観戦記ドットネットアワード2004 −ひねリン−
MVP
最優秀プロレスラー クリス・ベノワ(WWE)
最優秀シュートファイター ヘナート・ベヒーシモ
最優秀女子選手
優秀賞1 ケビン・ランデルマン
優秀賞2 前田吉朗
優秀賞3 エディ・ゲレロ
優秀賞4 BJペン
ベストタッグ(トリオ可)
ベストマッチ(プロレス部門) ベノワvsHBKvsHHH (レッスルマニア)
ベストマッチ(シュート部門) クイントン・ジャクソンvsヒカルド・アローナ
ベストマッチ(女子部門)  
ベスト興行 プライドGP二回戦
ベスト団体
新人賞(男子) ユージーン(WWE)
新人賞(女子)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー
ベストレフェリー
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「今のプライドに、『寝技の技術』などというものは存在しない」by ある無名の新人
重大ニュース/アングル
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め)
KANSENKI.NETベスト観戦記
KANSENKI.NETベストコラム  
ワーストMVP
ワースト試合
ワースト興行
ワースト団体
ワーストアングル
コメント
あいかわらず限られた自分のアンテナの中から、ピンと来た部門だけ。下半期は地元インディーとかもっとチェックしたいなあ。

・最優秀プロレスラー クリス・ベノワ
この人のプロレス、質量がケタ違いというか、物理的な存在感がすさまじい。ストーリー/アングルを超越した有無を言わさぬ肉体的説得力が、と
うとう今年、最高のストーリー/アングルにのっかって報われた。

・最優秀シュートファイター ヘナート・ベヒーシモ
我らひょろ系柔術家の神です。

・ベストマッチ(プロレス)レッスルマニアのベノワvsHBKvsHHH
三人の優秀なプロの能力が、抜群の試合構成とストーリー展開にばっちりハマってフル回転した結果、できた大傑作。

・ベストマッチ(シュート)クイントン・ジャクソンvsヒカルド・アローナ
アローナのおそるべき剛術ガードの威力と、それをぶちくだいたフィニッシュ。

・ベスト興行 プライドGP二回戦
興行主というより選手たちの功績。つなぎイベントなのに凄い技/凄い攻防出まくり。

・新人賞(男子) ユージーン(WWE)
「知恵遅れ=無垢」という、大間違いだけど強力なステレオタイプを見事に活用。

・ベストコメント 「今のプライドに、『寝技の技術』などというものは存在しない」by ある無名の新人
そーゆーことを言った奴がいるんですよ。もうすぐ表に出ると思います(ごめん思わせぶりで)。大ボケ勘違い野郎で終わるか、それとも本当に旋
風を巻き起こすのか。ちなみに次点は、LAサイバー格闘技界(のごく一部)を震撼させたエリカ・モントーヤのカミングアウト「あれは同意の上の
出来事ではなかった。」

・ベスト観戦記 メモ8黄金筋肉
こういう指摘は大事ですよね。


 
戻る
TOPへ