4.23GAEAだよ〜ん
■団体:GAEAJapan
■日時:2000年4月23日
■会場:後楽園ホール
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

世間はK1という中、私はGAEA。今日も楽しませてもらいました。

まず、恒例のグッズ売り場には、すでに人垣が出来ていた。それもそのはず、飛鳥と園子が並んで、DOA Tシャッを売っているではありませんか。しかも、飛鳥が「園子の治療代にあてるから買って」だって。そう言われれば買わなければ申し訳無いと思うが、あまりの人で売り場へ行くのに一苦労であった。飛鳥にお金を渡して、飛鳥からおつりをもらって、園子に袋に入れてもらい、二人に握手をしてもらうという、なんか凄い得をした気分だ。
場内は相変わらず超満員だった。今日の試合前のセレモニーは福田選手への黙祷だった。

1.○RIE×竹内
RIEはGAEAでは人気無いね。実際GAEAの雰囲気に似合わないというか、なんか田舎臭いんだな。まあGAEAでは3癖位あるヒールが一杯いるから、ああいうただのヒールではね。くどあとでもやっていた方がいいな。RIEは有刺鉄線バットを持って入場だが、竹内相手にそんなの使うなという感じだな。試合は予想通り、さしたる盛り上がりも無く終わり。

2.飛鳥、○KAORU(体固め8:42)北斗、×シュガー
細かい試合展開は忘れてしまったが、北斗は試合中に首か足を負傷したようで、セコンドについていた尾崎とRIEが参戦してきた。一方DOA側のセコンドは負傷している加藤だけで、北斗が動けなくなったとはいえ、数的には卑弥呼有利だが、飛鳥とKAORUのコンビネーションが格段に良くなっている。二人とも運動神経が抜群であるからアウンの呼吸は何ともぴったりと来る。しかし、この人たちは凶器の使い方がうまい。スピーディーな展開の中で、なにげなく出てくるのであまり違和感が無いし、そのうえでKAORUは要所でムーンサルトなんかを使うから絵になる。最後はKAORUの表拳から。GAEAらしい、スピーディーないい試合だった。

3.長与、○植松(片エビ固め6:10)デビル、×永島
試合時間は6分なのだが、20分の位見せられたような気がする中身の濃い試合だった。前の試合でもかなり盛り上がったが、この試合は半端ではなかった。両軍ともセコンドには全選手が集まり(北斗も途中から出て来た)、試合前から総力戦の様相を呈したが、案の定、試合は大仁田ルールみたくなり、ほとんどの時間、長与はデビルと植松は永島と戦っていたが、当然場外ではセコンド同士が戦っており、ほとんど何処を見ればいいのか分からなくなる状況であった。長与がデビルをホールに行った時カットに入ろうとする卑弥呼の全セコンドとそれを阻止しようとする本隊のセコンドがリングに全員あがってきて、リング上に10人くらいの人の山が出来たのには笑わせてもらった。
しかし、試合には負けたがデビルの存在感はたいしたもんだ。デビルは長与狙いらしいが、大人の挑発の仕方というか、長与も最近はもうひとつ輪の外にいたような感じだったが、これでまた新しい抗争が出てきた。それにしても、一部では全女の姨捨山という噂もあるが、良くこれだけ濃いのを集めて来るな。
試合はバトルロイヤル状態の中、正規軍が不利と見るや、飛鳥まで助っ人に入ってきて、最後は植松が執念のキャプチュードでピン。それにしても、植松にしろ永島にしろ、GAEAの若手達はこういう濃いおばさん達の中で、おいしい所は持っていっちゃう所がしたたかというか、大したものだ。
だけど、いっその事、今度は本当に大仁田ルールでやればいいのに。ただ、破茶目茶だけど、大仁田の試合よりも100倍面白かったけどね。しかし、この試合を裁くトミー蘭は名人芸だね。

4.○尾崎(片エビ固め7:46)×広田
尾崎入場後に先に撮ってある、広田のビデオが場内に映しだされうる。You are not eye.(お前なんて目じゃない、という意味らしい)らしい。広田の今日のネタはアジャ。これは今迄の中でもかなりいい出来ではないか。しかも腰には尾崎が執拗に挑戦を要求している、AAAWシングルのベルトが(ただ、紙で作ってあってかなりちゃちい)。
広田「尾崎、このベルトが欲しいか」
尾崎「そんなのいらねえよ」
広田「そういう事は私を倒してから言いな」
という事で、急遽タイトルマッチに。試合はどうってこと無いが、勝った尾崎にトミーさんが無理矢理ベルトを巻いて、尾崎は恥ずかしそうに記念撮影を。今日の尾崎はいつもの毒気を抜かれてしまったようだ。尾崎は一汗かいて本部席で次の試合を観戦。

5.○アジャ、KAORU(体固め12:56)山田、×里村
入場時に気付いたのだが、KAORUのニュー・コステュームには光ものがついているのだが、KAORUは体にも銀ラメを着けているようだ。しかし、あれだと試合中にオッパイが見えちゃうのではないかと少し心配。
試合はアジャの里村へのしごきの裏拳であっけなく終わり。試合後に次の挑戦者に里村を指名。尾崎とKAORUもシングルをやり、その勝者が次の挑戦者に決まる。アジャー里村ラインだ出来るのか。それにしても、今日の尾崎は少し気の毒だな。本当は尾崎だろう。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ