観戦記ドットネットアワード2004 −( ´∀`)−
MVP 小川直也
最優秀プロレスラー なし
最優秀シュートファイター
最優秀女子選手
優秀賞1 長州力(WJ)
優秀賞2 男色ディーノ
優秀賞3 クリス・ベノワ(WWE)
優秀賞4 ボブ・サップ (次点TAKAみちのく)
ベストタッグ(トリオ可)
ベストマッチ(プロレス部門) 小川vs川田
ベストマッチ(シュート部門)
ベストマッチ(女子部門)  
ベスト興行 DDT、100万円争奪トーナメント
ベスト団体 NOAH
新人賞(男子) ユージーン 次点ニコライ・ゴッチャンスキー
新人賞(女子)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー
ベストレフェリー 高木三四郎(DDT)
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 永田さんの「みんあ(新日を)離れていくぅ〜」にしたいけど、普通はハッスル、ハッスル
重大ニュース/アングル ハッスル浸透
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め) 小川直也
KANSENKI.NETベスト観戦記 psyzohさんの恵タン、ハアハア観戦記
KANSENKI.NETベストコラム
ワーストMVP 高田延彦
ワースト試合 小川vsガファリ(ハッスル2)
ワースト興行 ハッスル2
ワースト団体 高田道場
ワーストアングル ハッスル2のメインアングル
コメント
( ´∀`)はプロレスオンリーなのでシュート系は無視モナ。
女子は見てない以上、先入観で語っては失礼なので全て
ノーコメント。(ただしプロレスに関しては
プロレスも格闘技も等しくみてる品川さん、メモ8さんより
アンチプロレスの僕の方が絶対に見てる自信はあるモナ!)

MVPはプロレスの試合はともかくハッスル(プロレス)
を広げていった貢献度から小川だろう。ただどうしても
総合格闘技に比べこじんまりとしてた印象が強い為、
プロレスの奮起を促す為に敢えて最優秀プロレスラーは
該当無しにする。(どの団体も頑張ってるのは分かる。)

ただ、小川がブレイクしたのがプロレスじゃなく、総合の
プライド参戦が起爆剤になってる所がプロレス側としては悲しい。

優秀賞では長州はいい意味で開き直りが出てきてる良いと
思う。インディ団体では闘龍門も勿論、良いんだが、
ここ最近伸びてきたのはなんと言ってもDDTだろう。

WWEの規模でやるのは最初から無理、自分らの身の丈で
最大限にお客さんを喜ばす事を実行してるのがDDTと思う。

蛇光から、高木の家庭問題、篠さんのクビになった軍団の参入、
ディーノを中心とした佐々木家を巻き込んだ抗争とこのレベルで
出来る事をしっかりやろう(お客を楽しませようとする姿勢)
は非常に評価されるべき。

ベスト試合は川田vs小川は実際はドローだが
プロレス的には川田の勝ちでしょう。
「お客さんが期待してるからやるぞ!」叫びで会場全てを もっていってる。

ノアも三沢vs小橋をはじめ総合とは対極の
これぞプロレスと言う面を出してきてる面は評価出来るが
全ては今度のドーム大会の結果を見てからと思ってるので
保留。プロレスの逆襲に対するノアの答えを見極めたい。

(プロレスも総合も等しく見るが建前の観戦記ネットの
常連もこの気持ちで全てを見て欲しいね)

ハッスルは話題先行で内容は酷すぎる。
特にハッスル2のメインは無いだろ?
あれは連続ドラマとして確立されているらな
いいが、今のハッスルはまだまだワンマッチ興行の
域を出ていない。それであの展開はまだ早すぎるし
観客のいらだちが募るだけで悪循環。あれ見てまた
見に来ようとは思えなくなるアングルだったと思う。

また、ヒールに徹するはずの高田はどうしても
いい恰好したいってのが目についてヒールとして
今ひとつな面があるので、それもハッスルのマイナス
要因と思うのでワースト。ビンス並にみっともない姿を
晒せる勇気をもつ事によってハッスルの今後に影響すると
思う。今のまま、上の方でぼそぼそ言って自分は傷つかずに
とか中途半端にやってる以上、これ以上抗争は盛り上がらない。

高田がどれだけ保身を捨てられるか?がハッスルの今後に影響 してる。

海外勢ではベノア、ゲレロといった軽量選手が
戴冠と今までにない展開が見えたものの、
ホーガン、ストーンコールド、ロックら
超大物が相次いで離脱のトーンダウンは否めない。

何か起爆剤が必要、今のままじゃマンネリとの批判を
まのがれないと思う(特にトリプルH)。

他も勿論、金村にしても、大日本(バックヤードや
ジャック参戦など)にしても何かやろうとしてる
事は伝わってきてる。今はプロレス冬の時代だけど
暖かく、そして厳しく見守っていきたい


 
戻る
TOPへ