回はシューズナシだった。

○ババル(2R終了判定 2−0)×田村


第10試合 アントニオ・ロドリゴ・ノゲイラvsヴァレンタイン・オーフレイム

KOK優勝者決定戦という事で、オランダ、ブラジルの国歌が流れる。
しかし、ここで面白い事が起こった(笑)
周りがざわついていると思ったら、マス席で男同士取っ組み合いの喧嘩が始まっていたのだ(笑)
国歌そっちのけで見入ってしまった…。本物のリアルファイトがリング上とリング外で行われているというのは、
何とも奇妙な光景だ(爆)片方の男がフロントネックロックを極めている…。
そして周りは必死になって止めているのだが、離れない。
ここで割って入ってきて止めたのが、リングスレフェリーの和田良覚(笑)
見事なレフェリングで、ファイトを続行!アクショ〜ンと促す…はずはなく(笑)キチンと分けていた。
その後彼ら一味が連れ出されたのは言うまでもなく…。
さぁ、試合開始!
ゴング開始からノゲイラはタックル。
そして流れるようにサイド〜マウント〜そして肩固め!
その洗練された華麗なム〜ブはオーフレイム兄の神通力をよせつけなかった。
オーフレイム兄は身体がまっちろけっけになるまで耐えぬいた。ブリッジもして跳ね返そうともした。
極めたノゲイラもさることながら、最後まで諦めようとはしなかったオーフレイムも素晴らしい!
最強はリングスが決める。の最強はアントニオ・ロドリゴ・ノゲイラに決定〜!
お願いだから、みんなPRIDEには行かないでね(笑)

○ノゲイラ(1R 1分20秒 肩固め)×オーフレイム兄

ホントに素晴らしい興行でした。
こんなに満足出来たのは本当に久しぶり。
リングスにはこれだけの選手、レベルの高さがありしかも試合内容も面白く素晴らしい。
なのにも関わらず…いまいち浸透してないのはどうしてなんでしょう?
田村とか坂田が言ってる事はちょっとわかる気がする。
ソレガシは、これからもリングスを応援していこうと思いますよ。こんなにも素晴らしいんだから。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ