10・7前田トークショー@HMV新宿店
■投稿日時:2000年10月7日
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

前田から一番面白い話を引き出すのが紙プロ・山口日昇であるというのは、衆目の一致
するところだと思う。いつだったかどこかの掲示板で「山口日昇ターボ」と形容されて
いた時は爆笑してしまった。
その山口日昇による猪木インタビューに一時期自然破壊に関するコメントが必ず
あった(「ジャングルを守るんじゃなくて、逆に作っちまえば・・・」)のは猪木
サイドが山口日昇をアエラの記者と勘違いしていたためだそうだ。
もちろん山口日昇の方は面白がってしばらくそのままにしておいたそうだが。

今回は昨年度のKOKビデオの発売記念という事で行われたが、流石にCDシングルと
は単価が10倍違うため、船木の時とは違い購入者と見物人を仕切る事はなかった。
まずは山口日昇が司会進行役として登場。挨拶もそこそこに前田がキャプチュードに
乗って登場。いきなり前田はHMVについて「HIVと間違えた」と暴言。
最近聞く音楽については入院した社員に送った浪花節のCDを、「もう充分に聞いた
ので」と返されたのでそれを聞いている、との事。
流石に宇多田ヒカルは知っていたが、椎名林檎の名前は知らないようだった。
次回のKOKの開幕戦である日は新日ドーム、みちのく、(福岡で)Kー1と興行ラッ
シュだが、別に気にする様子はなく、新日対全日にしても2人しかいない全日本勢に
対し同情するスタンスを見せ、ワザワザ武田信玄に塩を送った上杉謙信の例を挙げた。
どちらにせよプロレスには全く関心がないそうで「アウト・オブ・眼中だね」と言って
いたが、同じ社長業の三沢には「NOVAも大変らしいねぇ・・・。」と団体名も知ら
ないのに同情していた。日本TVとの密約?もチャラとなり、ノーギャラ(本当か?)
で試合をしている選手たちの現状に「社長なんかやるもんじゃない」としみじみ。
「昔はオレも瞬間湯沸かし器だったけど、最近はガス抜きの機能が備わってきた。」
と言っていた。にわかには信じ難いが、それが本当ならもう少し早く備えて欲しかった
なぁ。田村や金原の発言については「言ってる事自体はその通りなんだけど、それなら
オレだって言いたい事はあるよ。でもね・・・」と大人の発言。もっとも同じ話の展開
になった時は田村に対し、「そこまで言うのなら自分のトコばかりじゃなく、道場に
来て若いのの面倒も見てくれと言いたいよ」とひとくさり。
KOKルール自体については「お客さんが見て楽しめる事を最優先に考えたらああ
なった。アメリカでも今のところボクシング協会他からクレームが来ていないし、
上手く行けばカリフォルニア州、NY州でも認可されるかも知れない。」との事。
そこで突然ヘンダーソンとクートゥアが登場。
クートゥアはKOKについて「これだけレベルの高い選手の中でどれだけ戦えるのか、
自分でも楽しみ」と簡単に。でも本当はスゴく自信あるでしょ?
ヘンダーソンは今回は同門のクートゥア出場という事でキャンセルしたが、自身の次回
のリングス登場には「明日は明日の風が吹く」と今にも風とともに去りそうな発言。
トーナメント以外の興行については全く考えていない感じだった。
その後は前田がヘンダーソンに通訳を交えたり直接聞いたりしながら質問攻め。
M「賞金の使い道は?」
H「借金の返済と、今後レスリング生活を送っていくための貯金としました。」
M「愛人とか作ったんじゃないの?」
H「2カ月前に結婚したばかりですから・・・。」
M「おめでとう!でも子供いなかったっけ?」
H「えぇ、まぁ色々あって・・・。」
M「それがアメリカンスタイルかい?(笑)で、賞金はちゃんと申告したの?」
H「(希望通り)現金で受け取り、カバンに入れたまま飛行機でも抱えたまま乗って、
ちゃんと入国局で申告しましたよ。」
M「いやぁ本当、何度持ち逃げしようかと思ったよ。」
山口「こんな質問する前田さんをどう思います?」
H「・・・面白い人ですね。」

この後山口日昇は会場から質問を受け付けるようなフリをして、とっとと打ち切り2人
の退場を促した。
オリンピックの話となり、カレリンについては「オレとの試合でのダメージが・・・」
とこれから何十年とネタにし続けていくであろう話から、見た目覇気がなかった事や、
オリンピック自体が一人の選手(や国)が勝ち続けないようにルールの改正を繰り返す
事などなど。
続いて最近「ヒゲのおっさん」の「KOKルールはオリンピック競技になり得る」、
「KOKルールでVTに強くなれる」との発言については、「そんな事はオレは昔から
言ってる」(せっかく褒めてくれてるんですから)「それじゃ褒めた事について褒めて
つかわす」と(前田にとっては)今更の発言に軽く少し言葉を荒げていた。
「昔から世界にネットワークを広げ、WBA・WBCのような組織を作るって言って
実現してるじゃん」との発言を受け「WCWやWWFではないんですね?」と山口。
「WWFはスゴイよ。マクマホンは天才だよ。今は娘とやり合ってるんだよね?」と
まるっきり熱心なファンみたいだった。「向こうでも見ていたんですか?」と聞かれる
と「チャンネル回すといつもやってるんだよ・・・見てた。」とカムアウト?
KOKについてはどれも面白い組み合わせであるとした上で、今回提携したサンボ連盟
のトップがロシア・オリンピック協会でも重要な位置にいるところから、今度各競技の
選手を集めて独自のルールでの選考会を開いてくれる、との事。ADCCルールに近い
感じかな?。そのまま柔術対サンボの話となり、その流れからヒクソン戦について。ヒ
クソン戦はお金の話ではなく
「チャレンジャーという立場ではなく日本に総合格闘技を根付かせた第一人者としての
扱いでなら戦う」と今まで聞いた事のない意味合いでの発言。
ヒクソン対船木については「高田戦のあとパンクラスの連中はボロクソ言ってたけど
(そうだっけ?)あれじゃ他人の事言えないんじゃないの?とは言いたいね。オレは
リング外の事は言っても選手個人については何も言わないよ(そうだっけ?)」
小川対ヒクソン戦の予想は「ヒクソンも相当苦戦するだろう」とは言ったものの、小川
有利という感じではなかった。最近柔道関係者から「小川の寝技のレベルは大した事
ない」と聞かされたようで「篠原はその点、立っても寝ても強い」ところも含め、現在
プロ・アマ問わず興味のある選手(質問自体はプロレスを含めてプロ対象)篠原と井上
の2人だそうだ。どうにかならんもんかなぁ・・・。
ここで質問タイムとなり前回の紙プロイベントで聞いた話として船木ホモ説について。
これは前田自身初耳だったらしく、リングス・ネットワーク内でのホモは?に移行。
他国の話にはならず「昔有望なヤツが次々辞めていくなぁと不思議に思っていたら、
練習生の1人がホモで後輩に夜イタズラするのが原因だった。勿論クビにした。」
一応船木の名誉のために言っておくと、佐野が船木を気に入った事に笹崎が嫉妬して
いたというだけで、現場見たとかいう話はしてないぞ。否定もしていなかったけど。
続いてヘンダーソンのプライド登場の噂については、先のトラブル以後の紳士協定に
則り森下社長にも電話?確認した上で、「わからないけど、多分ない」との事。
一応独占契約の条項もあるような事は言っていたが、それでもわからないと付けてしま
うところにファンとしては不安を感じるなぁ。
猪木プロデュースのプライドについては「昔猪木さんに新日所属のアマレス上がりの
選手を使って、大きい事をやればと進言した事があったんだけど「やる、やる」と言う
割には一向にやる気配がなかったんだよ。そこで藤田がクサっているから声掛けてみた
んだけど、そうなると急に惜しくなったのか「オレと一生口聞けなくなるぞ」とか言い
出してああなっちゃったんだよ。いらないと思ってた女の子が他の男に取られそうに
なったら途端に態度を変えるヤツと同じだよ。あれじゃアントニオ女々木だ」でオチ。

途中「金があったらムスタングと零戦買いたい」、「ロレックス買ってやったら、日本
刀買えなくなった。いいのがあったんだけど・・・」と単に自分が話したいだけで
振っていたが山口日昇の方はキッパリ流していたのはサスガだったな。





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ