観戦記ドットネットアワード2004 −ノリリン−
MVP 小川直也
最優秀プロレスラー 堀江貴文(ライブドア)
最優秀シュートファイター 藤田和之
最優秀女子選手  
優秀賞1
優秀賞2  
優秀賞3  
優秀賞4  
ベストタッグ(トリオ可)
ベストマッチ(プロレス部門) ランディーオートンvsミックフォーリー ハードコアIC選手権 バックラッシュ
ベストマッチ(シュート部門)  
ベストマッチ(女子部門)  
ベスト興行
ベスト団体  
新人賞(男子) セルゲイ・ハリトーノフ(ロシアンTT)
新人賞(女子)  
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー
ベストレフェリー
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 3・2・1・ハッスル・ハッスル(小川直也)
重大ニュース/アングル オリックス近鉄吸収劇を某週刊誌がプロレスとして解説
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め)  
KANSENKI.NETベスト観戦記  
KANSENKI.NETベストコラム  
ワーストMVP ボブサップ&谷川
ワースト試合
ワースト興行  
ワースト団体 ZERO-ONE
ワーストアングル
ワースト報道
コメント
いやあ、今年は忙しいねえ。来年にはなんとか・・・
だから、本当はアワードをどうこうする資格もないんだが、一応

MVPは小川でいいでしょう。ハッスルはポーズのみ流行って、
あまり興行には人が来ない。煽りと橋本脱臼でゼロワンは完全失速。
でもそんなことは抜きにして、プライドの儲けをプロレスではき出すという
久しぶりにプロレスが今までと別の形でMMAを食い物にしている姿に感動
しよう。

最優秀プロレスラーは2004年上半期は文句なし。
堀江貴文

この人はすごいよ。すごい金を持ってるってだけじゃなく、やることが
全て怪しい上に、劇場型。
近鉄なんかじゃなくてプロレス団体を買ってくれ。

一昔前は政治経済から芸能界まで何でもプロレスになぞらえて解説する
のがふつうだったが、久しぶりに近鉄吸収劇で見つけた。

ともかく、約束している興行に怪我でも、離脱でもないのにでないのは
最低。と言うわけでサップと谷川にワーストMVP(もっとも決定したのは
別の人かも知れないが)
そしてそんな状況を導き出してガチの恐ろしさを示した藤田に最優秀 シュートファイター

最高試合はオートンvsフォーリー。レフェリーがマットを叩いて舞う画鋲
は美しい絵になっていた。それを捌いて画鋲を手に刺したレフェリー・キオーダ にベストレフェリー


 
戻る
TOPへ