やっぱし私が書かなきゃね7/30横浜アリーナ長州・大仁田興行観戦記
■団体:新日本
■日時:2000年7月30日
■会場:横浜アリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 しかし大仁田の底力発揮という感じのこの興行
いつもは G-1の話しでもちきりになるこの時期に 方や全日は崩壊するわ
NOAHは旗揚げする直前だし GAEAも勢いあるし PRIDEもカード
提供してるし・・・・

 本家新日どうなっちゃうの?? というかんじでしたが・・・やはりこのカード一本で
人気の主役に踊り出てました。

 まあ 大仁田の新日での集大成を お披露目する興行としては 最高の場ではあった。
当日は初のPPV興行という事もあり 会場の入りも凄いんじゃないかと聞いてはいたが・・・・

 ともかく凄い 入りでした  ジャニーズのコンサート並の凄い入り 立ち見だって
凄い人数 ダフ屋もここぞとばかりに 仕事 してました。  まさに満員!!

 前田カレリンの時より入ってた模様


○真壁伸也(9分33秒逆エビ)棚橋弘至×

 新日若手の ホープ対決 インディーなら間違いなくメイン  これが新日の層の厚さ
ヤングライオン らしい戦い方の中に 将来の光が見えたね・・・・・

 バンプの取り方覚えたら いい選手になるね 両者とも・・・・・
 特に棚橋には 個人的にも期待していきたい

<30分1本>

○田中稔(10分32秒腕ひしぎ十字)野上AKIRA×

 外様 田中稔がベルト付けて登場・・・ 私は意外と好き
アキラは T2000加入以来 キャラ変えて 成功ですね (嫁さんの内助の功爆発!)

 しかし アキラも負けるなら 徹底的にヒールになり切ってないところが不満
最後に逆転で負けるブックなら 思いっきり田中を攻めなきゃ・・・・・・目立たない


○平田淳嗣(10分32秒魔神風車固め)鈴木健三×

 前田日明と同期の 御大平田  対するわ期待の新人 ラクビー部鈴木 まだ日が浅い
攻めも短調ではあるが スケールの大きさは 感じさせてくれる。

 平田はあんなにベテランなのに 鈴木をオーバーさせていないな 平田が悪いよ
自分のポジションを十分に考えていないよ  もっと細かく動きを試合前に指示しなきゃ
鈴木は 基本的な動きが分かっていないんだから・・・・・  

○越中史郎(11分40秒体固め)金本浩二×

 平田の後に出てきた ベテラン越中は逆に 見事に試合自体をオーバーさせていましたね
しかも互いの手の内を全て出すという 新日伝統のストロングスタイルで・・・・

 まあ金本がうますぎるということもあるんですがね。  特に投げ技の時の頭から落ちる
バンプなんて ひやひやするくらいだな・・・・   素晴らしくかみ合った試合でした

○飯塚高史(11分4秒裸締め)大谷晋二郎×

 飯塚は チョークでギブアップ取るのがさまになってきたね。 大谷のスピードのある動きに
必死に合わせている姿が いじらしくて好感が持てましたね。

 こういう感じで ジュニアとヘビーの交流戦ブックをどんどん入れていけば ヘビーの活性化
に繋がると思うので どんどんやっていって欲しいと思う。

 ジュニアの動きも見習っていくべきだね   アメプロ見ると特にそう思うようになってきた。


○永田裕志 (18分23秒バックドロップホールド)吉江豊×
 佐々木健介                   中西学

 客観的に見ると 健介がチャンプでありながら 脇役に回っているところが面白いところ
チャンプとしての自覚と あの位置にいながら ムーブの勉強しているところに注目

 永田の動きの良さ 中西の破天荒なめちゃくちゃファイト が際立つ中で 帰国してこれからの
吉江と健介がどう踊るか・・・・・・

 吉江ははじけなくちゃ行けないな・・・・自分でも天山二番煎じになっている事に気がついている
はずなのに・・・ もっと考えて動かなくちゃ

 健介が何を考え 戦ったのかを非常に知りたいな (誰かインタビューしてくれないか(笑))

< メイン 有刺鉄線電流爆破デスマッチ時間無制限1本>

○長州力(7分46秒レフェリーストップ)大仁田厚×

 これだけのために横アリ取ったので 他の試合は露払い・・・・・さあ大仁田が完結するのかが
今日の見所・・・・ 又長州が 試合勘戻っているかも興味あったが・・・・

 また 長州は ”被弾” するのか?というのが今日の興味の中心

 入場は 大仁田の圧倒的な勝ち ”ワイルドシング”鳴り響く中 見事な入場!!
あの距離の 花道を十分に時間をかけ 客の興奮を煽り 会場中を大仁田マジックに引きこむ
スゴさは 伊達に ”男樹” やってない事が分かるだけでも凄い事。

 対する長州も ”パワーホール”が掛かると さすが新日のリング!! 歓声だけは上だった
このカリスマ性が 現場監督の威光を継続してしまうと思うと・・・・

 結果的には 長州被弾ナシ!!  四方に振られ投げられたのは やはり大仁田だった
49針縫う(笑) 怪我となった時点で 大仁田の大勝利!!長州は有刺鉄線の反動利用しての攻撃
のみ(私は心のそこで 「根性ナシ!!」と思ってしまいました)

 躊躇無く 有刺鉄線にに突っ込み 被弾し 血まみれになり陶酔する大仁田!!
 それを目の当たりにして 唖然とする長州!!

 コントラストの素晴らしさ!!  電流爆破の恐ろしさとすさまじさを 分かったろうか・・
長州は・・・・・・

 入場も含めると いい試合でありました。
 営業的には大成功だったでしょう。
 G1に繋ぐ アングルは一切ナシ  単独興行として完結したかったんでしょう。
 しかし大仁田は $箱でしたね・・・・・・




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ