一人しか選手知らなくても楽しめるもんだなぁ。
■団体:修斗
■日時:2001年2月18日
■会場:大阪NGKスタジオ
■書き手:#ソフビ (ex:♯ソフビ資料館♯

今大会はオールクラスB、選手はぶっちゃけて池本選手しか知りません(笑)

大阪プロレスが主戦場にしているNGKだが、客入りはデルフィンvs村濱んとき以上。とにかくよく入ってた。席は全部うまってるんで立ち見・・・。ちょうど一番リングに近い場所を確保。どっかに有名人いねーかなー?もしかしてとなりにいる人が有名選手だったりして。んなわけないっつの。ん?えぇ!??み・・・みみ・・三島ぁ!?(笑)ド根性ノ助が真横にいた!!これがウェルター級トップのオーラなのか?(笑)話を盗み聞きしていると、一位まで登りつめた事を祝福されている様子。
三島「ついに頂点まできたな〜あとは落ちていくだけだな(笑)」と(笑)
かなりうる憶えで携帯にちょっとしたメモとったぐらいなんで間違ってる所があるかもしれませんが勘弁して下さい(笑)

第1試合 70.0kg契約 5分2R
椎木 努vs杉江大輔
一番覚えてない試合なんだけど、2R杉江がマウントをとり、椎木がブリッジで返したと思ったら杉江がうまく下から十字に!そこでゴングがなり杉江の判定勝ち。
ここで俺の真横にマッハがくる(笑)

第2試合 65.0kg契約 5分2R
レッド・スレイヤー・ガイvs藤田善弘
レッドは赤いスパッツに赤髪で、コール時決めポーズなんかも見せてわかりやすいキャラ。会場でもやたら声援が飛ぶ。対する藤田はク〜ル。
レッドが片足をとってテイクダウンをとる。藤田ガード。レッドがこつこつと脇腹や顔にパンチを当てていく。そのままの状態が続くかと思いきや、藤田がレッドの右腕をノゲイラのギロチンのような形(う〜んわかるかな・・・)でとって伸ばしている!もう2〜3メートル前でやってるもんだからレッドの骨のきしむ音が・・・。そしてそのまま藤田が完璧な十字の体勢に入って一本!その瞬間拍手を送った俺だったが周りはシーン。レッドってそんな人気あるんか・・・。ってかなんで俺が浮かなきゃなんねーんだよ(笑)
あーマッハが目の前に・・・見えない(笑)

第3試合 ライトヘビー級 5分2R
北川 純vs喜多将士
確か北川が金髪の選手だったかな?喜多がいきなりハーフをとる。北川は下から腕をとってアームロック狙い。北川がうつ伏せになったところですかさず喜多がスリーパーに入る!しかし北川も耐え抜き逆にマウントをとって殴りまくる(たしか)!
2R、喜多がコーナーでの差し合いでローブローを放ってしまう。一時中断。北川苦しそうだが「やります!」で再開。再度喜多が組みついてコーナーへ。喜多は投げたいのだがさせない北川。そのまましばらく頓着し、イライラしはじめた北川が「オイオイ〜!」と。そのまま試合終了、判定で北川。

第4試合 ライト級 5分2R
梅村 寛vs亀田雅史
俺の周りが亀田の関係者らしくかなり応援してた。となりのおばちゃんなんかは試合中「亀ちゃん亀ちゃん・・・」と心配しまくり。
亀田投げられるも上に。しかし下から十字をとられこれまでか・・と思われたがなんとか逃れ、また亀田上で梅村ガード。梅村がうまく立ち上がり、打撃で亀田をダウンぎみに追い込むが、ここでもうまく亀田が上になる。
2R、亀田上でパス狙うがさせない梅村。マウントをとれそうな場面もあったのだがうまく梅村がガードをとる。攻めきれない亀田にセコンドから激が飛ぶ。「休むなって!!」「いけっつってんだろ!!!」等少々切れぎみのセコンドに失笑がもれる。亀田がようやく殴りに出たところでゴング。ドロー判定。別に判定に文句はないけど下になってた梅村のほうがうまかったかな。

第5試合 70.0kg契約 5分2R
中山 巧vs三宅 力
今日は入場時の音楽が何度もストップするアクシデントが多発してたなぁ〜。中山のセコンドには中井祐樹。
三宅が左フックをヒットさせるが中山が強引にテイクダウン。サイドからマウント、そしてバックをとってスリーパー!しかし逃れた三宅は上になり、コツコツと。
2R、中山が打撃からテイクダウンを奪い、パンチを浴びせまくる。中山汗ダラダラ。終了間際、三宅がうまくスイープし猪木ーアリになるが、中山は下からも蹴りまくる!判定で中山。いい体しとったなぁ。

第6試合 ミドル級 5分2R
楠 勇次vsザ・ばばんば
向こうにいたヤクザみたいなのがやたらばばんばを応援してた。試合中とかしゃべるのはいいけどもうちょい小さい声でしゃべってくれよ。
ばばんばはインディアンの格好で入場し、なんだっけなあの器具?水平の棒を揺らして運動するやつ。あれにかざりつけてリング上でやってたんだけどピクリとも笑わず。そういうキャラなのか???
ばばんばが組みついて楠を倒し、ハーフ→アキレスで1R終了。名前と入場シーンの割に試合は普通。
2Rもばばんばが上になり、殴りまくってクロスガードが解けたところで再度アキレスを狙うもゴング。判定でばばんば。器具アピールはちょっとくどかった。

第7試合 ミドル級 5分2R
池本誠知vs大河内貴之
メインイベント。さぁやってきました!やっと俺の知ってる選手が!知ってるつっても新人賞とったから慌てて調べただけなんだけどね(笑)でも強いと評判の池本をこの目で見届けて帰ろう。
入場時、池本の人気は異常。まあ俺もこの日一番の拍手を送ったんだけど(笑)コール時には紙テープまで飛ぶ飛ぶ。大河内のセコンドにはマッハ。
池本は試合開始早々いい右ローから右ハイキック!!!うおぉぉ!すげぇ!しかし二発目のハイはかわされ、組みつかれ、倒されサイドをとられるがロープ際でブレイク(これなんでブレイクだったのかちょっとわからん)。ブレイク後は池本ロー、ハイと使いこなし、大河内が間合いをつめると前蹴りで突き放す。蹴りうまいぞ。大河内もローやパンチで応戦するが、次の瞬間会場にこの日一番の歓声が起こった!いきなり間合いをつめた池本が飛び膝!崩れ落ちそうになる大河内にさらに何発も膝を入れてダウンを奪う!そのままレフリーストップ(たぶん)で池本KO勝ち!!!池本リング上のインタビューで「次はどんどんランキングにも入っていきたい。」「関西にもっと修斗を広めたい」等と。

いやぁ最後にええもん見せてもらった〜!立ち見でめっちゃしんどかったけど目の前で繰り広げられるガチンコはほんとオモロ。マッハ、三島の他にも普通に出場してた選手が横にいてたりしたのもあの会場ならではだな〜。まあ客層はジム生とかが多かったかな?関係者とか選手の知り合いばっかだった。
とにかく池本だ池本!マジでこれからチェックしてかな。ミドル級ランキングに食い込んでいくのを影ながら応援しております。!!!
そういやマッハも三島も俺より背低かったな〜。それでこの体重差・・・。マジでやせすぎやわ俺(笑)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ