2.18修斗大阪NGK大会
■団体:修斗
■日時:2001年2月18日
■会場:大阪NGKスタジオ
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚
はじめまして。
修斗は1回しか見たことが無いので知識はあんまりありません。
不備などあれば指摘して下さい。

NGKの前に行くと(Bクラスなのに)すごい人(チケットの番号から推測すると最低500人以上)。
修斗の連中は関西人がどんなに修斗に飢えてるかわかってへんなあ(320席ぐらいしか用意して無かったらしい、それから考えるとやっぱり600人は軽く超えてるかな?)。
こりゃチケット買っても良く見れへんやろなあと思ってプラプラしてると一人の紳士がチケット余ってるからあげるとっ!
かっ、神様やっ!?
と言う事で今回は無条件で大絶賛です。

アマチュア大会が遅れたとのことで開場が遅れたそうです。
あ、マッハがサイン会してる。
中に入ると異常な人、人、人(絶対に消防法違反や)。

開始前ハクソンの追悼10カウント。

全試合5分2R。
第1試合70.0kg契約
×椎木努(直心会格闘技道場)69.2kg(判定鈴木[メイン]18:19浦[サブ]19:19藤崎[サブ]18:19)杉江大輔(ALIVE)70.0kg○
互いにデビュー戦。
1Rから杉江が押して行くが、テイクダウンを2度とるも上のポジションは椎木に取られる(でも椎木自体は特に目立ったものは感じず)。
しかし2Rにテイクダウン、上を取る。
全体のアグレッシブさと上を取った後の展開で取れたのだと思います。

第2試合65.0kg契約
×レッドスレイヤーガイ(総合格闘技夢想戦術)64.6kg(レフリーストップ) 藤田善弘(口田東体協)63.9kg○
ガイが上を取るも腕を取られて攻めづらそう。
コーナーに押し込めたところで逆を取られ、そこの対処を間違ったか十字を決められ藤田の勝ち(1R3'58")。

第3試合ライトヘビー級
○北川純(直心会格闘技道場)84.8kg(判定鈴木[メイン]20:15浦[サブ]20:17藤崎[サブ]20:16)喜多将士(龍生塾キャノンボールジム)84.2kg×
いきなり喜多が上(ハーフガード)を取るが下からアームロック取られているためか攻めきれず。
脇腹にパンチを落としてると客席から「そんなん聞いてへんぞ!」と野次。
それを聞いてそっちをちらっと見た喜多にセコンド「そんなん気にすんな!集中してくれよ〜(嘆)」
そうこうしてると逆に返されマウントまで(客の声援に合わせてのパンチ!パンチ!パンチ!)。
2Rはお相撲状態(喜多の膝が急所に入ったようだがそれが無くても結果は変わらなかったでしょう)。

第4試合ライト級
△梅村寛(ALIVE)63.0kg (判定鈴木[メイン]19:19浦[サブ]20:18藤崎[サブ]19:19) 亀田雅史(格闘サークルコブラ会)62.5kg△
亀田が終始、上を取るも逆に腕を取られかけたり下から梅村がコントロールしているような印象。
しかし梅村も返しきれず。
判定でドロー。

第5試合70.0kg契約
○中山巧(パレストラTOKYO)69.7kg(判定鈴木[メイン]20:17浦[サブ]20:18藤崎[サブ]20:17)三宅力(直心会格闘技道場)69.8kg×
1R、中山がマウントからスリーパーの体勢まで行くも三宅も粘ってガードまで戻す。
しかしその後も中山がリードし続け判定で中山。
中山は動きもルックスも良いしなかなか人気を集めていました。

第6試合ミドル級
×橘勇次(クラブJ)74.9kg(判定鈴木[メイン]18:20浦[サブ]18:20藤崎[サブ]18:20)ザ・ばばんば(パレストラTOKYO)75.7kg○
インディアンの恰好で飾り(銀紙のひらひら)のついたボディーブレイドをぶんぶんやりながら入場のばばんば。
と言う事でばばんばが常に良いところを取って判定勝ち。
すいません。
ココ暑くて意識が飛んでたのかも。
勝利者賞のホエイプロテインのボードもぶんぶんやってました。

第7試合ミドル級
○池本誠知(ライルーツコナン)76.0kg(KO)大河内貴之(パレストラTOKYO)75.9kg×
大人気の池本(紙テープまで!)。
初っ端からいきなり蹴りを連発していく池本(ハイまでどんどん出す)。
その隙を大河内テイクダウンするもアウトサイドブレイク(?)。
そして再会直後、池本の飛び膝蹴り!
崩れた大河内に追い打ちの膝蹴り連発!!
KO勝ち!!!(1R4'01")

暖房の効き過ぎで暑いは、休憩は無いは、入場曲は良く途切れるはでちょっとしんどかったかも知れません。
でも試合そのものは非常に面白かったです。
NGKは下北とだいたい同規模だそうですが、関西人は意外に修斗好きなので今度はもうちょっと大きい所でやってもええんとちゃうかな。

以上えらく雑な文章で失礼いたしました。
データ等は修斗オフィシャルからパクってきました。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ