12月17日 ReMix@NEO後楽園ホール大会 「SMACK GIRL」観戦記
■団体:ReMix
■日時:2000年12月17日
■会場:後楽園ホール
■書き手:ALOHA♪HAWAII(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 行ってきました。今回はNEOがプロデュースする総合格闘技大会であるReMixでございます。前回の武道館大会のルール「寝技20秒」から「寝技30秒」に変更されての大会でございます。こう言ってはなんですが、私HAWAII総合格闘技(以下総格)はあまり好きではありません。なぜかというと歌舞伎好きとしては、総格の試合に「見得」が少ない為であります。じゃあ、なぜわざわざホールまで足を運んだかというと、ひとえに、張替美佳・高橋洋子・八木淳子を見たいが為です。それ故、スイープ・パスガード等の総格基本知識なんぞ、な〜んにも知りまへんので、細かい用語等の間違いはご勘弁を。
 さて、試合開始20分ぐらい前に後楽園ホールの入り口に到着、ダフ屋の数は日頃の女子プロ興行の3倍以上の数、えっ、こんなに人気があるの? 巷に流行(?)する総格の風は、ついに女子まで来たかと思ってしまいました。それでバルコのスペース確保にと足早に会場に進めると、そこには恐ろしいほど閑散とした空間が・・・・・。会場の入りはRS4割、南定席3割ぐらい。ちなみにバルコは東西合わせて6人ぐらい・・・。後楽園ホールに電光掲示板なんて初めて見ました(普段は垂れ幕で隠れていたのね)


▽アマチュア・ルール(3分2R)
○桜井あや(判定)×高木よう子
 アマチュアルールは3分2Rでヘッドギア付きでした。さて桜井あやちゃんは高校生。観客席にはお友達らしき女の子の黄色い声が響いていました。相手は同じ道場(禅道会?)の先輩らしく、選手紹介では「胸を貸す」と云うアナウンスが聞こえた。でもヘッドギアつけて顔は分からず、また両者同じ赤い色Tシャツを着ているから、どっちがどっちさっぱり「?」でした。
 さて試合は、青色のヘッドギアの高校生の若さ爆発。細かいテクニックなんてどうでもいい。そんな感じでバシバシと殴って倒して7割方上をキープしていました。でもそれ以降は技術がないのか、30秒の寝技タイム過ごして、そしてまたスタンドと云う感じが繰り返していました。それでタイムアップ。で、判定は3対13で高校生あやちゃんの勝ち。ところで「3対13」ってどういう判定基準やねん?(コレ以降、細かい点数は発表されず)


▽ReMix・ルール(5分3R)
○石原美和子(腕ひしぎ逆十字固め1回0:36)×金子真理
 ここからReMix公式ルール。金子選手と石原選手も禅道会の選手らしい。でも同じ道場生で石原選手の方が二回り程デカイ。石原が2・3発打撃を出して、4つに組んで、払い腰(?)を倒して、腕ひしぎ逆十字でタップ。


宮崎有妃(中止)レジー・ベネット
レジー故障の為、この試合中止。HAWAIIメッチャ残念。自分の靴下を相手に顔面に押しつけてタップを取って欲しかった。それでシュートを越えたところにプロレスがあることを証明して欲しかったのに・・・・。


○元気美佐恵(判定)×張替美佳
 初見のハリー、う〜んコメントしずらい・・・・。元気のセコンドは田村様、タニー、由佳。
 さて、この試合元気はさすがにでかい。でもハリーは果敢にパンチ(ロシアンフック気味)で攻めていき、ガードの甘い元気の側頭部に度々決める。そのたびに判官贔屓の観客にヤンヤの喝采。なかなかやる気が感じられてヨロシ。ただ良いのが決まっても元気を一瞬ひるむも、堪えていない様子。そして元気との体格の差は如何ともし難く、ハリーが足を取ろうとしても、元気は上から体重で潰していく。ただ、それからハリーは潰されても、常に亀の状態で元気を片方のグローブにしがみついて離さず。元気は上になっても不自由な片手を離すのに手間取って、寝技30秒ルールの大半を無駄に潰す。藤田張りに亀の側腹部にニーをぶち込むが決定的なダメージを与えられなかった。そんなやり取りが半分以上続く。でも元気グラウンドての常に上の状態が続くも決め手を欠く、唯一完璧な逆十字を決めるも30秒ルールに泣く。結果的に時間切れ。判定で元気の勝ち。
 この試合、この後10回繰り返しても、10中8.9元気が勝つであろう。それほど体重差を利用して常に上をキープ。また序盤のハリーの打撃が元気に決まっていたが、終盤になると、元気はハリーのパンチを見切っていたのか、打たれた瞬間にその手を掴む機会を待っていた。ただ、同様に元気がこの後10回ハリーの上になっても、10中8.9極められないであろう。元気はそのぐらい大きな体を持て余していた。


 休憩、花道でウロチョロしていた桜庭あつ子無茶苦茶かわいい。テレビで見るより100倍かわいい。まぁそんなことはどうでも良いが、彼女を先日の後遺症なのかまだ右手を三角巾で釣っていた。広告塔もなかなか辛いモノがある。ただそのプロタレント根性に敬服。


○高橋洋子(KO1回1:27)×サンドラ・ランジェ
 サンドラはキックボクサーらしい。高橋はゴーストバスターズのテーマに乗って白のポンチョと帽子を被っての登場。それを脱ぐとメッチャたくましい肉体が登場。
 さて試合は、ゴングと同時に高橋に筋肉の躍動がくっきりと見られる。それぐらい鍛えられた体だと素人目にも分かる。そして相手がキックボクサーなのに打撃で応える。それどころかパンチは高橋の方が段違いに威力が上。接近しても身長差を生かして首根を上から押さえ、そのまま相手の首を懐に抱えたままで、ニーを腹部にぶち込む。相手がコーナーまで下がると、そのままフロントネックロック。そしてその手をゆるめると、再びコーナーに置いてのパンチ。そして首筋へのチョップ。高橋のテンポのよい攻撃。そして離れての再びの連続で打撃でサンドラはスタンディングダウン。サンドラの目はやる気ナシ。立ったままで10カウント。高橋の勝利。実力が違いすぎた。
 高橋(ほんわかムードで)「みなさん、こんばんは(こんばんはー) 自分は、えーっと、日本女子初の総合格闘家、高橋洋子です。よろしくお願いします。今日、試合を楽しんでいただけたでしょうか? えっと、この中で格闘技をやってみたいと云う方がいらっしゃいましたら 私も5年前に格闘技を始めましたので、今からでもやりたいと思った人はまだまだ出来ると思います。今からでも。なので、皆さん格闘技を楽しみましょう。対戦相手を募集していますので、吉本女子プロレスまでぜひ連絡下さい。ReMixも出たいと思いますので、よろしくお願いします。」


○八木淳子(腕ひしぎ逆十字固め1回0:20)×ラマラ・ルードゥ
 ルードゥはL−1で風間相手に勝利したらしい。八木淳子は腰の辺りもデカイし、日本人離れしたボリュームある選手であった。
 さて試合は、開始時間と同時に、八木淳が帝京大学柔道部譲りの払い腰(首投げ?)で倒し、袈裟固めでタップ。秒殺であった。アナウンスでは「4秒」との発表。ルミナの6秒を抜く記録と思いきや、後で測ったら12秒。↑の「腕ひしぎ逆十字固め1回0:20」もちょっと不正確。ココの辺りは主催者は総合格闘技大会を名乗るのならキッチリして欲しい。まぁ細かい点はどうでも良いが、この試合も実力が違いすぎた。
 八木淳「今日は忙しいなか、集まってくださってありがとうございます。八木淳子です。えっと、ReMixでは2回戦で負けて、すごく悔しい思いをしました。それをバネにしてこれからドンドン勝っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。」
※写真は試合時間があまりに短かったので、会場でのスナップ写真を載っけちゃいました。


総評
 プロレス好きのHAWAIIとしては、ちょっと不満の残る内容。それは「見得」好き「歌舞伎」好き故の嗜好の違いによるモノ。私の周りの人にはおおむね好評だった。ただ、試合後のマイクで次の対戦ぐらい煽っても良かったのにと、そこの辺りはちょっと残念。でも、八木淳はかわいかったので、彼女が出場したら見に行くかも(なんなんだお前は!)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ