格闘三部作 最終章はハッピーエンドならず    5・26コロシアム2000観戦記
■団体:コロシアム2000
■日時:2000年5月26日
■会場:東京ドーム
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

UWF対グレーシー の一つの区切りとなるこの戦い
プロレスバックボーンの最後の勇 船木がヒクソンに挑んだこの大一番
対する ヒクソンも現在瀕死状態のグレーシー一族 最後の切り札

UWF直撃世代の私も まさに世紀末の最後の真実を この目で見届ける事が出来る幸せを
実感しながら ドームへと歩みを進めた・・・・・

 水道橋駅周辺も ダフ屋・ダフ屋・ダフ屋

あまりの多さにこの試合の重要さと 皆の期待感が大きい事を実感
いつものように 後楽園ホール前で 八百長ご一行様とご挨拶を・・・・
グレーシーのTシャツを着た 弥次郎さんとも握手させていただきました

会場すると試合開始直前は余り入ってなかったが 第一試合の頃には 3万5千くらい入ったか?

第一試合
○近藤 有己(パンクラス) KO 1R 0:22  サウロ・ヒベイロ×(ブラジリアン柔術)

メインを除けば最も注目したカード
若きパンクラスの次期スターが ホイラーの弟子アブダビでも活躍のヒベイロと最強対決

ゴング鳴り 直後の近藤の繰り出すハイキックのヒザが ヒベイロのテンプル(耳)に
ジャストミーーーート!!さらにもう一発!! 
ヒベイロ崩れ落ちる

そこからは近藤 タコ殴り!!  ヒベイロ自軍コーナー付近で サンドバック状態!!
完全に 意識飛んでた感じ 青コーナー下で撃沈!!

近藤大勝利!!  私思わず万歳 と大声出してしまいました(笑)


第二試合 15分
△須藤 元気(パンクラス) ドロー アンドレ・ペデネイラス△(ノバ・ウニオン)

インドネシアバリのバロンのいでたちで登場の 元気  廻りをP’S LABの教え子が坊主姿で
神輿  そして得意の毒ガス(笑)噴射を・・・・・

宇野・菊田の新宿スポセン練習仲間が セコンドに さらにマッハ蹴りの塚本の姿も
ペデネイラスには ホーキらがつく

カポエラの動きでけん制する元気  TDはペデネイラス ガードを取る元気 
離れて 猪木アリ状態になるも 立ってお互いスタンドへ

須藤のトリッキーな動きに ペデネイラス思わずにっこりと・・・・・・
ルミナと戦ったときとは別人のよう 須藤の相手の殺気をはずす見事な作戦 大成功!!
これはある意味凄い事だと思う

その後も 互いに笑顔が絶えない状態となり 客的には「まじめにやれ〜〜」状態だが
私には 元気の こんな戦い方もあるんだという気持ちにさせられた

終了間際 インサイドGから元気が果敢にアキレス狙い かなり効いた模様苦悶の表情を
ペデネイラス浮かべるも フィニッシュには至らず。

そのまま終了  お客さんは緊張感の無い試合見せやがってという感じだとは思うが
私的には 相手の戦意もそいでしまう 須藤のインサイドワークが目立った試合だと思う。

第三試合 キックルール
○魔裟斗(フリー) KO 4R2:59 メルチョー・メノー×(WCKムエタイセンター)

フリーの魔裟斗の 久々の今後の進退をかけた試合 綺麗にKOで決めるのが 宿命つけられた
試合

 案の定 4R 2’59”で見事な TKO

第4試合 極真ルール 
○鈴木国博(再々再判定5−0)ルシアーノ・バジレ×
 
唯一の空手の試合  申し訳ありません 客を意識した試合してないのでXでした


第五試合
×金原 弘光(リングス・ジャパン) 判定0-3マリオ・スペーヒー○(カーウソン・柔術)

ここからはKOKルール
マリオは 完璧なポジショニングを展開 文句の無い素晴らしさ
はっきり言って 極めないだけで 金原全く良いとこなし
上質の ポジショニングショーを見せていただきました。

金原に勝てる要素は一つもありませんでした


セミ
○田村 潔司(リングス・ジャパン) 判定3-0 ジェレミー・ホーン×(リングス・USA)

 いつもの赤いパンツの頑固者&UWFレガースに 素手で登場の田村
 ホーンは OFG&はだし?

 なんでグローブつけないか分からん  パンチ食らいたくなかったからか?

 はっきり言って つまんなかったです。  見るべきところわたしにはなし
 判定も不満だが もうどうでも良い  

メイン
×船木 誠勝(パンクラス) TKO 1R11:46 ヒクソン・グレイシー○(ヒクソン・グレイシー柔術)

尺八の音色で入場 着流しに日本刀もって入場の船木
顔は 憑き物が取れちゃった感じ 神々しかった・・・

試合は・・・・・・

ヒクソン強すぎました。
実力差がありすぎました。
心配していた事が的中してしまいました。

船木は レスリング技術がほぼ身についていませんでした。
正直言って 情けなかったです。

コーチ役の高橋は 選手としての船木の実力を分かっていたのでしょう。
ローマは1日にして成らず

半年くらい一生懸命練習したって 身につくもんではありませんでしたね・・・・・
嗚呼 レスリングの奥の深さよ・・・・・

ガキの頃から 柔術背負ってやってるヒクソンとの差はあまりにも 大きかった

テレビ的には 最後のヒクソンのチョークで 両目をひんむいて失神する船木の姿は
相当インパクトがあったと思います。

一人のレスラーの死に様を しかと見せていただきました ご苦労様 船木

そしてパンクラスをありがとう(涙)

私も無念さを 紛らわすため 朝まで飲んでしまいました・・・・

メモ8さん mimosaお嬢 スパンキーさん 木村プロ 格闘ライターP鈴木さん
そしてにわかっち ご苦労様でした

ゆうたろさん tadさんも ご苦労様




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ