格闘技スーパースター列伝「不動の心!! 近藤有己」第4回
■題名:格闘技スーパースター列伝
■日時:2004年8月9日
■書き手:グリフォン

「何をしているマリオ、早く近藤をテ イ ク ダ ウ ン しろ!!」

「俺のときと同じだ・・・近藤さん、ま だ 倒 れ な い か」

ムリーロ・ブスタマンチと菊田早苗という、稀代の寝技師が、既にガード・ポジションの近藤(マリオからみればインサイド・ガード)を見て、同
時につぶやいた謎の言葉・・・。
「菊田さん、いったい何が『倒れていない』んですか?もう大ピンチですよ!このまま、パスガードされたらどうしようもない・・・」
石川英司が尋ねたが、無言でモニターに視点を戻す。「まあ、展開を見ていろ」という合図であった。

 「・・・ひょっとして、俺が感じたあの感覚・・・・」
郷野聡覚の言葉は、小さすぎて石川の耳には届かなかった。

しかし、リング上で対峙する男たちには、その言葉の意味は十分すぎるほどお互いが知っていた!!

「このままで自分の重心を・・・コントロール、できている!!」
「ぬっ、このヤングボーイめ、『抑えどころ』がない!!これではポジショニングではない。もっと、深く強く抑え込まねばならん!!」

あの冷静なゼ・マシーンの計算が、このとき刹那の焦燥によって誤差を生じた!!

「ええい面倒な、アキレスを極めてやる!!これでフィニッシュだ!!」
ポジショニングだけではなく、サブミッション・・・極めの強さでも知られたアブダビ王者が、隠されたナイフを抜き出した!!

「キャッチ!」
レフェリーはそう叫んで、ピストルの型を手で作ったが・・・

「極まらん!!浅いっ!!」「あせっちゃ駄目です!!」あわてたのはむしろ、BTTのセコンドであった!!

近藤は、表情を全く変えず、市役所で住民票取得の手続きをするように、淡々と決まりきった手順でマリオの足関節をさばいていった。
それはカール・ゴッチから「エクセレントな弟子だ!」と評された、鈴木みのるのテクニックであった!!

「パンクラスIsmに足関節が通用するかよ!! ・・・他の関節技ならともかくな!」
と北岡が叫ぶ。


「私と藤原嘉明の試合を見ていた読者も
ここにはおられよう。、
藤原が仕掛けたアキレス腱固めに、私が
耐えられたのは巷間いわれているように
ルーズ・ジョイントなどではない。
私の挑発やじらしに、職人藤原も焦り
が生じたがゆえ!!
逆に私も、不用意にキー・ロックを仕掛け
ゴッチさんに返り討ちにあったものだ・・・
強引な関節技への切り替えは自信や驕りより
むしろ不安と恐怖を表わしている!!」
(アントニオ猪木・談)、




「くっ、こわっぱが!! ならばもう一度テイクダウンしてくれよう!!」
不用意に片足タックルを仕掛けたマリオに、あの技が立ちはだかった!

人は、それを「モモセ」と呼ぶ。
すなわちタックルを相手に仕掛けさせ、その状態で打つ、ごく小さなパンチ!
痛め技にも、本来はならないのだが・・・

コツン、コツン。乾いた、小さい音のようであった。少なくとも周囲には、そうとしか聞こえなかった
しかし、打たれている当人、マリオ・スペーヒーには分かった!今、自分の体内で、その衝撃が、波のように満ち干きを繰り返し、反響を繰り返し
ていることを!

な、なんだ、これは、そう、水たまりに石を落としたときの、” 波 紋 ”のような・・・」

そして密着している近藤の、息使いの音とリズムをかすかに聞き取ったマリオは、ある人物の顔を否応なく思い出していた!!!

「この呼吸、この鼓動・・・・・・こ、これは!!  ヒクソン・グレイシー!!??」
(続 く)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ