輝、日向とのエース対決、死闘を制す。ボリショイとの因縁深まる…
■団体:JWP
■日時:2000年7月29日
■会場:川崎市体育館
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

1)美咲華菜VS宮崎有妃(NEO)
 元同期対決。2人とも楽しそうに試合していた(ように見える)。ラフや空中技で
宮崎が押していたようでもあるが、体格に優る美咲が余していたのかも。フィッシャ
ーマンバスターで美咲勝ち。敗れたが宮崎も良い選手と思う。下半身のドッシリした
体形、空中姿勢がキレイ。ただスピードがややないのが気になる。

2)全女提供、納見佳容VS藤井巳幸
 こうして同一興行の中で見ると全女とJWPとのスタイルの違いがわかりやすい。
全女ベーシックは、1.ボディーシザースなどの固め技、ドロップキック、回転エビ、
ヘアー投げなどの多用 2.大声を出し続ける(ばーかーやーろー、等)3.テンポが早い
 よく言われることですが。ジャパン女子は男子レスラーがコーチだったわけだし。
のちに登場する春山が全女で気に入られているようなのは、テンポを除けばスタイル
が通じているからなのかも。試合は、ダブルリストアームサルトで納見勝ち。

3)ミクスドタッグ、折原昌夫&三田英津子VSZ-p&コマンドボリショイ
 男女の間でもまったく躊躇なくふつうに試合が進行する。出だし折原相手に身を何
度も翻しコルバタなどを決めていたボリショイ、中盤になるにしたがい何の遠慮もな
い(ように見える)折原のギロチンドロップ、ラリアット、得意技四方に見得切るパ
イルドライバー、垂直ブレーンバスター等食いまくる。なんとか雪崩式裏投げを打
(たせてもら)ったが、最後は三田のデスバレーに敗れる。
「よく頑張ったよボリショイ…」と思っていたら、試合後のマイクで、折原の興行で
三田&ボリショイ組vs男子チームの試合が組まれることを知る。何だその前フリかよ
ー。でもボリショイがよくやったことに変わりはないが。
 と同時にボリショイの、出稼ぎと同時にフリー転出後の道を広く探す、という作業
が進んでいることを感じる。デビルや天野のときと同様… 輝のリストラ発言は、事
実として進行している問題をリング上のアングルに転化させるものなのだろうか。

4)中西百重&高橋奈苗(全女)VS春山香代子&倉垣翼
 JWP組、いろんな連携にトライ。Wのアルゼンチンはちょっと驚き。しかしこれ
までそんなに組んだこともなくと言うか試合数自体も少ないので、左右立ち位置を間
違えたりWのドロップキック片方が全く当たらなかったり、、、もっと練習しよう。
 倉垣はコーナーからの通常ボディプレス、ムーンサルト、ダイビングヘッド、連携
でポスト上の相方の肩に上って飛ぶなど、春山はジャーマンなど、よく繰り出せたし
相手の攻撃にもよく粘ったのだが、ナナモモは流石でした。高橋はJWPの重量級2
人を同時にタックルで吹っ飛ばす。中西のスピードには恐れ入る(ついでにやられた
時の顔も)。フィニッシュはWでの空中STO(大外刈)。ナナモモには余裕の勝利
だったか。

5)輝優優VS日向あずみ
 先程のスタイルの違いで言えばまったくのJWP式(男子の試合のよう)。序盤グ
ラウンドの応酬、途中本格的な(?)場外乱闘あり。場内も蒸し暑くスタミナも消耗
しがち。特に日向の方は中盤以降苦しそうな表情が目立ち、以前から痛めている腰を
気にしだす。風車式やWアーム式の背骨折り、痛烈なドロップキック、連発を含むジ
ャーマン、みちのくドライバー、得意技を繰り出してくる日向に対し、受身がちなが
らも要所々々で重いエルボーバット、膝十字など関節技、今日も出たスリーパーなど
締め技、延髄斬り、ニ−ドロップなどで相手の流れを断ち切っていく輝。そうかこれ
が輝の流れなのか(今頃気付く)。30分時間切れギリギリまで及んだタフマッチは、
輝の旋回からの垂直ブレーンバスターで幕。

  試合後やってきたボリショイ、8/6はタイトルを賭けろと要求。その代わりに自
らのマスクも賭けることに。…


○美咲(片エビ固め10:17)宮崎×
○納見(片エビ固め11:53)×藤井
折原、○三田(片エビ固め14:02)Z−P、×ボリショイ
○中西、高橋(体固め15:47)×春山、倉垣
○輝(体固め28:02)×日向




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ