鳥肌実〜GAEA〜パンクラス 至福の3日間 7/23GAEA後楽園
■団体:GAEAJapan
■日時:2000年7月22日
■会場:後楽園ホール
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 このところ仕事の忙しさで参加せず申し訳ない。
仕事の憂さを晴らすかのように 別世界を体験した 金土日 3日間でした。
先回の有明興行が素晴らしかったので 小バコ後楽園はどうなるか期待がかなりありました。
 会場はほぼ満員!! これだけバラエティに富んだお客(老若男女)のいる会場も珍しい
他団体は 絶対に見習うべきです。

 向正面に巨大スクリーン プロジェクターで今までの流れを簡潔に映すのと 広田用(笑)
これがあることにより たまにしか来ないお客や一見さんにも流れがすぐに分かる仕組みは
素晴らしい配慮。

1,○デビル雅美・北斗 晶(11分37秒,エビ固め)里村明衣子・永島千佳世×
  
 なんせデビル・北斗とくれば 有明のメイン張ってクラッシュと対戦した2人
じゃないですか! それが第一試合とは・・・・
 この試合 同期ながら格が大きく違ってしまった永島が ”御大”相手にどこまでやれるか?
が課題の試合

 まあ 及第点上げてもいいんじゃないかな・・・・ 何しろ休まずに良く動く永島に感心
対するデビルも北斗も 出の時の表情一つ取っても これぞベテラン選手の味! 出まくり
まさに見栄を切る姿なんざ カブキの世界ですな・・・

 3度ほどベテラン組の誤爆を誘った 動きは素晴らしかったです。
里村も 永島を引き立てるべく ちょっと引いた戦い方を披露 私的にはOK!

 最後はスパイラルボムから ピン
  

2,○山田敏代(7分18秒,体固め)植松寿絵
 
 GAEAの ”山さん”(笑)(パンクラスファンにはお馴染み)の登場
対するはまだはっきりとキャラ立ちしていない 植松の戦い

 この試合 先輩山田が植松を どうやってオーバーさせるかに興味があったが 実際は逆
表拳(早く言えば殴り合い)の打ち合いに終始したこの試合だが 植松の方がバンプの取り方
がうまいじゃないか(笑)  山田は攻めてる時は 非常に良いのだが 攻守逆転すると
途端にダメ! WWFでも見て勉強するべし

 グーパンチで殴られるということが どういう事かということを 天龍・神取見たらいかに
凄い事かというのを理解すべし。 リアクション勉強しなさい。

エルボーカッターで山田勝ち
  

3,尾崎魔弓(8分9秒,片エビ固め)シュガー・佐藤
 
 個人的に 大ファンなので尾崎の試合は 思い入れたっぷりになってしまうが・・・・失礼
今日は 弟子であった シュガーとの試合 リングインを含め 尾崎の絶妙の間の取り方は
必見です。 見に行くべし。

 試合早々 尾崎のかみつきで シュガー出血!(多分 剃刀も使ってる感じ)
流血した時の動き がちょっと早すぎる感じがするシュガー まあ経験していけばいいだろう。

 全体的にはシュガーに見せ場をしっかり作ってはいるのだが どうしても尾崎ワールドに・・・
シュガーはもっともっと試合に出て 表現する事の大切さを学ぶべきであろう。

 師匠尾崎に近づくのは 容易ではない。

  裏拳から尾崎ピン
  
4,○広田さくら(6分33秒,へなーらサンセット)竹内彩夏

 GAEAの至宝(笑)広田 今日はどんな事をやらかしてくれるのか 興味津々でした。
ビデオパフォーマンスは 大爆笑!! (mayaさん観戦記参照) 腹抱えて笑いました。

 広田のスゴさは 試合を見に行かないと絶対に分からない。 別の試合の時のかいがいしい
健気なセコンドぶり 特に紙テープがリング上に飛び交った際の後処理の素晴らしさなんか
涙出てきますよ。  それと自分の試合の時のあのパフォーマンス!! (このコントラスト)
 必見です。

 あの歳で あの間の取りかた が出来るスゴさ!!  まさに別な意味で”凄玉”です(笑)

5,45分1本勝負
  ○飛鳥(15分43秒,片エビ固め)KAORU

 女子プロを代表する選手というと どうしても長与という感じになってしまうが 
私は飛鳥を推したい。 華 という部分にはやや欠けるものの インサイドワーク・
プロレスそのもののうまさ・間の取り方・パンプ どれを取っても超一流

 特に今日のような 美形タイプのKAORUと戦うとそのスゴさが際立つ。
しなやかさと 美しさと 色香を兼ね備えた戦い方をする KAORUに対し 
”THE プロレス”を見せつける飛鳥 お客は試合に魅入られていく・・・・・・・

 いい選手と戦う事で KAORUも急成長しているような気もする。
一歩引いた 戦いが出来るようになった時 KAORUは世界に通用する凄い選手になるだろう。
 
 KAORUのコーナーからのダイブ見るだけでも 十分に来る価値はあります。
まさに格闘芸術!
LSDIIIで飛鳥がピン
  

6,メイン
  アジャコング・ ○関西(8分47秒,エビ固め)長与千種・×加藤園子

 一緒に観戦のmayaさんは 園子目当てのため 最高の復帰戦であったと思う・・・・
しかし 今日の一番注目の選手は 関西であった。

 先日古巣のJWPに義理を果たし 正式に辞めてきた関西 祖国を捨てた華僑の気分だろう
GAEAに骨をうずめるつもりなのか それとも・・・・  それくらい危機迫るような
戦いだった

 先輩レスラーが目白押しのこのGAEAのリングで 他より目立つためには どうしたら良いのか?
関西なりの答えを今日出したような気がする・・・・・

 まともにプロレスやったら デビル・飛鳥らにはかなうまい。一発の重みだけ見たら今日の
パートナー アジャにもかなうまい。 では何がセルなのか?

 パフォーマンスと間合いが 命の関西は そこを前面に出していくべきであろう。
今日くらいのテンションの高さなら 十分張り合えると見た・・・それを維持するのは容易
ではないが・・・・

 9/15はこの二人と クラッシュ2000になるとの事。 楽しみで仕方がない。


 総括すると 非常にクオリティの高い興行であった。 ブック的には順調過ぎて面白くない
ファンもいるかとは思うが  内容的には素晴らしかった。
 9/15以降また オオバコで興行は十分可能だという事を予感させた
 当分GAEAからは目が離せないな・・・・広田のコスプレも含めて(笑)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ