1月3日:全女後楽園ホール大会
■団体:全日本女子
■日時:2000年1月3日
■会場:後楽園ホール
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

今年も全女で幕を開ける1年となった。今年は昨年と違い団体対抗戦もなくゲストも
ASARIのみ。だが入りの方は昨年と変わらずで増えてもいないし減ってもいない。
ただしファン層の入れ替えは着実に進んでいるようで、10代の女の子の数が明らかに
増えている。どうもこれは「アテナ効果」によるもので中西・脇沢たち目当てらしい。

さて試合の方だが今回は貴子や中西までもが怪我のため欠場となり、ミゼット含み
全5試合となった。第一試合は割愛するとして、第二試合が堀田対高橋。
つくづくこの日が堀田対豊田でなくて良かった!と思う。
第三試合は多分急遽参加のラスカチョ対藤井・納見。ラスカチョはケタ違いな格下相手
に延ばせるだけ試合を延ばし勝利。何故か若手レフェリーが大人気だった。
試合数の少なさにもよると思うが、拒否してスクワッシュマッチをしても構わない立場
なのにそれをしないトコロが切れ目なく仕事の場が見つかっている原因だと思う。
浜田・AKINO相手にもジョブするし。
休憩時間中J'dの藪下・坂井もリングに上がり、10日の挑戦者として決まっていた
中西・高橋組が欠場となるため高橋・脇沢へ変更する事の報告。脇沢では役不足という
事でノンタイトル戦でならOKという事で決着。多分3月の藪下対中西のVT戦との
「行って来い」が不成立になるからの配慮と思うが、脇沢がWWWAタッグに挑戦する
日に言う事じゃないでしょ。売店での仕事中に呼ばれた脇沢はコメメめられ、
案の定よく分かっていないまま高橋と腕を組み「頑張ります!」と一言。
当然会場は失笑だがキャラクター的にはOKかも。
第四試合はASARI対ZAP・I。翌日はTとの対戦と容赦ないマッチメーク。
試合は誰もが予想する通りに展開。特筆する事なんもなし。
メインはそのTWFの挑戦者には役不足な脇沢が豊田とタッグリーグ優勝のご褒美
として挑戦。試合は当然前川・渡辺・豊田の3人で回していく展開だが、その波に
うまく脇沢も入りこの日一番の盛り上がり。結果的には王者組の防衛だが脇沢たちの
成長はしっかり確認できた。
試合後渡辺がラスカチョを呼び出し挑発。要は3月の横浜文体で金網戦を、という事
なのだがいかんせん段取りが悪く、下田が自分から発言するカタチで幕。多分観客の
80%は理解できてないと思う。

幕引きはともかく内容は全女らしさに満ちた内容で満足。今なら立ち見席で南側上段
に楽に座れるのでオススメだ!でも友人にいわせるとビッグショーも面白く、なおかつ
小会場ではその上を行く面白さというのが全女らしさなのに、最近それがないのが少し
不安との事。それが普通なんですけど。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ