魔性の女健在! 弟子たちは確実に成長していた2/18OZ興行渋谷AX大会
■団体:OZアカデミー
■日時:2001年2月18日
■会場:SHIBUYA-AX
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 まずはじめに宣言しておこう。

「尾崎魔弓のファンです」

 会場は、東京渋谷の代々木体育館の駐車場を半分つぶして作った。ライブハウス
当日はその真中にリングを設営し、ステージにひな壇のない席含め500〜600人は入ったであろう
(ちなみに席数の概算は660席位)

 試合前には、時間調整のため(当日掛け持ちで試合している選手若干いるため)尾崎校長自らがトークライブ
開催当り障りのない話をして、会場を暖める。 全選手入場式

<第一試合>
○デビル雅美・ライオネス飛鳥(14分30秒 ラリアット→体固め)北斗・カルロス天野×

 私はこれほどまでに和気あいあいの試合を見たことはかつてありませんでした。出場した4人セコンド全員
全員が笑顔笑顔・・・・ まあ、ある意味ファン感謝デー(GAEA祭りみたいなものか??)の様相
 GAEAでは仲の悪いことになっている、デビルと飛鳥の微妙な関係がリングに出ていて(実はデビル大先輩
を敬う雰囲気を随所に感じた)何とも言いようのない感じでした・・・・

 試合での動きが目立っていたのは、カルロスただ一人 まあメンバー見た途端誰が負けるのかは一目瞭然の
状況の中で、はつらつとした動きとスピードが印象に残った。

 デビルと飛鳥のラリアットの同士打ちからデビルのラリアットが天野にヒットしピン

 試合後のマイク デビル「飛鳥 今日は一日ありがとう」・・・・これに集約されたね。

<第二試合>
○井上京子(8分39秒 ナイヤガラ・ドライバー→エビ固)シュガー佐藤×

 昨年以来最も成長した女子レスラーになった、シュガー佐藤。貫禄ついたのはもちろんのこと、技のダイナミ
ックさが、お客には新鮮に映り、唯一の重量級若手として今後の活躍が期待できる。

 今日は、もっとも目標とするべき京子との対戦が、なんとOZで組まれるとはやるなぁ 尾崎は・・・

 京子入場時から気になっていたんだが、左足引きずりながら歩いていたのでどうなるかと思ったが さすがプ
ロ、試合中はそれを微塵も感じさせることすらなかったのは、今日の一番印象に残ったこと。

 シュガーのぬりかべスプラッシュが炸裂はしていたが、完全に京子のほうが2枚は上手だったことを実感。
シュガーはさらに精進すべきなのを実感できたろうか・・・・

終盤京子のラリアット3連発をしのいだが、最後はナイヤガラが爆発でピン。 全く格の違い感じた。

<第三試合>
×永島・天野(12分05秒 デスバレー→片エビ固め)里村○・坂井

 間違いなく今日のベストバウト!! GAEAの若手はいつも重量級のオバさんとばかり戦っているので、
中途半端な小細工ばかり長けてる選手が多く、ここのところあまりいい印象がなかったが、この試合は
めちゃくちゃスイングしていた。

 特に、カルロス天野の動きは正直あまり見る機会がなかったので、非常に驚きかつ好印象であった。
ひさびさの天野と里村の関節の攻防もなかなか見ごたえがあった。 重量級に移行していこうとしてる
里村の重厚な攻撃と天野のスピードとのコントラストが、今日のベストバウト間違いなしと私には映った。

 坂井もID4として戦っているときはあまり印象がなく、貧粗な感じだったが実際見たらいい動きだったな
最後は永島のフィッシャーマンをしのいだ里村がデスバレーを決めて永島から3カウント!
同世代の4人タッグすばらしかった。また、こういう試合こそ尾崎興行ならでは・・・

<メイン>
○尾崎・D関西・永島(10分07秒 テキーラサンライズ)長与・アジャ・ブラディ×

今日はブラディが長与大将といっしょにロープ越しのブラディEXを決めたり、終盤は尾崎とシングルマッチの
様相を呈しなかなか面白かった。
ブラディーは健闘するも尾崎の裏拳を何度かしのぎましたが、テキーラを食らいさすがに返せずカウント3!

 まあブラディーはさておき、今日の主役は尾崎だから(笑)
もう見ていてうっとりです・・・・・今日来て本当によかったと思った瞬間でしたね。

試合後、尾崎が「ID4って何だ?」これに対してブラディ「私たちはID4だ!OZには負けない!」
今後OZとID4が絡みそうなアングル発生か?

そして大将が退団したばかりのアジャに呼びかけ「アジャどうするんだ?辞めたんだろ?」
こえに対してアジャが応えて、「クラッシュ3000」が結成??
(まあ一緒に退団した美幸のこともあるだろうから即答しなかったと思いたいが・・・・・)
関西は卑弥呼に残留宣言 ああよかった、これで戦力うまく均衡する・・

尾崎は「早く帰れよ!」って言うと大将が
「オレを呼んだのが間違いだったんだ!普通なら寝てたんだよ!」


尾崎、永島、シュガー、天野の4人で万歳三唱で締める(音頭は永島)

 総括はありません 他団体ではありえない(表で敵対しているもの同士を組ませる)ブックは
尾崎ならでは、お見事です。天野や坂井らの若くて生きのいい連中のムーブも堪能したし、いい興行でした。

 もう一度言います

 「尾崎魔弓のファンです」




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ