「流血の魔術」読後感想文
■投稿日時:2001年12月17日
■書き手:ナカハラ

○もう20年以上前。札幌の中島体育館で友人と大暴れしました。
 ご存知「藤原・長州襲撃事件」です。その後の藤原選手のブレーク
 ぶりを考えると、しっかり練られたアングルかと思っていました
 けど、まさかあの程度の発想で行われたとは猪木恐るべし…

こんなふうに、おそらく熱心に会場に通っているプロレスファンに
とっては、いままで断片的に感じていた事を整理するツールとして
この本は有用であると考えます。

問題は、この本によって世間の皆様が「プロレス」に対する”偏見”
を増長させるのでは無いかという危惧なのですが、そもそもプロレス
に興味の無い人はこの本を読むことは無いでしょうし、プロレスに
ガチだなんだと言っている人は、この本が出なくてもそのうち別世界
に行ってしまうでしょうから、正直言ってあんまり影響は無いんで
しょうね。
(私がこの本を買った書店では、プロレス本コーナーにひっそりと
 おいてありました。一般の人の目に触れる機会は少ないかも)

しかし、やたらと藤波社長に対して攻撃的でしたけど、その辺にこの
本の出版意図があるんでしょうか?





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ