修斗9/15後楽園雑感
■団体:修斗
■日時:2000年9月15日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 修斗の後楽園に行くのも、自分の中では完璧に定番になってしまった。ガチ馬鹿な自分がメチャ悔しいですぅ(銀メダル田島風)。などと、最初からいい加減なこと書いてますが、例によって雑感です。


 東西にパイプイス4列いれ、南北もギュウギュウのイスの並びで、開始時には、パンパンの入り。カードがいいと、さすがにまだまだ勢いあります。エンセンが自分の本の即売&サイン会やっていた。

 10分ちょっとのオシで、入場式から。朝日は登場せず。挨拶はAクラス昇格のRJW阿部。カツゼツもよく、ソツなくウマい。


<ウェルター級5分2R>

○中山巧(パレストラ)(判定2−0)飛田拓人(インプレス)×

 去年のアマ修斗の決勝戦の組み合わせだそうな。その時は、今回デビュー戦の飛田が判定勝ちらしいが、今回は、既にプロで2戦している中山が、場慣れしている感じで、開始早々、地に足がついてない飛田の上を取り、サイド、マウントとポジションを制し、上からパンチ。1R後半には飛田のセコンドから「気持ちで負けている!」の声も。

 地力はありそうな飛田、2R残り1分で初めて上になるも時すでに遅し。エンジンかかったのが遅すぎたな。

 気迫が表に出る上にグットルッキングな中山、プロ向きな印象。


<フェザー級5分2R>

○吉岡広明(パレストラ)(1R17秒TKO)五木田勝(KIGUCHI WORKOUT STD.)×

 いきなりの左フックでふらつかせたところに、右ハイ。五木田、何とか立ちあがるもフラフラでストップ。鮮やかでした。


<ライト級5分2R>

○勝田哲夫(K’s)(判定3−0)梅村寛(アライブ)×

 いきなり上を取られた梅村、状態が密着すれば固いクロスで両腕カンヌキに抱え、勝田が上体を起こせばオープンで足を効かせて距離を取り、打撃を防ぐ。ウマい。ウマいんだが1Rも2Rも、テイクダウンの攻防は1回きり。つまりずっとこれ。さすがに、つまらん。上からのパンチの分だけで判定は勝田。


 入場者、2130人。札止め。11月12日の後楽園のカード発表。ライトヘビーの佐々木、ライアン・ボウvs五味。11月18日のフックンシュートには、三島と中尾が出場するそうで、修斗公式戦の予定とか。

 挨拶は五味。言語明瞭、意味不明瞭。

 休憩10分。


<ライト級5分3R>

×阿部裕幸(RJWC)(2R2分23秒TKO)ステファン・パーリング(米)○

 パーリングは南方系の典型ハワイ人風。

 宇野をセコンドに引き連れた阿部、開始早々いきなりの飛び蹴にいくが、これが中途半端。コケてしまい下に。アホやと思うものの、阿部のガードは新鮮なので許す。が、予想通りというか、きっちりのクロスで固いのでちょっと退屈。パーリングも、ときたま重たいパンチで場内どよめくも、基本はインからコツコツ。

 2R、そこそこスタンドで打ち合っていた阿部、欲を出したか、コーナーに詰めたところで、前のめりにダウン。最後のパンチは、位置的に見えなかったのだが、カウンターでアゴに入った模様。

 阿部、コーナーに詰めたあと、首を制してテイクダウンを狙おうとしたのか、打撃に欲出したのか、わからないけど、どっちにしろ中途半端か。これに勝てれば、いよいよタイトル戦線に浮上だったのになー、残念。次に期待。


<ライト級5分3R>

○バレット・ヨシダ(米)(判定2−0)大河内衛(ガッツマン)×

 バレットのセコンドは例によってイーゲンとエンセン。一方の大河内には、マッハとスーツ姿の桜田会長。

 バレット、いきなり上取ると、当初はハーフも、あっという間にマウント。サイドに外さずいきなりマウントに行くわけだが、これが足を抜くという感じじゃなくて、ふわふわといきなりパスしちゃう感じ。素晴らし過ぎる。パンチを嫌がった大河内が反転すると、バックに取って、胴に回した両足をきっちりフックして固定するバレット、チョーク狙いで延々1R終了まで。しかし何とか大河内シノぐ。

 2R、上を取った大河内だが、場内も判っているのか「かえってヤバい」という雰囲気漂うが、大河内、猪木アリに持ち込んでサクラバキックで攻撃。場内、判官贔屓で大盛り上がり。3R開始早々には、パンチとヒザであわやダウンかというところまで追い込み、グラウンドでも1回メクりを成功させると、もう観客興奮の坩堝。

 バレットがどう極めるかだけが、おれ的見所だったこの一戦、大河内のがんばりで本日のベストマッチに。大河内、間違いなく今日のMVP。

 しかし、バレット、これほど美しいグラウンドを見せる選手はいないのだが、スタンドがこのままじゃ、ノゲーラなら秒殺してしまいそう。ならば、打撃なしルールでジックリ見たい。コンテンダーズで呼んでくれないかな。


<ミドル級5分3R>

○加藤鉄史(大宮)(判定3−0)トーマス・デニー(米)×

 デニー、ショッキングピンクの豹柄パンツで髪型まで同じ色で、しかも全身タトゥー(笑)。ガウン脱いだだけで、場内沸く。

 加藤、簡単に上になり、ハーフから足を抜いてサイド、よっこらしょっとマウント取るのだが、バレットの後に見ちゃうと霞んじゃうよな。マウント取れば、パンチ連打で、1R後半には、相手の手が伸び絶好の十字狙い好機だったような気がするのだが、これを逃したのが痛いか。基本的にはずっとこの展開。挙句3Rには、かなり息が上がってガス欠気味の加藤、あんまりセンスを感じないな。


<ミドル級5分3R>

×朝日 昇(大宮)(判定0−2)植松直哉(K’s)○

 前回同様に、ワルキューレ&黒服引き連れタイソン風の入場の植松、ロングタイツも同じで、セコンドには五味とワダタク。一方の朝日は例によって篠原涼子なのだが、何だか身体にハリがないように感じた。

 開始早々の植松のスロイダーは、ご愛嬌か。固いガードを取る朝日に対し、植松もインでじっと動かない展開。膠着は多かったのだが、一瞬に静から動に展開が変わるので目が離せない、というか、緊張感あふれる一戦だった。

 仕掛けるのは、ほとんど植松。インから、ぱっと立ち上がった瞬間に、足狙いに行くか、立ったところから足狙いをフェイントにして、思い切り顔面にパンチを落としに行くか。1R後半には、お互い足狙い合戦で盛り上ったが、関節のみに拘る植松に対し、余裕なさげに、足でガンガン打撃をいれていく朝日と好対照。2・3Rも、そこそこ極まりそうなフロントチョークも見せた植松、スタミナも充分だったし、おれ的には僅差の判定(28−29、30−30、29−30)以上に、差があったような気がした。

 まあ、ここで極めないと、ルミナには成れないんだろうけど。

 終了後、お互いに謝りまくり。特に朝日の方。どうせ謝るなら、相手じゃなくて観客に対してだと思うがな。

 勝者のマイクアピールは「自分を出し切れなかった。もう少し待ってくれ。絶対結果を出す」。はいはい、もう少し待ちましょう。もう少しだけね。


 修斗の何が素晴らしいかというと、技術を判っていて、かつ、若く騒ぎたがりの観客の存在。パスすれば、どどっ。マウント取れば、どどどどどっ。メクれば、どどどどどどどどっ。勿論、そういう客は、ジム関係者とか実践派の連中が中心なんだろうけど、これが場内の雰囲気をリードする感じで、実に盛り上るんだよな。

 羨ましい。リン・パンにも来て頂戴。お礼にマッシブ・イチをあげます(つぶれちゃう)。

 山あり谷あり、そこそこ膠着もあり、バレット・ヨシダの神技もあり、おれ的には大満足の興行であった。何と言っても、Bクラスが面白いのが素晴らしい。選手や関係者の経済的な恵まれなさに目をつぶれば、最早、興行としては、完成の域に達していると思う。まあ、完成の域ということは、後は下るだけなんだが。


 終演時マイクのカード発表は、11月12日の、郷野vs須田。また、チケット買いました。ガチ馬鹿な自分がメチャ悔しいですぅ(リフレイン)。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ