このやる気の無さはナンなんダァ?? 全ては船木に通じてますね 2・4パンクラス後楽園大会
■団体:PANCRASE
■日時:2001年2月4日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 今日も前振りあまりしません。
 しかしお客さんは、 入ってましたね、9割は入ってたでしょ・・・勢ぞろいしてるしな(鈴木・菊田・高橋)
 定刻に始まり 段取りも良くなり。あとは試合の質だけだったんだが・・・・・・・・・

 それから今日からラウンドガール投入!! うれしいはずが・・・あらあら・・・・露出が・・・・
「水着きろ!!バカやろゥ!!!」(失礼しました あまりの露出の少なさに つい我を忘れて・・・・)

<キャッチレスリング5分1R>
鈴木みのる(横浜)(2分49秒三角)ジェイソン・デルーシア(アメリカ)○
 178cm92.3kg             183cm91.4kg
鈴木と伊藤のために作った、パンクラ危険ルールに対応できない人のためのリハビリとして新設された
キャッチレスリング
 まさにコンバットレスリングの様相呈してきました。膠着なければ良い感じでレギュラールールの合間に
定着しそうな感じで私的には評判良し。

 鈴木は大分肉がつきましたね。ジェイソンは、すぐ掣圏道戦も控えてるので、簡単に終わらせてほしい。
 試合は、正直言って「エキジビションでやってるのかと思いました。(マジで)」 緊張感のかけらもない
クルクルの試合にびっくり! 田村がやりたいのこれじゃん!! とヒザ打ってしまいましたよ思わず。

 まあこういう試合に一番ふさわしいのが、ジェイソンであり案の定 良い動きしてました。
そして、あっという間にしたから三角締めをしかけて、鈴木外さないのかなァ〜〜と思っているうちに

 タップ!!

あれぇ?? 何でェ?? 鈴木三角締めのエスケープのし方知らないのかな?? と思ってしまうほど
鮮やかな勝利でした。
 鈴木の試合後のコメント聞きたいです。 それでも俺は生きるってか?・・・・

<5分2R>
菊地一仁(横浜)(2R判定2−1 20-19・20-19・19-18)中台宣(東京)○
176・76.7                         178.84.0
 共に新人対決。差し合いからTD取ったのは、中台 2度目も中台がスタンドを制す。
そして UWFムーヴの「ヒザ十字の入り方」で極めようとするも、足の取り合いに・・・・・

 インサイドからパンチ出したり、バックから投げたりなかなか良い動きで攻めた中台優勢かと思ったが
終了近くなり、腕取りからマウント取り十字取ろうと菊地反撃 面白くなってきたところで 1R終了

 2Rも多少の反撃もあったが 終始中台優勢で終了   判定で中台の勝ち。
レベルは 悪いが 修斗の下北クラス以下でした。 練習しましょう。

<キャッチレスリング5分1R>
伊藤崇文(横浜)(1R判定3−0 10-9x3名)河崎義範(RJWC)○
176・78.2                   173・83.3
 久しぶりの伊藤の登場。やる気マンマンで、客受けしようとトリッキーな動きする。調子こいてます。
しかし打撃なかったら、RJWはマジで強いです。 伊藤のタックルを軽くさばいてガブリさすがに上手い
対する伊藤は、ガブリの対処法知ってるのか??と思うような感じで何も出来ない(させてもらえないが正確か)

 TDも難なく取られ、主導権は完全に河崎が、苦し紛れに出した飛びつき十字も読まれてしまう。
ナンとまあ 何も出来ないことおびただしい伊藤 河崎の完封でした。

<5分3R>
○高橋義生(東京)(3R判定3−0)佐藤光芳(グラバカ)
 180・95.6               180.93.7
 菊田に完敗後の高橋。精神的に吹っ切れるような相手じゃないので今日も心配だったが案の定でしたね・・・
今日の相手なら、参った取って当たり前なんだが・・・・・・・

 そりゃ主導権完全に取っていたし、3R通じて危ないところはなにもなかったし、見ていて安心して見ていられたし、
だからナンだって言う感じですな。 何のために闘ってるのか?サッパリ分かりません高橋
やる気ないんなら もう隠居しなさい。 客を舐めて欲しくないわ! 

 イズマイウとの再戦希望します。  高橋の気持ちを揺り動かす選手希望
 2代目村上竜司 ここに誕生です。
 

<5分3R>
渡辺大介(横浜)(1R4分12秒三角からの十字)佐々木有生(グラバカ)○
180・83.5                 182・84.5
 修斗に三行半を付きつけ、パンクラスで生きることにした佐々木の真価が問われる試合
佐々木きっちりと 結果出しました。  打撃もあの大介と互角でしたね。
 TDは渡辺しっかりとってはいたんですがね・・・ その後がいけない・・・

 グラバカらしい勝ち方で最高でした。 下からの三角から十字 1試合目の鈴木と同じやられ方
パンクラス横浜の選手は、三角締めの外し方多分知らないんじゃないでしょうか?
誰か教えてあげた方が良いです。北岡君なら知ってますよ(笑)

<5分3R>
○近藤有己(東京)(3R4分16秒鼻骨骨折によるドクターストップ)石川英司(グラバカ)
 180・88.0                             173・84.1
 つくづく 近藤という選手は運がいいと思う。今日下手したら判定でやばいんじゃないかと思うことも
一瞬あったからだ。そのくらい近藤対策をしっかり打ってきたのが今日の石川だったと思う。

 近藤はファーストコンタクトが必ずひざを狙ってくるのを熟知している石川は、すぐ密着する作戦に
出てこれが功を奏したと思う。 捕まえても片足取り一本に絞りひたすらTDを狙う石川良いですね。
 近藤もあまりのしつこさに元々あまりレスリング得意でないのでTD取られてしまう。
 まあそこからはパスガード取られてもあまり心配なかったから良いようだが、石川はPG後の攻めてを考えて
なかったんじゃないだろうか??  近藤はパスガードなんか全く気にする選手ではないのだが・・・・

 珍しくしたから三角狙う姿も見られただけで近藤見に来た価値があった。2Rスタンドでの差し合いの途中
ヒザが多分石川にヒットしたのだろう(パンチかな)急に鼻血が大流血・・・・時計止めてドクターチェック

 そのまま試合中止で近藤の勝ち。 かなり効いていたと見え石川止められたと分かると倒れる。
近藤の強運は ティト戦で途絶えたわけじゃなかった。 再び頂点目指す戦いが始まった。

 しかし試合を通じ(3R)支配していたのは、間違いなく石川だった。 近藤も研究されだしたな。
良い事だと思う。  近藤頑張ってくれ!! つまずいてる場合じゃないぞ。

<5分3R>
○渋谷修身(1R3分51秒あばらを押さえて自ら試合続行不可申し出る)イアン・フリーマン(イギリス)
 185・88.7                               180・99.1
 イアンはブ厚い体していた。試合開始すぐに片足タックルからTDした渋谷、インサイドから片足抜いて
HGからパンチを打つ。その後アキレス狙うも失敗スタンドに 積極性に拍手。
 再びTDした渋谷HGのまま腕狙い敢行!(腕がらみ)そのまま パスガードしさらに腕狙い。そしてマウント
凌ぐフリーマンしかしまた横四方から腕狙う渋谷。

 その後スタンドになったが・・・・うずくまるフリーマン わき腹付近押さえ、レフェリーにアピールし
ストップしてもらい渋谷の勝ち。(パンチ当たったか?) 終始攻めていた渋谷良かったです。

<メイン5分3R>
△菊田早苗(グラバカ)(1R3分11秒ノーコンテスト)アレックス・スティーブリング(アメリカ)△
 176・89.9                         188・96.9
 調子に乗ってる菊田。近藤との対戦はいつなんだろうか? しかし、今日はつまずきました。
TDを奪ったのは菊田。すかさずアキレス健を狙うがあきらめ起ち上がる菊田。上のポジション取りにいくのは
さすがです。
 そしてパスガード取る菊田 すぐにアレックス伏せって逃げようとするもすかさずマウント。 伏せて逃げる
のを察知し十字狙うも惜しくも逃げられ、両者スタンドに。

 さあこれからという時に、アクシデント発生!
勢い込んで入ってきた菊田がアレックスの顔に頭突き一閃!! 何と当たっていった菊田が大出血!!アホか!
ドクターもこれで試合が終わったらヤバイと思ったのか、必至に止血試みる。時間かけやっと止まる。

 しかし偶然なのに 何故か菊田にイエローカード出る(偶然ではないとアナウンスさえあったのに)
訳分からんルールだと思ったが再開 しかし菊田の顔まっ青なのが気になったが・・・・

 リスタート後 刺しに行く菊田。隅返しぎみにTDしたが、グラウンドになった途端せっかく止血したキズ口
開いてしまい大出血  すかさずレフェリーストップ!
 何と!! アレックス殊勲勝利!!と思ったが 裁定は何とノーコンテスト!!!
いつから全日本プロレスになったんだァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 呆れかえった。 自分でバッティングに行って 自分で切って自分で出血したら負けでしょ?普通
後味悪い終わり方でした。

 グラバカの躍進の目立った試合。本体もテコ入れし頑張って欲しいと思う。
しかし今日は印象に残る試合なし したがって観戦記も面白くありませんな・・・・・・・


 客入り最高のスタートを切る事ができたんだから、やる気出して欲しいもんだ
パンクラスに漂うこの何とも言えない、やる気の無さはナンなんだろう・・・・・船木がいないことかな?

そんな気がしてならない・・・・・・・・




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ