2002.4.7 GAEAJapan 横浜大会見所
■投稿日時:2002年3月23日
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

昨年負傷者続出で寝ていたGAEA。ここに来てやっと体勢を取り戻したようだ。ほぼフルスロットル状態で向かえる横浜文化体育大会<GAEA JAPAN旗揚げ7周年&北斗晶引退記念大会 横浜LIMIT BREAK>の見所なんぞを。

GAEAは昨年ヘコンでいた時期に川崎体育館で2度興行を行ない、それなりに満足感のある興行だった。その前の年のクラッシュが復活した有明コロシアムやその後の9月の横浜文体よりも、不思議なことに密度が濃くなっていた。川崎前の大阪のなみはやドームが思いっきりコケたというのもあるかもしれないが、だんだんとオオバコの興行のやり方を意識的に変えていっていると思われる。演出がどんどん洗練されているというのもあることに加え、オオバコ仕様のやり方というのも模索しているようである。それと、もう一つ如何せん若手はオオバコではファイトが硬かったのだが、やっと慣れてきという感じがする。

コンセプト的にもGAEAらしいのは、12月の川崎では全7試合で、休憩を第5試合後に入れていたことである。これは前半の5試合は女子プロレス・オールスターみたいな雰囲気でゲストを十分に使いお祭り騒ぎのような感じで盛り上げ、休憩後のセミ、メインの2試合はGAEAの純粋な世界という形で仕切り、絶妙な効果を生んだ。

そういう意味で、今回は何があるのか楽しみである。深読みできるところがプロレスの楽しみである。

1.-デビル雅美復帰戦- タッグマッチ30分1本勝負
デビル雅美 植松寿絵 vs 山田敏代 カルロス天野

4.29の永島戦で戦線離脱を余儀なくされ、いっそのことなら完全にオーバーホールをしようと手術迄踏み切ったデビルさんの復帰戦。このキャリアで実に1年振りの復帰戦である。それが第一試合とは。

パートナーは現在迷走中の植松。この二人に全く接点を感じられないながらも、3.17 の後楽園ホールではデビルさんは植松の試合のセコンドに付き、アシストまでしていた。これを見た時点でデビル・植松組は単に一時的に余り者同志組まされたというより、もしかしたらチームで行くのではないかという気がしたが、それは期待したい気がする。

もう一つは、デビルさんは、久し振りにスーパーヒールになって、植松もペイントをするのか? やるなら、その位やった方が面白い。だけど、逆に考えると広田の2試合目は準備に時間がかかるということか。そう考えるとやはり無いのかも。

2.広田さくら vs ポリスウ〜メン(大阪プロレス)

ポリスウ〜メンの所属は"大阪プロレス"なのか。そういえば、NEOの公式ガチ掲示板にファンからのカキコで"NEOにポリスウ〜メンを参戦して下さい"という要望があったのに対し、NEO側からは、"契約関係があるので難しいかもしれない"みたいな返答があったのだが。

これはただ、見るしかない。広田のコスプレが何であろうかだけど。私は前回妙に噛み合ったえべっさんと予想。ただ、二段階逆スライド方式で来るんだろうな。

3.ライオネス飛鳥 桜井亜矢 vs 下田美馬 三田英津子

恐らく桜井のタッグ戦は初めてだと思う。しかし、相手がラスカチョというのは、かなり重い。前田美幸がデビュー戦でアジャと組んでラスカチョと対戦したのを思い出すが・・・
まあ、飛鳥も今やGAEAではこの程度の役割が十分という感じがするな。いかに飛鳥が桜井をリード出来るかだけど。なんか重いな。

4.アジャ・コング vs  ダイナマイト・関西

これは難しいな。何が難しいと言えば、アジャがクラッシュに挑戦する時のパートナーに選んだのが関西で、アジャにとって関西は戦友であり盟友なのだから、イマイチピンとこない。なんかお互い新たなアングルを作る努力をした方がいいな。関西はなんかJWPしているな。

5.セミファイナル -シュガー佐藤復帰戦-AAAWタッグ選手権試合60分1本勝負
シュガー佐藤 永島千佳世 vs 尾崎魔弓 KAORU

今回の横浜のカードを改めて見て思うのは、もしかしたらプロレス的にまともな試合はこのカードしか無いんじゃないかな、ということだ。

まあ、これはこの日のベストバウト、というか唯一マトモな試合になると願うしかない。だけど、尾崎とKAORUはオオバコだと妙に頑張るだよね。

私の希望としては、デビル・植松組がこの試合の勝者に対戦要求をするということだけど。そうじゃないと、GAEAじゃないよね。

6.メインイベント -北斗晶ファイナル-ドリームタッグマッチ60分1本勝負
北斗晶 里村明衣子 vs 長与千種 浜田文子

まあ正直言って試合内容自体はそんなに期待出来無いでしょう。だけど、ヨレヨレの北斗を里村がどうフォローするかが興味あるな。

それと、GAEAでは引退セレモニーというのはやったことが無いと思うが、どうやるのか。そして最後の最後迄北斗がどういう憎まれ口を叩くか。

やっぱ自分の目で見るしかないな。どう見ても面白そう。





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ