観戦記ドットネットアワード2004 −桜新町長五郎−
MVP 佐々木健介
最優秀プロレスラー 男色ディーノ
最優秀シュートファイター 朝青龍(日本相撲協会)
最優秀女子選手 ジャガー横田
優秀賞1 小橋建太(NOAH)
優秀賞2 藤田和之(猪木事務所)
優秀賞3 小川直也
優秀賞4 高見盛(日本相撲協会)
ベストタッグ(トリオ可) 後藤達俊&ヒロ斎藤(新日本)
ベストマッチ(プロレス部門) 高木三四郎&北斗ア偽ラvs佐々木健介&健心(7/1DDT後楽園ホール)
ベストマッチ(シュート部門) ノゲイラvs横井
ベストマッチ(女子部門) 該当無し
ベスト興行 DDT4・18札幌テイセン
ベスト団体 K−1
新人賞(男子) 中嶋勝彦(OFFICE健介)
新人賞(女子) 該当無し
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー 北斗晶(OFFICE健介)
ベストレフェリー 該当無し
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「おい!俺が佐々木だよ!わかるだろう?」(4・18DDTテイセン。健心と間違えられての一言)
重大ニュース/アングル 朝青龍三連覇&札幌ビデオの祭典開催
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 向井亜紀
KANSENKI.NETベスト観戦記 4/17 チェスボクシング(高倉仮面)
KANSENKI.NETベストコラム 該当無し
ワーストMVP 橋本真也(ZERO-ONE)
ワースト試合 マーク・カーvs山本宣久
ワースト興行 ゼロワン2・29両国
ワースト団体 K-1
ワーストアングル 高田夫妻vs法務省
コメント
「興行」の本質は「祭り」であり「非日常」である。日常では許されないモノが
その日には許されてしまう空気が醸成される事が、本来必須である。

そこでは言い訳は不必要であり、「ものぐるひ」の一言で全てが片付くはずの空間
でなければならない。逆に、登場人物は「ものぐるひ」に徹する必要がある。

但し、ものぐるふ対象が的外れであってもいけないのである。

村松友視の古典で、ブラッシーを例として、「熊殺しと言われるより、親殺し
と言われる方が怖い」という一節(要約)がある。ここに、強さだけでは
得られない「ものぐるひ」の世界がある。

これを全ての判断基準に置くと、計算が透けて見えるモノは評価に値しない。
受け手側の想像を超えないからである。そういう考えから、上半期については
良くも悪くも、こちらの想像を超えたモノを挙げている。

なお、ベスト&ワースト団体として両方にK-1を挙げたのは、TV3局体制を未だ
維持している事への評価であり、判定試合が格段に増えてしまった事への不満の
現れである

 
戻る
TOPへ