観戦記ドットネットアワード2004 −うしをたおせ−
MVP 川尻達也(TEAM TOP)
最優秀プロレスラー
最優秀シュートファイター
最優秀女子選手
優秀賞1 佐藤ルミナ(K'Z FACTORY)
優秀賞2 菊地昭(K'Z FACTORY)
優秀賞3 高谷裕之(格闘結社田中塾)
優秀賞4 タクミ(パレストラ大阪)
ベストタッグ(トリオ可)
ベストマッチ(プロレス部門)
ベストマッチ(シュート部門) 川尻達也vs宇野薫(3.22後楽園ホール)
ベストマッチ(女子部門)
ベスト興行 12.14修斗代々木大会
ベスト団体 K−1MAX(FEG)
新人賞(男子) リオン武(シューティングジム横浜)
新人賞(女子)
ベストブッカー/マッチメーカー/プロデューサー
ベストレフェリー 鈴木利治(ISC)
ベストコメント(マイク、試合後コメント、雑誌インタビュー等から) 「打・投・極なら修斗が一番!」by川尻達也
重大ニュース/アングル 修斗 年末がNKから代々木へ
今年目立った人(選手・スタッフ・解説・芸能人等全て含め)
KANSENKI.NETベスト観戦記 ひねりんさんのKOTCレポート
KANSENKI.NETベストコラム
ワーストMVP 塩澤正人(和術慧舟會)
ワースト試合 漆谷康宏vs生駒純司(7.16修斗後楽園)
ワースト興行
ワースト団体
ワーストアングル 判定のゴタゴタ
コメント
毎年の恒例、「2004年観戦記ネットアワード」です。
今年も修斗を中心に選考したいと思います。

■MVP = 川尻達也
宇野戦、シャオリン戦。その前後の言動。もう文句ないでしょ。最高の王者です。 あとはどう2005年飛躍するか。

■優秀賞1 = 佐藤ルミナ
今年は本当に復活の年。完全なライト級転向を果たし、若干のスタイル変更も果たし、 三角絞め、腕十字、ワンパンチKOと見事な戦績。さあ、生ける伝説の戴冠はもうすぐです。

■優秀賞2 = 菊地昭
中尾戦こそさえなかったけど、他は外人からしっかり腕十字2本。そしてあのシールズから 完勝で、見事な戴冠。いやいやこの階級でこれはお見事。来年もガツガツ試合を。

■優秀賞3 = 高谷裕之
最後の試合こそ相手の術中にはまりつまづいたがそれ以外は凄い。ホーキとまさかの引き分け。 パーリング戦の衝撃のハイキック。あと全日本キックにもガンガン参戦。 次はどのリングで暴れるか。

■優秀賞4 = タクミ
修斗での2試合で2回ともダウンを奪い、1つは勝利。そしてKOTCの舞台で一本勝ちと パウンドでのTKO勝ち。その結果、日本人初の王座奪取。これは誉めていいでしょう。 本当に成長したと思います。

■次点 =朴 光哲
今年はこの人来ますよ。強い。急に恐くなった。

■ベストマッチ = 川尻vs宇野(3月後楽園ホール)
これに尽きるでしょ。試合前の緊張。試合中の緊張。会場の盛り上がり。そしてまさかの結末。 痺れまくりました。これぞ修斗。これぞ等身大で最高の修斗。あの場に居れて良かった。

■ベスト興行 = 12/14代々木大会
年末の最大の大会があんなに素晴らしいとは。序盤からの盛り上がり、好試合。 そして白熱のセミ、そしてそして感動のメイン。借金を全て吐き出すような爆発でした。

■新人賞(男子) = リオン武
もの凄く強さを感じるわけでない。でも巧い、強い、試合がおもしろい。ロングスパッツも 個人的にはたまならい。全ての試合が好試合。やはり今年の新人王はリオンでしょう。

■次点:田澤聡
この選手もおもしろい。そして強い。正に修斗マシン。ルックスは朴訥だがとにかくテクニカル、 そしてアグレッシブ。早くクラスAで見たい。

■ベストレフェリー = 鈴木さん
今年も今年もプロ全試合レフリーお疲れ様です。早めのブレイクGOODです。

■ベストコメント =「打・投・極なら修斗が一番!」by川尻
修斗愛がありすぎます。素晴らしい。

■重大ニュース/アングル = 年末がNKから代々木へ
これぐらい?今年もニュースないなぁー。

■KANSENKI.NETベスト観戦記 = ひねりんさんのKOTCレポート
最高でした。ワクワクしながら読みました。一番楽しんで読んだの僕かも。

■ワーストMVP = 塩澤正人
本人を悪く言う気は全くないが、その修斗引退にどれだけの修斗ファンが落胆したことか。

■ワースト試合 = 漆谷vs生駒
僕的には辛かったねー。菊地vs中尾も相当きつかったけど。

■ワースト興行 = 該当無しかな
■ワーストアングル = 判定のゴタゴタ
しょうがないけどね。それにしても浦さんへの処罰は厳しいねー。 あと宇野君をめぐるゴタゴタもなんだか・・・。かなり宇野君評判落としたし。

■総括

相変わらず修斗はおもしろいです。基本的にどの大会もおもしろいし、レベルが高い。 どんどん強い魅力的な新人も出てくる。それが代々木で実って本当に良かった。
だからこそ観客動員に力を。カード編成に努力を。まあ僕が観にいけなくなっても困るんだけど。
具体的に期待したいのは中原、青木に続く特例選手を。今成、所、大将、飯田他いろいろ いるはず。どんどん修斗のリングへ。

以前も書いたけど、感じたのは修斗系選手の外での活躍。五味、KID、受太郎、隆多 みんな素晴らしすぎる活躍。素直にうれしい。

この勢いを落とすことなく2005年も飛躍して欲しいです。頑張れ修斗。

☆格闘技界全体としてインパクトがあったもの。印象に残ったこと。  

やはりKIDの大活躍。間違いなくいまや全国的知名度の選手に。
まあ見せてるものが凄すぎるから。
そしてK-1MAXの面白さ。本当に面白い。まさか中量級キックがここまで盛り上がるとは。
恐るべし石井館長、谷川さん、そして魔裟斗。

 
戻る
TOPへ