2・26:RINGS武道館KOK決勝
■団体:RINGS
■日時:2000年2月26日
■会場:日本武道館
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

今回の決勝戦は試合開始が広告では午後3時からとあったので、仕事の兼ね合いから
あきらめていた。しかしWOWOWのKOKのPR番組で放送開始が午後4時からと
あったので駆け込みで観戦する事とした。入場式他の時間を逆算しながら走り続け、
なんとか入場式途中で会場入りする事ができた。
薄暗いビジョンという日本武道館サイズでは意味がないようにも思える設備のせいも
あるが、95%以上は埋まっている事で気分が高揚してくる。
試合前に前田が"簡潔な"開会宣言。ハンも挨拶するが、ロVア語で言っているので
本当に日本語で正確に紹介されたのかは疑問だ。

試合はミーシャ対ババルから。
その前に昨日のイベント内で今回の予想を書かされたので、それを書いておこう。
ミーシャ対ババルはVT経験の差からババル。ノゲイラ対コピィロフは同じ理由で
ノゲイラ。アイブル対ヘンダーソンは身体能力からアイブル。
そして田村対ヘンゾは願望は勿論田村だが、賞金への執着心からヘンゾ。
準決勝はノゲイラ対アイブルはVT経験の差からノゲイラ。ババル対ヘンゾは体格差
からババル。決勝は準決勝でのダメージの差から察してババル。

さてミーシャ対ババルだが、1R途中でコーナーでもつれたのにキレたのか、ババルが
場外に落としてしまいマイナス3。それでも2R終了時の判定ではドローというところ
から2人の差の大きさが伺える。たいしてウマくないババルのローに全く対応できない
ミーシャにはちょっとガッカリした。
延長戦に入り、最後はアームロックを切り返しての十字でババルの勝ち。
第2試合はヘンダーソン対アイブル。膠着状態→即ブレイク(かなり曖昧な判断基準)
のルールがアイブルを助けるかと思ったが、思った以上にヘンダーソンが立ち技に
付き合ったにも関わらず、それでもヘンダーソン優勢の展開となった。
途中何度も取られた!と思わせたが、その度軟体動物のような動きで逃げるアイブル。
その度爆発的な盛り上がりを見せるが、途中タックル取られたのを後頭部へのヒジ攻撃
でマイナス3。その後2度に渡り同じ攻撃を繰り出すがお咎めナシ。問題ですよ!
最後は判定で当然のごとくヘンダーソンの勝ち。
第3試合はコピィロフ対ノゲイラ。1R目はまぁ互角の展開で途中何度も沸かせて
くれたが、コピィロフが攻め込まれる中、何故か時間表示がラウンドの終了を示して
いたのにゴングは鳴らず、試合続行となっていた。
その事とは関係ないだろうが2R目はコピィロフ全くやる気なく、失笑の後コピィロフ
の判定負け。この辺記憶が定かではない。
そしてこの日のメインイベント。
「早く見たい田村対ヘンゾ。別に見たくない船木対ヒクソン」とは昨日の山口日昇。
田村は入場曲にUWFのテーマを使用し会場を大爆発させる。自分自身涙ぐんで
しまっている。ここ一番での守り神である小太刀は持っていないようだ。
試合はヘンゾのスタイルもあるが、真ん中に立つ田村の回りをヘンゾが回る展開。
高田対ヒクソンを思いだし少し安心する。いきなりフロントヘッドロックに取られて
ヒヤッとするが、その他は田村が終始試合をコントロールする。
とにかく田村はヘンゾに判定で勝つためには何をすべきかを考え抜いて試合に臨んだ
ように思う。膠着ブレイクを取られないよう自分が有利なポジションを取った時は
ヘナチョコパンチを打ち続け、特にそこから何かするでもないけれど、2度、3度と
バックを取って見せ、最後は腹固めまで繰り出して見せた。
勿論判定は3ー0。鳴り響くUWFのテーマと田村コール。勝ったからこそできる
最高の演出だ。もうこの時点で残りの試合は別にどうでも良くなった。
休憩時間を利用して速報のメールを送り、興奮しながら携帯で2、3連絡。最高だ。
勝てなかった時のアレクとの比較や、多分2度とこのルールではグレイシー姓の人は
上がらないだろう事から、田村のプレッシャーも相当のものだったと思う。
自分の土俵で戦う以上、負けたら何を言われても言い訳のしようがないだろうし。
その中で見事勝利を奪った田村の勝負強さと強運には感服する。

休憩後はホフマン対ザザ。あっけなくパンチでホフマンのKO勝ち。ザザは何があった
のか判らないかのような顔で退場していった。
次にノゲイラ対ヘンダーソン。率直に言って技術的な事は良く判らないので迂闊な事は
言えないが、終始リードしていたかに見えたノゲイラが判定負け。田村にくみしやすい
相手を残したのかとも邪推したが、続く試合はホームタウンデシジョンならドローでも
OKとも思えたのに田村の判定負け。正直不可解だ。
ノゲイラ陣営も少し起こったブーイングをあおろうとしたし、なかなか引き下がらない
そぶりも見せたほどだ。
田村の試合は役目を十分果たした事やババルとの体格差から敗北に対しても観衆は皆
温かかった。
コーラー対ヘイズマンを挟んで決勝。コーラーがアイアインマンで入場しなかったのは
残念!試合はアームロックでヘイズマンの勝利。

しつこいようだがヘンダーソンの紹介前のVは、ヘンダーソンがノゲイラの攻勢から
逃れるシーンばかりで複雑な気分。試合はバテバテの2人がヘロヘロになりながらも
判定でヘンダーソンの勝利。
膠着ブレークの時はお互い「オレは勝たせてもらえないのかな?」と思った事だろう。

総括としては見る方としては膠着ブレークはありがたい。が、曖昧な判断に感じる事
も多くフラストレーションも感じた。やってる方も今回は巨額の賞金の前にOKした
のだろうが、普通(の金額)の試合ではYESとは言わないように思う。
そこはうまく前田CEOが調節し、この勢いをキープして突き進んで欲しい。
おそらく今回のベスト8の何人かはプライドに年内に流れる事だろうが、そこでまた
トラブルとならないよう気を付けていただきたい。

完全に選手の姿が見えなくなるまで会場に残ったのは久しぶりだ。
それはそうと本来プロレスはどんな手を使ってでもお客さんを幸せな気分にするものの
はずなのに、最近そんな気分になったのは今回の田村の勝利と桜庭の勝利だけだ。
奇しくも2つともグレーシーへのリベンジ戦だが、プロレスももっと頑張って欲しい。



▽決勝(5分2ラウンド)
レナート・ババル×(ブラジル)
<判定 0−1> ○ダン・ヘンダーソン(アメリカ)

▽スペシャルマッチ(5分2ラウンド)
クリストファー・ヘイズマン○(リングス・オーストラリア)
<1R1分11秒 リバース腕固め>
×ブラッド・コーラー(米国)

▽準決勝(5分2ラウンド) 
田村 潔司×(リングス・ジャパン)
<判定 0−1>
○レナート・ババル(ブラジル)

▽準決勝(5分2ラウンド) 
アントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ×(ブラジル)
<延長 判定>
○ダン・ヘンダーソン(アメリカ)

▽スペシャルマッチ(5分2ラウンド) 
グロム・ザザ×(リングス・グルジア)
<1R34秒 KO>
○ボビー・ホフマン(アメリカ)

▽トーナメント準々決勝(5分2ラウンド)
田村 潔司○(リングス・ジャパン)
<判定 3−0>
×ヘンゾ・グレイシー(ブラジル)

▽トーナメント準々決勝(5分2ラウンド)
アンドレイ・コピィロフ×(リングス・ロシア)
<判定 0−1>
○ アントニオ・ロドリゴ・ノゲイラ(ブラジル)

▽トーナメント準々決勝(5分2ラウンド)
ギルバート・アイブル×(リングス・オランダ)
<判定 0−3>
○ダン・ヘンダーソン(アメリカ)

▽トーナメント準々決勝(5分2ラウンド)
イリューヒン・ミーシャ×(リングス・ロシア)
<延長40秒 腕ひしぎ逆十字固め>
○レナート・ババル(ブラジル)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ