テレビの中の世界
■団体:Metallica Summer Sanitarium Tour
■日時:2003年8月10日
■会場:San Francisco Candlestick Park
■書き手:デイヴ

メタルは格闘技だ。
という事で行って来ました、Metallica夏の保養ツアー。Metallica、Limp Bizkit、Linkin Park、等々、5バンドが集ってのお祭り。

場所はMetallicaの地元、San FranciscoにあるCandlestick Parkのフットボール場。今日はツアー最終日。全席自由なのでスタジアムのどこで見てもよろしい。アリーナは全て立ち見なので、とりあえずステージ正面のスタンド席に腰をおろす。

客の年齢層は全体的に高め。Metallicaのファンだったらまあ当たり前かな。自分もおっさんだし。アジア人、アジア系はほとんどいなくて、自分の周りには自分と連れ以外に日本人は全く見あたらない。当然のことながら黒人も全くいない。それにしてもアメリカ人の女はどいつもこいつも不細工だ。プロモビデオに出てくるような美人はいったいどこに行った?などと思っているうちに定刻の3時に演奏が始まる。

第一試合 Mudvayne:
今日初めて名前を聞いて、今日初めて演奏を聞くバンドだが、何を演奏しているのか全く分からなかった。予想はしていたが音が悪過ぎ。仕方がないのでスタジアム全体をボーッと眺めながら日光浴。どこからともなく普通のタバコとは違う独特の香が・・。アリーナの前の方では人が弾けている。真中あたりには丸く空いた空間があり、その中で何人かがグルグル回っているように見える。何だろあれ?

第二試合 Deftones:
このバンドもあまりよく知らない。やはり単なる騒音にしか聞こえないので、アリーナに下りてみた。さすがにスタンドよりは音が良く、少なくとも何を演奏しているかは分かる。後の方でおとなしく観賞。ボーカル格好悪すぎ。もう少しやせた方がいい。2人組みの男が「おっぱい見せて」のプラカードを持って歩き回っている。ついて行けばいい事あるかな。休憩時間になり、ビールを買いにアリーナから通路に出た。

第三試合 Linkin Park:
アリーナから出るのにえらく時間がかかり、ちょうどビールを買って戻って来るところで演奏が始まった。今大人気のLinkin Parkだが新譜しか聞いたことがない。最近流行りの歌謡メタルくらいにしか思っていなかったが、なかなかライブはかっこいい。思わず体が上下に動いてビールをこぼした。少し前の方に移動すると肩車されている女がチラホラと。そしてその女がおっぱいをベローン。おー、ビデオなんかでは良く見たが本当にやるんだ。

休憩時間。突如おっぱい大会になる。アリーナで!スタンドで!貴賓席で!おっぱいを出す女が続出!それらしい仕草をするとすぐに“Show your tits!!”コールが巻き起こる。見せれば大歓声。ひよればブーイング。いやー、すっかり目の保養になりました、と言いたいところだがそうでもない。もっと若くて可愛い女の子がやってくれ。

セミ Limp Bizkit
このバンドもアルバム1枚しか聞いたことないけど結構好き。近くで見たかったのでさらに前の方に移動。演奏開始とともにえらい騒ぎになる。物は色々飛んでくるし、前から後から頭の上を人間が送られて来る。周りのデカイ奴らが跳ねるから自分も仕方なく跳ねる。一曲終るごとに客が中指突き立ててブーイング。しまいにゃ、近くでケンカが始まるし、何か叫びながら最前線から戻ってくる人もいれば、流血してる人もいる。この人ごみの中でクサに火をつけるバカがいやがって、副流煙と暑苦しさで気分悪くなった。最前線に行ってみたかったけど、眼鏡が割れると嫌なのでやめました。ま、ハードコアのライヴにでも行けばこの程度は当たり前なんだろうけど、周りがゴリラみたいな奴ばかりだったので、ちと怖かった。この時点で既に8時過ぎ。

休憩時間。ビールを飲む。コンサートというのは、演奏が始まるのを待っている時が実は一番好きなんだけど、1日に5回も待たされるといい加減ダレる。そしておっぱい大会がまた始まる、と言うか既におっぱい合戦になっている。私の方がいいわよ、プルルン!ってな感じ。もう見飽きたんだが、周りの奴らは飽きてないらしい。さっきと同じテンションのまま大騒ぎ。バカだなこいつらは。本当に。

メイン Metallica:
前のバンドで体力のほとんどを消費したので少し後退する。Metallicaは15年くらい前に代々木で見た。でもその後はアルバムもほとんど聞いてない。ギターの音のチェックの時から、おおお〜、Metallicaの音だ〜と盛り上がる。9時。会場の明かりが落ち、墓場のビデオが流れる。おおぉ、これはぁ、あれかぁ!と思っているとBatteryのイントロが始まる。
うおおぉぉ〜!
CDがかかっているだけなんだけど鼻水出る。そして本当のギターのリフが始まる。
うおおおおぉぉぉ〜〜!
今日は首は振らないつもりだったが、ついつい振ってしまう。なんか周りの奴らは跳ねてるんだが、首を振れよ首を。BatteryからMaster of Puppetsと続き、前半は懐メロ大会。そばで大男が数人ぐるぐる回り始めた。これか、上から見えたのは。上半身裸の男達が互いにぶつかり合いながら嬉々として回り続ける。何が楽しいのか分からんが、生き生きとしてぶつかり合い、回り続ける。曲が終ると回転も止まり、次の曲が始まるとまた回転が始まる。まるで1R、3分のリズムでぶつかり稽古を続けるかのごとく回り続ける。ぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・。前半で首を振り過ぎて体力を全て使い果たしてしまい、後半はただなんとなく聞いていた。新譜の曲も何曲かやったようだが、あまりパッとしなかったな。

結局Metallicaが1番かっこよかった。15年前と変わらぬパワー。曲も古さを感じさせない。他のバンドに比べて音も圧倒的に良かった。おっさんスゲーよ。若いモン負けてたよ。

今日1日で3年分くらいのおっぱいを見てしまったが、如何せんあれじゃズリネタにもならん、思った程良いもんじゃなかったな、そもそも俺は貧乳派なんだ、などと考えながら8時間に及ぶ非日常の世界からいつもの生活に戻るのでした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ