アルシオン:2月12日後楽園大会の観戦記
■団体:アルシオン
■日時:2001年2月12日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ALOHA♪HAWAII(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 行って参りました、HAWAIIが一番贔屓にしている団体アルシオン。12時5分前に到着。前回ディファで開催された時は、大雪の為かそれともメッチャ不便な有明の地の為か、はたまた所詮アルシの自力がこの程度なのか、ディファを半分に仕切ってそれでも7割程度の入りだった。な・の・に、今回は人人人。後楽園ホールのチケット売り場から扉を越えて、プリズムホールの入り口まで当日券を求める行列が出来ていた(超驚) ちなみに今回ダフ屋は2人で、彼らが云うには「俺っちもこんな状況全く予想もしてなかったよ。それに今日1日で100枚以上売っちゃったよ」との景気の良いコメント。それでチケットを買って会場に入った頃にはすでに入場式が始まっていた。今回も北側を潰しての会場で、入りはほぼ満員(それも男ぱっか)。南定席の最後尾には立ち見もいた。
 入場式は前回同様、個人づつのコールで登場、されど美幸はコールされても結局入場しなかった。そして挨拶は大向。

第1試合:ニューエイジ・スペシャルイリミネーションマッチ
バイオニック・J vs 藤田 愛 vs 山縣 優 vs 高瀬玲奈
○藤田愛(ラ・マヒストリアル2:14)×山縣優
○藤田愛(ファイアーバードスプラッシュ5:42)×高瀬玲奈
○バイオニック・J(テキサス・クローバー・ホールド8:09)×藤田 愛
 今回アルシのオープニングを飾るのは、珍しい形式の試合。簡単に云えば最初4人がコールされるが、マット上で闘うのは原則2人。でも誰にタッチしても良く、負けた選手はリングから抜けるという、バトルロイヤルと3wayダンスとイリミネーションマッチを足して3で割ったようなええ加減な試合形態。でもコレは面白い試みだと思う。オープニングで観客を軽く湧かせるにはちょうど良い。これからもこの試合は是非使って欲しい。
 さて試合の方は、最初は山縣vsB・Jで開始。でもさすがに優ちゃんだけでは手に余ると思ったのか、同期のよしみか高瀬がリングイン。二人で合体攻撃でB・Jを押さえ込むも残念返される。それでJが愛ちゃんに変わると、愛ちゃん山縣に対してラ・マヒストラルでピン。一人抜けて3人。玲奈子は愛ちゃんに対しては執拗な腕十字、B・Jに対してはスクールボーイで固めるが、B・Jが玲奈子を体格差を活かした喉輪落とし、そしてコーナートップからボディープレス(?)を仕掛けようとした時、愛ちゃんがコーナー上のB・Jに体当たりして、そのままファイアーバードスプラッシュで横取りピン。

 愛ちゃんは今回も調子が良いのか、ムーサルトをスカさられてもちゃんと着地、コーナーからケプラータ、ミサイルキックと跳びまくる。その勢いでムーサルトでB・Jを固めた時に事件発生! サブのリングアナがまだカウント2だったのに、間違えてゴングを乱打。何事が起こったのかと本部席を見つめる選手と客。リングアナ「ミスゴングです」 あ〜ぁせっかく第1試合として十分すぎるぐらいの仕事をしていたのに、一気に冬の寒気が会場に。結局客がとまどっているうちにB・Jがテキサス・クローバー・ホールドで愛ちゃんギブアップ。
 試合後、まずB・Jが本部席に来て、サブのリングアナを睨み付ける。次に愛ちゃんがやって来て彼の髪の毛をむんずと掴んで暫くガン付ける。最後に大値が目をつり上げてやって来て、聞く耳持たずに「出て行け」と外を指差し即刻退場を命じる。リングアナ氏はスゴスゴと退場していった。可哀想だけれど仕方ない。

第2試合:Re:DRUGクイーン・オブ・クイーン・トーナメント1回戦
○GAMI(エビ固め3:55)×PIKA
 試合前に退場した代わりにメインのリングアナが「ただいまから行われるRe:DRUGクイーン・オブ・クイーン・トーナメントはアルシオンが認定した公式トーナメントではなく、二上美紀子が“勝手に”認定したトーナメントです」と丁寧なアナウンス。二上の宣言では「最強4人で争われる最高権威のトーナメント」だそうです。ちなみにGAMI、玉田、PIKAはおニューのコスチューム。特に玉田のコスチュームはGAMIと同様に赤地に金のヘビ柄の模様を絡ませ、なかなか上出来である。
 さて試合であるが、コールの終わりを待たずして、PIKAがGAMIを急襲。前半はPIKAの優勢。ブランチャー、ロープを利用してのぶら下がり釣り天井、ワケの分からないストレッチ技と、姉のPIKOはロシア系なのに、PIKAはまるでメキシコ系を思わせる技でのびのびとした闘い。ただPIKAが肩車からのウラカンラナを返す直前に、GAMIに足を捕まれてから形勢逆転、そのまま片エビを決められるも、姉PIKOが妹の危機をエプロンから手を引っ張ってロープに掴ませるという、強引な姉妹愛が涙を誘うそれでもPIKAはGAMIの健太ッキーボムもなんとか返すが、最後はちょっと強引なエビ固めでGAMIがピン。

第3試合:Re:DRUGクイーン・オブ・クイーン・トーナメント1回戦
○PIKO(センセイ固め3:59)×玉田凛映
 前半はライガーボム、ミサイルキック、4の字固めと玉田がスパート。PIKO先生の危機になると今度は妹PIKAが、玉田が後ろを向いてコーナーを登っている隙に、姉の身代わりになりリング上に上がり、PIKOに替わってミサイルキックを受けるという、姉妹で献身の愛を示して、観客の涙(笑?)を誘う。
 試合は両者度々ジャーマンを繰り出すものの、最後はセンセイ固めPIKOの勝ち。しかし、このコンビ良いね。やはり正月に国外追放された彼の人も、故郷の地でひっそり喜んでいることでしょう。

第4試合:P☆MIX スペシャル
○AKINO&チャパリータASARI&ミステル・カカオ(シエロペルフェクト11:20)
×マリー・アパッチェ&ファビー・アパッチェ&グランアパッチェ
 私は大声で言う。この親父が嫌いだぁーーーーー! 理由は知れたこと(くっそー羨ましい。あまりに腹が立つので、夜中にスクワット100回やってしまった。うっっぅ俺もプロレスラーになりたいよぉーー!) ちなみに、AKINOは今回おニューのコスチューム。前回との色違いで明るい黄緑、なかなか似合っている。
 さて、この試合の見所は2つ、親父のセクハラ攻撃がいつ出るのか?と(怒!)、このアパッチェ家の伝統のルチャ技の連携である。前者はASARIとAKINOはしっかりと親父の犠牲者となってしまいました(ついでにミステル・カカオまで)。後者は3人空中投げ渡しのパワーボムも見られて面白かったが、今回はちょっと少な目だったのはちょっと残念。
 逆に今回は日本側が元気だった。特にASARIは全開! 雪崩式のフランケン、ケプラータもは綺麗だし、吉田直伝の関節技もコーナートップでの飛びつき雪崩式腕十字で繰り出すなど、自分なりに関節技を消化している感じがした。それで試合の最後はシエロペルフェクトでAKINOがマリーからピン。最後は全員で手をつないでの大同団結でアピール。


第5試合:○大向美智子(裏拳→体固め1:07)×美幸涼
 さて、問題の美幸の試合(ふーーーっ、深呼吸) 
 まず美幸の入場曲がかかる。10人以上のカメラマンのファインダーが入場口を狙うも、結局フルの演奏が終わっても美幸は入場口から現れず。仕方なくそのまま大向の曲がかかる。大向は黒の水着を纏って登場、右手には黒に一番映える真っ赤な木刀を担いでの入場。まるで紅夜叉(※)のようである。カッコイイ。ちなみに大向もおニューの水着である(と思う)。暫くリング上で大向が一人木刀を持って控えていると、間に耐えられなくなった観客から次第に「説明しろ」「金返せ」と罵声が飛び出し、場内騒然と鳴り出したところ。どこからともなく美幸が私服+スニーカーでスポットも当たらずに赤コーナーの花道にフラリと登場。う〜ん絵になる。

 すると大向は、赤コーナーまで詰め寄りロープと鉄柱を挟んで美幸と対峙する。大向「とっとと上がれ」と云うが、それでも美幸は黙ったまま視線だけは大向を睨み付ける。観客「上がれ」「やる気あるのか」「帰れ!」と罵倒を浴びせる。それでも美幸は黙ったままで睨む。結構根性がある。そして会場が罵声がいっぱいになる頃、ようやく美幸はエプロンまで上がるがそれでもまだ視闘が続いている。大向は美幸をリングに引きずり込み、ゴング。二人はリング上で髪の毛を掴み合い、また視闘を演じる。ココでも美幸一歩も引かない。美幸は長身の大向でもまだ見上げるほど身長があり、そのうえまだ身長が伸びていると云うから末恐ろしい。
 そして美幸は大向にロープに振られて、返りざまにフライングニールキックが放つが打点が低く大向のミゾオチあたりに当たる(あと20p高ければ・・・) その後美幸は大向に2発裏拳を出すが、大向には全く効かない。そのお返しとばかりに、大向タイミングの良い裏拳を放つ。美幸そのまま倒れて、そのままピン。

 勝利者である大向のテーマが流れるなか、フォールで上になった大向が下の美幸に一言二言語りかける。そして大向のマイク「アジャでもない、ラスカチョでもない、私があなたを育てたかったよ(過去完了形?)・・・・私はあなたをまだ諦めないよ」 対して美幸「たぶん、お客さんは、私がこうしてマイクを持つこと自体許してくれないでしょう。大向さん、あなたとこのリングで最後に試合が出来て良かったです。雑誌にも書いてあるとおり私は今日でこのリングを辞めます。アルシオンを辞めます。情けないですよねホントに。上げて貰うだけ上げて貰って、イイところだけ食べて、でも、一つ言いたいのは、小川さんあなたにも言いたいことは、アルシオンを辞めても、プロレスは辞めない」
 おいおいどうするんだ? 他のリングに上がるのは良いが、他の団体はこんなに心優しくないぞ? う〜ん、HAWAIIは美幸の移籍先に一人悩む。美幸の今の状態で考えられるのは伊藤オフィスぐらいだし・・・・。

(※)すいません。実を云うとHAWAIIは紅夜叉はリン魂でしか見たことないです。



第6試合:Re:DRUGクイーン・オブ・クイーン・トーナメント決勝
○GAMI(アディオス・アミーガ→片エビ固め6:03)×PIKO
 おおおおおーーーーーぉぉぉ! 10年の時を経て、ジャパン女子出身者同士の因縁の対決だぁぁぁぁぁ(※)。
 それで試合の方はホントオーソドックスな試合であった。まずグラウンドから入りRe:DRΛGお得意の観客巻き込んでの数珠繋ぎコブラ。その後はPIKOのヘッドシザース&チキンウィング、ジャーマン、掌底、ダイビングフットスタンプ、センセイ固めと、手数ではPIKOが優勢だったが、最後はGAMIのアディオス・アミーガでちょっと強引にピン。
 試合後、自分たちが用意した賞状を読み上げ、そのうえトロフィー、メダルで大値を巻き込んでの表彰式及び優勝、準優勝、同率三位のメダル授与式。そして4人全員での記念撮影が続く。ホントここだけは他の騒動と別世界。橋本騒動の時の蝶野のteam2000みたいである。

(※)勿論HAWAIIは当時の事など知ろうはずはございません。


第7試合:ツインスター・オブ・アルシオン・タイトルマッチ
○三田英津子&下田美馬(デスレイク・ドライブ→体固め11:20)×吉田万里子&(アジャ・コング)
 二つ目の問題の試合である。
 この試合は、前回7月にアジャが試合そっちのけで、ラスカチョ2人を裏拳10発以上を叩き出し、あの打たれ強い三田をKOしてしまったと云う曰わく付きのカード。メッチャ期待が持てる。と思いきや・・・・・。
 さて、試合はタイトルマッチだけあって、普段とは違って、アジャ組が先&青コーナー、ラスカチョ組が後&赤コーナーである。アジャは青緑のコレもおNewのコスチューム、ラスカチョのガウンは金と銀であった。
 両者入場して、試合に先立ってのコール、タイトルマッチ宣言をやる前に、唐突に玉田がエプロンに上がって「おい、アジャ さっきの美幸の様はなんなんだよ。高瀬の時の一緒だよ。全部一人で抱え込むなよ。吉田だって大向だっているだろう。なんなら今すぐファイティングプロデューサーを辞任しろ!」と一方的に突きつける。
 なんなんだコレは? なぜ玉田なんだ? 大向でもなく、GAMIでもなく、なぜ玉田なんだ? それと「高瀬の時と一緒だよ」とは何なんだ? HAWAIIには、幾ら考えても去年12月にアルシ生え抜きをリング上に上げた時に、高瀬だけ呼ばれなかったぐらいしか頭に浮かばないぞ??? (それになぜ玉田は啖呵が棒読みなんだ?)

 アジャ「ハイハイ、俺はお前らの苦情処理係じゃないんだよ。毎度毎度毎度毎度、問題が起きれば、アジャアジャアジャアジャ大安売り。いい加減にしろよ。辞任?大いに結構。辞めたるわ。ファイティングプロデューサーも取締役も辞めましょう。ちょうど誰かの操り人形になっているのも飽き飽きしたところだし、そんな願い下げだし、そんなもん糞食らえだ。ハイハイ、ファイティングプロデューサーも取締役も、今この時点で辞めた」と逆ギレ。
 あ〜あ、いきなり舞台裏のドロドロとした光景を見せられて、会場中どうしようもない寒くてとまどいの空気が流れこんでいるぅぅぅぅ〜〜。その時天の声が聞こえた、タイミングの神様、そう、我らが美馬姐の声「おまぇなぁ、タイトルマッチのあるんなら舞台裏のことをゴチャゴチャやってんじゃねぇよ!」と青コーナーまで詰め寄って、観客の注意力を強引に試合に引き戻す。さすがであるけれど、云われたアジャますます逆ギレで、即下田を場外連れ出して大暴れの中で試合開始。アジャと下田再びリングで上がっても、まだやり合う。それどころかラスカチョの持ってきたイスをラスカチョより先に手を出す。それも今まで見てきたどんなイス攻撃より激しく下田の頭に叩き込む、その激しさたるや「パッコーン」と音と共にその衝撃でイスに塗った塗装が四方八方に飛び散って、花火みたいだった。本当にあれだけのイス攻撃はみたことがない。
 しっかし、良いね良いね。HAWAIIはあまりの興奮で、暫く写真を撮るのを忘れてしまったぐらいであった。と思って喜んでいたいたところ、アジャが本部席に来て、再びマイク「こんな状況下でやってられるか! ああ辞めてやるよ。もうやってられるか! こんな<意味不明>では、もう願い下げだ。ふざけるな!」と言って、赤コーナーから試合途中に帰ってしまった。お客さん何がなんだか分からず騒然。
 仕方なく、一人取り残された吉田がハッスルファイト。何度も合体攻撃を受けても怯まず、コーナーに登ってはブランチャを繰り出し、2人にエアレイドクラッシュを出すが、三田にはデスバレー、下田にはデスレイク・ドライブを受けて、残念ながらピン。
 三田「アジャ、こんな事でただで済むと思うなよ! うちらはなぁ<意味不明>ーーー! 覚えとけよ!」と怒り心頭モード。


第8試合:クイーン・オブ・アルシオン・タイトルマッチ
○浜田文子(浜ちゃんカッター→片エビ固め15:08)×日向あずみ
※浜田2度目の初防衛
 今年最初のクィーンのタイトル戦である。まず日向が登場、普段通りの透き通るような青のコスチュームである。続いて文子、去年のタイトル戦から着用の城のガウンを纏っての入場、コスチュームはコレまたおニューである。デザインは以前のと同じ様であるが、以前のよりエナメルっぽい素材で大変青が際だち、胸元の金の飾りが華麗である。ただちょっと苦言を呈すれば、日向が青をつけることは戦前より予想されていたことであるので、全女の豊田がイーグル戦の時みたいに、チャンピオンとして日向の色に被らない色を選択して欲しかった。そこの辺りはちょっと残念。
 さて試合であるが、手4つから力比べ、ココは体重差を活かして文子が日向をロープまで押す。クリーンに離れてから、その後両者はグラウンドに移行、両者トリッキーな動きの後、日向が腕を決めようとするところで文子がロープ。序盤戦は一勝一敗であった。

 中盤は、まず文子が先手、今回初めて見せた武藤@新日張りの足を絡めてのスライディングタックルを決めて、日向を倒すと、そこから膝十字、リバースのインディアン、そのまま状態で変形の弓矢固め、掴んだ手を掴み直しての変形インディアンデスロック、同じく変形の釣り天井とメキシコっぽい得意の流れを作る。一方日向はミサイルキックから、シュミット式バックブリーカー2発、スタンディングでのアキレス腱固め、その足を掴んだまま片エビ固めとオーソドックスな流れを作り、動けなくなった文子に対して容赦のないストンピングを浴びせる。文子一時戦闘不能に陥り場外にエスケープするが、日向は場外には追わない。

 そこから、文子は日向の対応で調子を狂わす。例えばケプラータには剣山。場外へのケプラータはスカす。スピンキックはガード。つまり文子の技を受けない。日向は文子の動きが止まった隙に場外ではイス攻撃、三度目のバックフリーカー、そして目の覚めるような顔面へのジャンピングにニー、コーナーではスパイダージャーマンと、効果的な技を繰り出す。かと云って、日向はスカしてばかりいたわけではなく、迫力あるエルボー・張り手合戦など文子に対して一歩も引かぬ気の強さも見せた。
 試合は終盤、両者の大技が乱舞する。文子はアイコノクラズムとジャーマンと旋回式パワーボム2発。日向はロコモーションジャーマン8発!(いつもより余計に回しています) そして極めつけは得意の決め技みちドラII。文子それをカウント2.9で返し、効果的に放ったビーナスで試合の流れ自陣へ引き戻すと、日向のライガーボムをモノともせず、どう考えても、雪崩式のフェースクラッシャーとしか見えなかったメッチャ高い位置からの浜ちゃんカッターで日向をピン。
 今回は、文子のタイトルマッチは、チャンピオンとして初めて“見られる様”になった。ようやく安心して見れることはHAWAII的にメッチャ嬉しい成長であった。

 試合後、表彰式が終わると、ベルトを巻いたまま、文子はマイクでアルシオンの残留メンバーをリング上に呼び寄せる(うわーーーー凄い事するなぁ〜)
 そしてリング上全員揃うと、諸先輩方を後ろに従えて、文子が前に出てトップとして観客に代表として「今日は後半バタバタしてしまいましたが、アジャがいなくても、この選手でアルシオン守っていきます」と挨拶。凄い事である。今日の2月14日が文子の誕生日であるからして、この大会の2月12日はまだ10代、10代で団体のトップの宣言である(レディゴンでお父さんと和服で日本酒飲んでいましたが・・・・・)
 そして続いて諸先輩方の挨拶、吉田「今日は不甲斐ない試合をしてご免なさい。この仮はきっと返します」とよっぽど悔しかったのかいつもは無表情が通りの吉田が涙声。続いて大向「アジャも美幸も糞喰らえ! 私がアルシオンを引っ張っていきます」と団結を示しながらも、キャリア3年目の文子に対して対抗心露わ(当然) 最後にGAMI「みんな暗〜い(笑い) 今日は3周年、メデタイの暗〜い。この私がいる限りアルシオンは永遠に不滅です。アルシオンは明日から4年目に入ります。宜しくお願いします」長島監督張りのアピール。
 そしてみんな手をつないでの大同団結をアピール。最後はロッシュまで加わって四方へアピール。

総括
面白かった面白かった。私は観客席から「こんなのアルシオンじゃない」と声が上がれば喜ぶという邪悪な客ゆえ、個人的には余裕に合格点。アジャと美幸の件は、もしコレが“ネタ”ならば「お見事」と云うしかない。逆に“ガチ”なら違う団体に移籍しても面白い試合を見せて欲しいと応援する。試合があったら当然見に行くつもりである。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ