1月5日:FMW後楽園ホール
■団体:FMW
■日時:2000年1月5日
■会場:後楽園ホール
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

今回は1試合目途中からの入場のためカード他全く分からずに臨んだ。
非道改めウィリー高山がヘボイ外人と格闘技戦らしきもので戦い、苦笑の中勝利。
第2試合の前小鹿と山川が乱入。田尻登場のバーターだが呼び出された金村が小鹿は
ボロクソに言っても山川(及び大日本流デスマッチ)を立てていたので、多分事前に
こっそり山川から一言入れてるものと思われる。金村の
「大日本のデスマッチは進化してても小鹿社長は退化してます。」
で幕。
第2試合は中山対京子・・・のはずが「明日の開幕戦の肩ならしに来た」元気登場。
ところで閉幕戦じゃないの?あっと言う間に終了。
第3試合はモテモテ男(とポスターに書いてある)市原対金村。市原は新マネージャー
草凪純を、金村はハシゴ持参で登場。金村は入場曲が止まった後、「STOP THE MUSIC!」
とナイスボケ。新年という事でハードコアマッチを草凪純に要望しあっさり受諾。
市原への「いつもそれぐらい頑張れよ!」との声の中金村勝利。てっきり勝ちを譲って
市原を大日本に行かせるのかと思った。面白かったのは場外でイスを積み重ねる際、
お客さんが率先してイスを提供しているのが金村の現在のキャラクターを象徴している
ようだった。でも草凪純はただ試合を見てるだけなのでちょっと辛いっスね。
第4試合は保坂復帰試合。特筆する事ナシ。
休憩の後はECW対FMWの8人タッグ。リッキーは若菜瀬奈を、大矢は演歌歌手を
連れて来た。これからリッキーと市原の抗争が始まるのかと思うと気が遠くなる。
ECWの4人の内の1人が冬木なのは予想通り。しばらくは中との合体までがメイン
ストーリーになるのだろう。そしてもう1人が井上京子。あとはECWの外人だが流石
に名前は知りません。京子は普通に試合をしていたが流石に体力差は明らかで、冬木の
サポートにも2テンポくらい反応が遅れていた。途中マホニー(だと思う)がフォーク
でH(会場には完全に浸透していた)の額を切り刻んでいたが、冬木は常々
「流血戦は子どもの足を会場から遠ざけるだけで長期的展望には則っていない」
と公言していたので意外だった。あと雁之介が1歩も2歩も引いていたので色々ある
のかなと思った。またECW勢がファンからペットボトルを借りて叩きつけたりして
いたが、こういった明るい部分を絡めて定着すれば面白いと思う。試合は京子と冬木の
ラリアート連弾を受けて大矢の負け。京子は手ごたえを感じていたようだが、連戦では
体力的にかなりきつそう。怪我しない事を祈ります。
冬木は「これからの事は明日の新聞を読め!」と絶叫していたがプライドの超ド級の
カード発表の前には囲み記事を確保するのが精一杯であった。
メインは田中対黒田。当然この試合の後田中と冬木の合体へのスタートが切られるのか
と思ったが、残念ながらそれはナシ。というか会場はネタのウラ読みしてる人皆無で
みんなその場その場の展開を素直に楽しんでる。もうマニアは対象にしてないっスね。
試合そのものは新日ジュニアと全日四天王プロレスのエエトコ取りを究極の目標とした
ような試合展開でゲップが3回くらい出たトコロで黒田勝利。余程嬉しかったのか何度
も何度も何度も「あともう一言・・・最高!」と叫んでいた。試合も良かったですよ。

昨年の同日興行では全女と同じくらいの客入りであったが、この日はまさに立錐の余地
なく満員。冬木政策はかなり功を奏しているようだ。


第1試合
○ウイリー高山 対 ×タレック・パスカ (2R 0:21 腕ひしぎ逆十字→ギブアップ)

第2試合
○元気美佐恵 対 ×中山香里 (3:10 Gドライバー→体固め)
3者合意の上カード変更(井上→元気)

第3試合
中川浩二 ○邪道 外道 対 保坂秀樹 佐々木嘉則 ×山崎直彦
(13:00 ラリアート→片エビ固め)

第4試合
○金村キンタロー 対 ×Fキッド市原 (5:52 場外パワーボム→体固め)
ハードコアルールに変更

第5試合
○冬木弘道 井上京子 ボールズ・マホーニー ビットブル1号 対
H(エイチ) ミスター雁之助 大矢剛功 ×リッキー・フジ
(14:36 ラリアート→片エビ固め)

メインイベント
WEW選手権試合(1/60)
○黒田哲広(挑戦者)対 ×田中将斗(王者)
(22:43 ラリアート→片エビ固め)
第3代王者誕生




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ