観戦記ドットネット開設にあたり
■投稿日時:2000年10月18日
■書き手:ノリリン(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

17世紀のイタリアの或る文学者が『文学の目的は人を驚かすことだ。それが出来ないやつは
ものを書く資格がない。馬小屋で馬と一緒につながれていろ』といったそうだ。
発言の意味内容が自己リンクする見事なアフォリズムだ。その当時日本と同じ意味の”文学”
があったとは思えないから、文学というのは”文章を書くこと”という意味だろう。
”文学”はプロレスと入れ替えられる。

『プロレスの目的は人を驚かすことだ。それが出来ないやつはものはプロレスをする資格が
ない。馬小屋で馬と一緒につながれていろ』
プロレスは全くぴったり来る。プロレスとはまさにそういうものだ。

プロレスは観るものの頭の中で焦点を結んだ後に完結する。観戦記はプロレスの一部である。
観戦記ドットネットはいいところに目を付けたと思う。

『観戦記の目的は人を驚かすことだ。それが出来ないやつはものを書く資格がない。馬小屋
で馬と一緒につながれていろ』





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ