2/28修斗下北大会見所
■投稿日時:2002年2月28日
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

【第1試合】女子 フェザー級 5分2R
星野育蒔(日本/米里倶人満)versus 尾上佳子(日本/禅道会)

マァ☆ティンこと星野選手がいきなり登場です。昨年から盛り上がってきた女子総合格闘技の
象徴的存在ですね。クワッって見開いたいい目をしてますよね。かわいくてキャラもいいです。
僕は動いているのを見たことないですけど、アグレッシブで凄い評判いいですね。楽しみです。

対する、尾上選手は禅道会の長身選手だそうで。プロフィール見ると13cm身長差があるのかな?
ゴン格によると、打撃が好きだそうですね。さすが禅道会。でも過去の試合は腕十字で2回極めてるとか。
知名度はないけど、かなりいい選手かもしれないですね。

実は女子総合格闘技を見るの初めてです。コミッションのHPでも以前随分議論がされていましたね。
男女の体の差によって、どのような問題が出るのか?とか。ここらへんはさっぱり分かりません。
レベルの低い話ですけど、僕個人的には、女性がかなり危険な戦いで、体もボロボロにやられ、
心も折られるような試合は見たくないですね。まあ男性の場合でもある程度これは言えますけど。
凄惨な試合にならない程度に、スポーツとして女子修斗が発展していけばいいですね。
とにかく見てから感想を言います。


【第2試合】ウェルター級5分2R
小谷ヒロキ(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY)versus 内村世己(日本/パレストラTOKYO)

パレストラの内村選手がデビューです。最近の戦いぶりはよく知りません(^-^;)。
髪型(モヒカン気味)といい、職業遍歴(某店舗店長?某会社社長?)といい、そのファッション
(革ジャン着て大型バイクに乗る)といいかなりのキャラを持った選手です。
柔術時代の印象ですが、パワーがあって気持ちの強い選手のはずです。きっと・・・(^-^;)。

小谷選手はご存じの通りバランスはいいけど、戦績はいまいち。ここらへんで化けてほしいです。


【第3試合】02年度新人王トーナメント ライト級1回戦 5分2R
村山英慈(日本/シューティングジム八景)versus 小松寛司(日本/格闘サークルコブラ会)

村山選手久々です。デビュー戦では冷静な下からの仕掛けが素晴らしかったです。今回も
柔術チックな動きがみたいです。

小松選手も今回が2戦目。前回の試合(ガイ戦)は見てません。見た目は恐いですね。
評判いい選手なので、期待したいです。


【第4試合】02年度新人王トーナメント ウェルター級1回戦 5分2R
大内 敬(日本/パレストラTOKYO)versus 尾松 賢(日本/格闘サークルコブラ会)

大内選手、力負けが続いたので、最近はパワーアップにも力を入れているとか。
得意の投げから大得意の足関節へとつなげて欲しいです。

オマケンこと尾松選手。デビュー戦は見てませんが、僕的にはアマ時代に見せてくれた長いリーチからの
カウンターパンチが忘れられません。素晴らしい打撃戦を見せてほしいです。


【第5試合】ブラジリアン柔術スペシャル・エキシビションマッチ
中井祐樹 versus 三島☆ド根性ノ助

アベカズ欠場を埋める素晴らしいカード。
中井さんの柔術が日本で見れます!パレでも一応見れるけど(^-^;)。
相手は道着を着せても怪物の三島さん。非常に楽しみですね。
通常体重は三島さんの方がかなり重たいのかな?まあエキシビションマッチなので、
二人とも思い切って動いてもらって見る側は楽しみたいと思います。


【第6試合】ブラジリアン柔術アダルト紫帯チャレンジ・レーヴィ級
冨樫健一郎(パレストラ広島/紫帯)versus 中山 巧(パレストラ東京/青帯)

またまたアベカズ欠場を埋めるために出場のうしシューター。今年も働きます。
急なオファーを断らない男は健在です。まあ減量の必要がないってことが重要なポイントなんですが。
年末ギロチンで辛酸をなめ、首の故障を直しつつ、まずは柔術に積極的に取り組みはじめたうしシューター。
最近は去年ほとんど着なかった道着を着てよく練習しています。
前回の松戸JAMでも見事一本勝ち。今回も柔術的には格上の紫帯富樫選手。がんばって欲しいです。
本人も見事勝利をつかみ取って一気に紫帯Getを狙ってるかもしれません。

対する前述の富樫選手。渋い風貌と、確実な寝技に定評があります。
前回の柔術マッチではあのストライプルの早川選手に善戦(0−8)でした。帯を取ってのスイープ狙いで
何度も早川選手を跳ね上げてましたね。

柔術の実績は間違いなく富樫選手ですが、うしシューターも勝負強いんで有名。勝敗は全く分かりません。

【第7試合】ブラジリアン柔術アダルト紫帯マッチ・レーヴィ級
鶴屋 浩(パレストラ松戸) vs. 桑原幸一(東京イエローマンズ)

これは昨年のコパ1回戦の再戦ですね。僅差で桑原選手が敗れています。

ご存じ鶴屋選手はプロシューターとしても大活躍中ですが、柔術も紫帯としてバンバン試合に
出場しています。コパでもかなりの活躍でしたし、ジャンボリーでも強力すぎるポイントゲッターとして
活躍してました。なんといってもその地力。気合い。勝負強さがなんといっても光ります。
誰もがその勢いに呑まれてしまうような選手ですね。

対する桑原選手も日本柔術(BJJ)を代表するような素晴らしい選手。昨年のコパでも、直前の
アブソリュート(無差別級)の試合でクリスチアーノと戦い、肩を痛めてしまったため、本来の階級で
本領が発揮できなかったという話もあります。とにかく昔からテクニカルな印象があって、個人的に
大好きです。
二人とも、紫帯にふさわしい素晴らしいテクニック、動きを見せてほしいですね。


【第8試合】ウェルター級 5分2R
鈴木洋平(日本/パレストラTOKYO)versus 村浜天晴(日本/WILD PHOENIX)

いつのまにかメインになったこの試合。実は99年8月に対戦してます。もう2年半前??
信じられません。その時は村濱選手がカウンターのパンチでダウンを奪いましたが、
その後鈴木さんも盛り返し、二人ともフラフラになってテイクダウン奪い合い、殴り合いの
試合でした。二人とも随分成長しているでしょうから、参考にならないでしょうね。
鈴木選手には前回見せた、素晴らしいスタンド打撃のテクニックを見せてほしいですね。
特にカウンター。
でも村濱選手はいまいち戦績こそ伸び悩んでますが、そのポテンシャルと爆発的な戦いぶりは
既にクラスA級と前から言われています。
鈴木選手が村濱選手の爆発力に押されずに自分のペースを保って戦えるかがポイントでしょうか。

てなわけで、見所書いてたらそこそこ楽しみになってきました。


あらためてアベカズさん欠場残念です。フェザーのリミットがアベカズさんの体に適正なのかどうかは
もちろん分かりませんが、じっくり適正なリミットを見極めてまたリングに戻ってきて欲しいです。
様々なインタビューを読むと本人は相当フェザーへのこだわりを持っているようなんですが、
ライト級ではライト級なりの戦い方があるでしょうし、フェザー級に落としても本来の動きが
見られないのでしたら、もったいなさすぎますし。
戦いぶりは素晴らしすぎるので、フェザーでもライトでもいいから早くリングでの戦いぶりが見たいです。

あとsimauoさんのとこでも話題になっていた、最近多い直前欠場について。
最近は祟られているかと思うほど、欠場が多いですね。やはり問題ですよね。前回の山崎・川尻戦も
そうですが、目玉カードがなくなるっていうのは・・・。僕みたいな修斗マニアならどんな試合でも
楽しめますが、そうでない人にとってはかなり落胆することでしょう。比較するのはなんですが、
プライドやパンクラスじゃあんまり聞かないですよね。直前のキャンセル。
やはりカードが決まったら、選手の方には怪我をしないように気をつけてほしい。これぐらいしか
僕から言いたいことはないんですが・・・。
simauoさんの掲示板でも様々な意見が出てますね。確かに選手は勝つために頑張っていたのだから、
悪くない。でも怪我をして大会に穴を開けるのは悪いですよね。ファイトマネーが少ないのも根本的な
理由なんでしょうかねぇ。

修斗は最近競技人口が増え続けて素晴らしすぎることです。でも以前に比べ、大会のカード的には魅力的な
カードが少なくなってきてますし、ましてや魅力的なカードがこうやってよくキャンセル・・・。
最近は、修斗をあまり見たことのない友人とかに、「今度の大会はおもしろそうだから見に行かない?」って
誘いづらい状況になっているのは確かだと思います。





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ