GAEA1/14後楽園大会
■団体:GAEAJapan
■日時:2000年1月14日
■会場:後楽園ホール
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 あいも変わらず満員のGAEAです。

第1試合 ×広田さくら(エビ固め7:05)○北斗晶
 広田、今日の試合前インタビュービデオはコンパクトにまとまっている、やたら
「怒髪天をつく」を強調していたが(リングアナのコールでも)、出てきた姿はブル
中野!!もちろん髪型はアレ。
 ゴング前、唐突に一人でシリモチを繰り返す広田、たぶんブルのギロチンのつも
り、ここまで我慢していた北斗もついに笑い出し、レフリーのトミー蘭に突っ込まれ
る。セコンドのデビルはもちろん大笑い、広田側には長与までつき、試合後半には、
飛鳥も通路の奥で見ていた。選手間の人気がわかる。
 試合でも広田は意味不明の動きを連発!技を食ったときの「殺虫剤をかけられたゴ
キブリ・ムーブ」や張り手を受けたときの朽木倒れにはまだ意味があるが、なぜか3
点倒立やカエル立ち、ブリッジしたまま頭の方向へズズズズ動いていくなど。こりゃ
いったい何なのか(茫然そして大爆笑)。
 謎のポーズの数々に付き合わずパイルドライバー、ミサイルキックとハードヒット
を打ちこんでいった北斗もツッコミ役として Good なら(とくに鼻クソつけられそう
になってキレたのは爆笑)、北斗のクレームに「私もいつもいつも真面目にやれ、っ
て言ってんだよ!」とボヤくトミーさんも Good!
 ノーザンライトに抱えられそうになって慌てて広田土下座、「それだけはやめてく
れ」ギブアップしたがる、北斗もセコンドの長与も許さない、このやりとりを少し引っ
張りすぎてダレるかと思ったが、さすが北斗が空気を察したか電光ドクターボムで試
合を終わらせる。
 決着後、なんとチームクラッシュを脱退し北斗に弟子入りしたいと言い出す広田!
エプロン下のデビルさん両腕で×印作って拒否、北斗帰りかけるが広田のしつこい嘆
願にまたデビルさんが余計な一言「北斗が面倒見るってさー」北斗もリング下に戻り
「さくら、って名前が気にいらねえ!今日からお前は“広田アクら”だ!」と言い放
ち弟子入りを認めたかのような発言、しかしすぐさま「ウソだよ」、さらにしかし引
き上げる北斗を控え室まで追い縋っていく広田。
 ちなみにここまでの行動をチームクラッシュ側は誰一人止める者が無かった(笑)。
 控え室でどう話がついたのか、第2試合以降、きちんと青コーナーの卑弥呼・ベテ
ラン軍のセコンドとして働いていた広田。うーん何かのネタふりだとは思うのだが…

第2試合 ×加藤園子(片エビ固め7:57)○KAORU
 ムーンサルト、ショルダースルーをトンボ切って着地、カバーをブリッジで脱出、
KAORUの動きは美しくカッコ良い。
 加藤の突進を受け止め身体が横に崩れかけてのエクスカリバー(危険)で決まった
かと思いきや、そこから加藤が粘る、意外な反撃は頭突き!これ、意外にキャラに合っ
てるかも。さらにクーロンズゲート、旋回式クーロンズゲート、頭突き、頭突きで攻
め返す加藤、しかし再度の旋回式クーロンズゲートを身体を反らすことで防いだKA
ORUがエクスカリバーで勝ち。
 まぁアッサリめの試合。前回昨年の最終後楽園で因縁のついた、KAORUとセコ
ンドについた飛鳥との小競り合いがありました。

第3試合 ○里村明衣子、植松寿絵、竹内彩夏(片エビ固め11:56)
                  デビル雅美、×ダイナマイト関西、山田敏代
 竹内、シンプル水着を卒業、新コスチュームで登場。
 ゴングが鳴るや否やダッシュで敵陣に突撃したチームクラッシュ軍、その全力疾走
ぶりにまず驚く、たんなるお約束の動きではない。出だしの、とくに竹内のイキの良
さ、飛びつき式のキーロック(!)などを楽しんでいたが、やがて、しつこく里村が
関西の腕を狙い続ける場面ばかりになっていく。
 ここで竹内がまたしつこく、山田の脚にしがみつき、カットを必死に阻止し続ける。
関西が反撃に出るかもしれないのにとにかく竹内が一方的に山田を阻止し続けている
ので、あぁこの試合は里村が関西を超えるための試合なんだな、と、なんとなくわかっ
てしまう。そしてその通りにデスバレー、オーバーヘッドキック×2、再度デスバレー
で里村勝利。…場内は大盛り上がりでしたが。…

セミ 長与千種、×永島千佳世(エビ固め11:19)ライオネス飛鳥、○シュガー佐藤
 昨年後半、頑張ったシュガー&永島へのご褒美的意味合いもあったのであろうかこ
のカード、開始時の握手直後、永島が飛鳥に、シュガーが長与に襲いかかる!その後も、
誰と誰とが同じチームなのか、僕の頭のなかで混乱がしばらく残る。クラッシュ対
シュガー&永島の幻想が… そっちが見たかったですぅ。
 女ベイダー・シュガー、この日も大暴れ、さすがに大将長与は持ち上げるのに手こ
ずったがライガーボムを決め、僚友永島へも、頭上で腕をとられようが三角締めされ
そうになろうがかまわずライガーボム、パワーボム打ち続けて、ピンを取った。
 ただこの試合でも、長与と飛鳥がしつこくカットを阻止し合うのが気になった。
以前 maya さんが、里村についてあんまりカットの阻止にこだわりすぎるとリズムが
崩れると指摘してましたよね? タッグで、控え選手同士がカットを防いで1対1の
状況になることはよくあるが、それが試合のなかであまり早く訪れると、控え選手
自身の見せ場が少なくなってしまうしその選手目当てで来ている観客も多いのだし、
ヘタするとその控え選手が手抜きしているように見えてしまわないでもない。
2試合も続くと…

メイン AAAWシングル選手権 
 ×(王者)アジャ・コング (片エビ固め15:02)○(挑戦者)尾崎魔弓
 まあセミまでがアッサリしていても今日の僕の目当てはコレ、ゾンビ尾崎がいかに
アジャの猛攻を凌いで勝つのか、が見たかったわけです。
 挑戦者側セコンドには北斗、デビル、広田、王者側にはKAORU、山田、関西。

 はじめ尾崎が裏拳で向かっていくがすぐにアジャ、場外へ戦場を移し、西〜南〜東
〜北と客席中尾崎を引き回しの刑に処す。椅子はもちろん客席仕切りの重そうな鉄板
まで振り回し、その上にパイルドライバーを打ち、あっという間に尾崎流血。
 リングに戻ってもアジャが押し気味に見えた。とにかく裏拳の打ち合い、凄絶な打
撃戦の合間に垂直落下バックドロップやブレーンバスターでちぎっては投げ、アジャ
が体力で押している。ように見えた。
 しかし、尾崎の反撃、延髄でなく顔の正面にいったニーアタック、テキーラサンラ
イズなどを受け、徐々にアジャの動きが鈍っていくような… アレ?これはどっかで見
たぞ?まあ少々違うのだが昨年末アルシオンの vs 浜田戦みたいだな?そして尾崎、
なんどもなんどもなんども打ち続けた裏拳で、ついに王座奪取。抱き合って健闘を称
え合う2人、北斗・デビルも大喜び、勝利者賞のワイン1年分を1本ずつ客席にプレ
ゼントして歩く。…

 うむ、たしかに尾崎を応援していたし素直に祝福したい気持ちもあるし、奪冠も予
想していたところではあるのだが、アジャの戦いぶりが気になる。浜田に負けた一戦
といい、足を止めての打ち合い、しか出来なくなっているよう。本来のアジャは、
もっと機敏に動き回れるはず。また粘り強さが無くなっているのも気になる。
浜田に対しても尾崎に対しても、もっともっと強いスーパー・アジャコングを打ち倒
してもらってこそ、ぼくの応援のし甲斐もあっただろうと思うのだが…


 今日はしょうじき、やや低調な興行だったとは思いましたが、これだけ毎回の後楽
園を満員にしているのだから、そろそろ年2回の大場所だけではなく、キャパの大き
なところで月1回の定期戦を打ってみたり、と冒険をして欲しいなGAEAには。
昔からのクラッシュファンや、マニアのお客さんだけでなく、もっともっと客層を開拓
してみて欲しい。都内だとちょうどいいぐらいの場所が無いかな?代々木第2とか…




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ