タッグトーナメント開催で新たな境地へ10/22GAEA後楽園ホール大会
■団体:GAEAJapan
■日時:2000年10月22日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 なんと休日の昼興行だと言うのに 9割〜満員の入り 凄いです さすがGAEA
今日はしかし 客層が高齢化していて心配だった 新人のいい試合を見ようと言うより
クラッシュ郷愁世代が集まったのかな?と言う感じ 横浜の試合を見て 新しい若手の試合を見に
来たという感じがしなかったのは非常に残念


第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○植松 寿絵(13’15"キャプチュードからピン)竹内 彩夏

 例の映画「GAEA GIRLS」でもドキュメントの主役の竹内
一年半でビューまでかかり出てきた選手であると言われると いまさらながら感心してしまう。
先日の横浜での遠藤戦を見る限りでは 他の団体選手と比べれば非常にレべルが高いと
いわざるを得ない
 今日は勝手知ったる 植松との試合 植松今日はこの後にもセミで出場のため
どんな試合をするのかどうか 非常に興味があった。

 試合は案の定 竹内の大健闘の試合 スポットもそつなく決めお客さんも適度に沸く
特に関節技の切れは 若手でも出色の出来の竹内 対する植松は先輩として対照的な
力強い技(ボストンクラブ・表拳・膝蹴りなど)で対抗
 最後は植松が勝つものの  竹内の若さ爆発のはつらつとしたファイトぶりが目に付いた


第2試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○加藤 園子(8’23"クーロンズゲートからピン)ニセ加藤園子こと広田さくら

 試合前のパフォーマンスはいつものとおりだが HHHチャンピオンの歴代の流れをおさらいと
全王者(笑)植松が飼い犬への王座移動までのVを流す。

 ここのところ激しい試合の続いた園子も今日は一息つける 試合
新日 永田裕二  飛鳥を尊敬・・実は広田ファン という週刊ファイト記事を読み上げ
記事を嬉しがるどころか「これは売名行為だ!」と一喝し
「you are not eyes(お前なんか目じゃない)」で締め笑わせる
その後加藤園子に話がうつり「お前最近英雄気取りでハゲチャビンにしたらしいが・・」
(加藤は北斗との試合で 木刀で殴られ頭を切ってしまい 髪の毛を全て切り丸坊主にしている)
 しかし・・・・なんと広田今日は やっぱりニセ加藤園子で登場
ハゲチャビンのズラで 以前の加藤園子と全く同格好で登場(もちろんコスチュームは自作)
これには園子も崩れるようにして笑ってしまう。

 まあいくら書いてもこれ以上は 面白さは伝わりにくいので割愛させてもらうが 会場に行き
実際に広田を ”体験”してもらうのが一番であろう GAORAでも放映になるので必見です
 お見事 広田!


第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
○ライオネス飛鳥(10’26”片エビ)ダイナマイト・関西
 里村 明衣子              KAORU ×

 今日は関西の動きに注目した やはり大きいモーションから繰り出す 動き一つ一つが
観客の共感を生んでいるような感じ・・・・ 特にフットスタンプなんか 強烈な印象残す

 しかし 飛鳥と里村のこのコンビ物凄く間が悪い 見ていて逆にハラハラするほど
また里村とKAORUの相性も最悪 全くと言っていいほどかみ合わない リハが足らないのか?
うむ〜〜〜 これだからプロレスは面白い

 かえって課題が出来て良かったんではないか?この試合
ともかく客受けも悪かったし 選手自身も全く満足してないのが客観的に見ても分かった試合
 試合後のマイクすらショボかった

セミファイナル タッグマッチ45分1本勝負
 長与 千種(12’18”ドラゴン・スープレックスホールド)北斗 晶
○植松 寿絵                       山田 敏代 ×

 今日2試合目の植松が しっかりご褒美を貰いましたね(笑)
山田はここのところの試合 凄く良くなっているような気がする 思い切りがいい感じで試合に
現れていて はつらつとしていて良い
 まあこれに関しては 賛否あると思うが 今後にさらに期待していきたい

 植松についても第一試合で暖まった身体が冷えることなく 良いウォーミングアップに
なったんではないか? 良い動きであった

 ポリス乱入アングルに関しては もう少し様子を見ていきたいと思う 今は良いとも悪いとも
言いきれず

 
メインイベント タッグマッチ60分1本勝負
 シュガー佐藤  (12’12”エビ)     デビル雅美
○永島 千佳世                 尾崎 魔弓×

 尾崎は今日はジョブするのが見ている我々にも分かるような ふてくされた表情
試合始まるとすぐ 勝ち役の(笑)永島に張り手の連打 溜飲を下げる
 しかし永島・シュガーコンビがチャンピオンだと言うのを忘れてたが コンビネーションは
良いね
 シュガーは相変わらずしょっぱいが この身体の若手いないんだから 限りなく期待を
持たせる選手になってもらいたいと思う。 何しろ技に関して言えばスケール大きいんだから
きびきびした動きと 間を覚えれば 大化けするような気がするんだが・・・・

最後の尾崎ピンへの コンビネーションは素晴らしかった

 試合後 デビルから今日はやられたとの旨の 最大限のお褒めの言葉
その後ベルトに挑戦させろとの一言に チャンピオン組が トーナメントやって優勝したものと
やってやるとの爆弾発言  新しいアングル作り完成!!

 なんか最強タッグみたいで良いな・・・・・ また新たな興味を繋ぎましたねGAEA
次は11・3後楽園 (開始前14:00には飛鳥・長与のトークショウもあるらしい)


 総括としては 無難な興行であった 特にすばらしいものはないが どうしようもない試合も
ほとんどなかった しかし 広田のスパイスの効いた第二試合は本当に来て良かったといつも思う
冒頭にも書いたが 客層が今日は高齢化しすぎ それのみ心配
 若手を見にきたい と思わせるような試合の組み方を考えていくべきだろう。
 やっぱりベテランは凄いと思わせるよりも 世代後退の波がホントに来ているのをお客に感じ
させる事も大切なんではないだろうか?
 その意味でもタッグ戦で若手を切磋琢磨させるのもいいだろう 今後にさらに期待




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ